• HOME
  • 記事
  • キャリア
  • 年齢別のゲーム業界転職ハードルと、いつまでも一線で活躍するためのポイント

年齢別のゲーム業界転職ハードルと、いつまでも一線で活躍するためのポイント

ゲームの業界では20代の人たちが働いている傾向が強いので、企業としての平均年齢がほかの業界より低い傾向にあります。

そのため30代になると「もはや転職ができない」という噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

このコラムでは年齢別にゲーム業界の立ち位置を解説していきます。

 

1.ゲーム業界に従事する人の平均年齢は比較的若め

1-1. 特にソーシャルゲーム開発を中心に行っている会社は若い傾向にある

ゲーム業界に従事している人の平均年齢は、一般的な会社より低めなのが実情です。

20代でも大きなプロジェクトに主力として参入することは普通のことですから、早い段階でチャンスをゲットできる業界といえます。

特にソーシャルゲームの業界ではその傾向が顕著になっています。

一方、その分責任も発生しますから、その点は認識しておく必要があります。

 

2.ゲーム業界の適正年齢に限界はなく、俗説はあくまで俗説

2-1. キャリアをある程度積んだ30代は、むしろゲーム会社の主戦力

プログラマーは30歳や35歳で「定年」、「需要が無くなる」といった説もありますが、それは全くのデマといっても良いでしょう。

現実的にゲーム業界では30代の人たちは主力として働いていますし、経験も技能もあるという点で大きな評価を得ている人も大勢います。

 

2-2. 一方で、未経験からのゲーム業界への転職は厳しくなる

ただし、上記はゲーム業界内で20代を過ごした人たちの話です。

未経験で、異業種から30代でゲーム業界に転職するというのが厳しいことは事実です。

例えば異業種でもアニメやマンガの業界などでの大きな実績があれば歓迎されるケースもありますが、それも稀な例でしかありません。

 

3. 年齢別ゲーム業界転職ハードル

3-1. 20代

20代はゲーム業界内で転職する場合、相手企業からも歓迎される存在であることは間違いありません。

同じ業界で数年働いた経歴があれば、行く会社が無いということはまずないでしょう。

ただし大きなキャリアアップにつなげられるかはその人次第です。

自分のキャリアや得意な分野をアピールできるように取り組みましょう。

 

一方異業種から未経験でゲーム業界に入るには20代でも苦戦する可能性が大きいです。

業界自体に人気があるので、単に若いというだけではアピールポイントにならないからです。

それを踏まえれば、デバックやCS、アルバイトといった入りやすいところで一旦ゲーム業界での経験を積むのも一つの方法です。

 

3-2. 30代

30代でも、ゲーム業界内での明確なキャリアがあれば転職は十分可能です。

ただし作業者としてだけなら若さを求められる傾向が強い業界であることは知っておきましょう。

30代なら、求められるのはリーダー経験やマネジメント能力です。

 

なお、異業種からの転職は30代では難しいのが現実です。

ただしマネジメントや営業力などの実績が高ければ不可能ではありません。

この年齢で未経験であれば「ゲームに対する熱意」などは残念ながら価値を持ちませんから、実績をどのようにアピールできるかが勝負です。

他にも、映像系の3DCGデザイナーやweb系の開発エンジニアの経験があれば、多くのチャンスはあります。

 

3-3. 40代以降

40代での転職はゲーム業界内でも厳しい面が強いでしょう。

クリエイターの中でも作業員のレベルでは、受け入れる側にとっても40歳代の人を雇うことにメリットを見出しにくいのが実情です。

マネジメント、統括ができることは前提で、過去に関わってきたゲームの内容、そのプロジェクトをどのように牽引したかなど、実績が明確に語れることが条件になるでしょう。

若い人が多い中であえて管理者を外部から入れたい、という少ないパターンにタイミングが合うか、という勝負になります。

 

40歳代の未経験の方であれば、クリエイターとしてのみの転職は30歳代以上に難しくなります。

勝負できるポイントはマネジメント力に加えて、その会社にどんなプラスをもたらせるかという点です。

異業種であっても人脈や実績を余さずアピールしてチャンスをつかみましょう。

 

4. いつまでもゲーム業界の一線で活躍するには

4-1. 常にアンテナを張り、業界で求められるスキルを身につけ、常に発信する

個人のスキルももちろん重要ですが、それだけで生き残っていくのは厳しいのがゲーム業界の現状です。

新しいものに触れる機会や、それを習得する速度は年々後退し、いつまでも20歳代と勝負するのは難しくなっていきます。

30歳以降の人が業界で求められるのは、発信力や人脈、リアル社会での問題対処能力です。

積極的に勉強会や講習会に参加したり、自分からイベントを企画したりするなど、多方面にアンテナを伸ばす工夫を怠らないようにしましょう。

 

4-2. 体調などの自己管理をしっかりする

プログラマーの30歳または35歳定年説は「俗説」といいましたが、老化による機能減退もその俗説が生まれる理由のひとつではあります。

一方あらゆる業界に、平均年齢を超えて第一線で活躍する人が多数いるのも事実です。

そのような人たちの多くは不摂生を避けるなどの肉体上の管理や、年齢にとらわれない好奇心を保つこと、自分の得意ジャンルと社会から求められるものをしっかりマッチングさせていることなど、自己管理上の工夫を必ず行っています。

いつまでも自分の価値を保ちたいという人は、比較対象を「自分より若い人」ではなく、「自分よりすごい人」に置くなどしてモチベーションを高く持つことをお勧めします。

 

5. まとめ

ゲーム業界での年齢による転職のしやすさについてまとめました。

年齢が高くなるほど厳しい面があるのは現実ではありますが、社会のニーズをしっかりとらえていること、マネジメント能力などを含めた求められるスキルを持っていることなど、注意点を絞ればチャンスは必ずあります。

自分自身のアピールポイントを常に整理し、足りないものがあれば補強することを心がけましょう。

 

また、年齢が上がるほど転職サイトやエージェント選びも重要度を増します。

少ないチャンスを提供してくれる転職支援の方法をしっかりと選びましょう。

関連記事一覧