ゲーム会社に就職したい学生の自己PR文章の書き方


就職活動の1次選考で大切な役割を果たす「履歴書」。

名前や学歴を書いて、後は真っ白・・・という学生の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな就職活動初心者の皆様に向けて、今回は、履歴書に必ず記載する「自己PRの書き方」について触れたいと思います。

 

志望動機の書き方については、下記記事をご参照ください。

・ゲーム業界に就職・転職する際の望ましい志望動機とは?
https://game-creators.jp/column/032/

【1】いきなり完璧な自己PR文章は書けない

履歴書に、名前や学歴、志望動機を書いて、さて自己PR文章を書こう!と意気込んだものの、なかなか上手く書けないという方は多いはずです。

綺麗な自己PR文章を書くには、下準備が必要です。

準備をして、何度もブラッシュアップすることで、自己PR文章は完成に近づきます。

 

【2】自分の持つ武器を探そう

あなたには、これまで勉強してきたことや、身についてきたスキル、頑張ってきた歴史があります。

まずはその自分の歴史を書き出すことで、自分の武器を棚卸ししていきましょう。

最初からきれいな文章で書くことを意識する必要はありません。

まずはどういう武器を持っているのか、箇条書きで書き出していきましょう。

また、ひとりでは棚卸しがうまくできないという方は、友達同士で「何をして来たか・どういったことがあったか」などを質問し合うのがおすすめですよ。

 

2-1:学校で何を勉強してきたか

ゲーム制作について、学校で学んできたことをまとめましょう。

またグループ制作などでの担当箇所については分けて書きだすといいでしょう。

 

例)

①授業内で学んだこと

プランナーでしたら、企画書の書き方、仕様制作、パラメータ調整、データ作成といった座学で学んだこと。

 

②グループ制作などでの担当箇所

プランナーなら、企画作成、仕様書作成、スケジュール調整、クオリティ管理、デバッグなど。

 

2-2:得意なことの具体的なエピソードを書き出す

2-1で棚卸しを行った「学び」の中で、得意なことについてその理由や、具体的なエピソードを書き出しましょう。

 

例)

・得意;企画書制作

・理由:2年制の個人作成で、○○をテーマに作成した企画書が学校内で高い評価を得た。

・エピソード:この企画書で一番にこだわった点は○○。また工夫した点は○○。

 

2-3:何が苦手か

2-1で棚卸しを行った「学び」の中で、苦手なことについてその理由や、具体的なエピソードを書き出しましょう。

※苦手については、自己PR文章で書く必要はありません。

面接で質問されたら答えられるように準備しておきましょう。

 

2-4:学校以外で頑張ったこと

学校外で、頑張ってきたことや、取り組んでいることを書きだしましょう。

 

例)

自主制作や自主学習で取り組んだことや、趣味のゲーム制作やプログラミングなど、学校外で勉強したことなど。

 

①アルバイトで取り組んだこと

どんな仕事をしたのか、仕事で創意工夫をしたところ、頑張ったことなど。

リーダーなどの経験がある方はマネジメント力などもアピールできます。

 

②サークルや部活動で取り組んだこと

どんな活動をしてきたか、どんな成果を残せたか、頑張ったことなど。

部長や副部長などの経験がある方はマネジメント力などもアピールできます。

 

③その他

趣味での活動や、続けている特技などアピールできそうなこと。

 

 

【3】まとめ

自分ではたいしたことはないかも・・・という内容でも、まずは書き出してみましょう。

それを自己PR文章に使うかどうかは、後で判断すればいいです。

まずは、たくさん書き出すことが大切です

 

自分の武器を箇条書きできたら、今度は文章にしていきます。

この時も、最初から上手く書ける必要はありません。

何度も書いて、読み直して気になる点や直した方が良い点を見つけ精査していく事で、徐々に良い文章にしていくことができます。

もし、自分だけでは自信が無い場合は、学校の講師や友達に相談しておかしくないか見てもらうのも良いでしょう。

 

就職活動は準備が大変です。

ですが、きちんと準備すれば恐れることはありません。

面接では自信をもって自分の武器を企業へ伝えましょう。

 

 

関連記事一覧