【最終増枠!100名→200名】UnityエンジニアによるShader勉強会!- KLab TECH Meetup #4 –

日程: 2019/06/19(水) 19:30〜21:30

会場: TECH PLAY SHIBUYA  東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F

参加枠 申込種別 参加費 定員
一般
抽選制 無料 312人 / 定員200人

※ 抽選結果は、2019/06/12 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

複数ゲームタイトルを運営しているKLabのゲーム開発技術勉強会です。

第4回目となる今回のテーマは「Shader」!UnityやWebGLでShaderを利用したらどんなことができるのか?
KLabのエンジニアが業務、趣味問わず挑戦してみたことを発表します。

講演終了後は軽食とドリンクを準備しております。KLab社員も多数参加しますので、登壇内容への突っ込みや、話をしていないことでもなんでもみなさんとお話ができればと思っています。ゲーム開発や技術的な取り組みについてお話ししましょう。

※人気につき応募締切日を6月7日18:00に変更いたしました。
※抽選日を変更しました。結果は、2019/06/12 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜 受付開始
19:30〜19:35 オープニング
19:35〜20:50

シェーダーライブコーディングのすすめ

吉原 鐘太
ライブコーディングを始めて1か月程たったので遊び方を共有します。

Unity×レイマーチングによる映像制作の実践手法

細田 翔
Tokyo Demo Fest 2018のCombined Demo Compoで優勝したリアルタイムCG作品『WORMHOLE』を題材にして、Unityとレイマーチングを組み合わせた映像制作技術を解説します。

Unityで遊べる背景シェーダーを作る

古田 祥源
プロシージャルな背景をプレイヤーの入力で動かそうとしたときの話をします。

FancyScrollView x Shader

松下 誠太
FancyScrollView を使ってシェーダー表現を活用したスクロールビューを作る話をします。
20:50〜21:00 アンケート回答&人事からのお知らせ
21:00〜21:50 懇親会

※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

吉原 鐘太 
KLab株式会社
プロトタイピングG
2015年KLab新卒入社
細田 翔 
KLab株式会社
Unityエンジニア
シェーダーで遊ぶのが大好きなUnityエンジニア。2015年KLab新卒入社。
Unity製モバイルゲームの3Dグラフィックス開発を担当し、レンダリングパイプラインの設計、
モバイル向けに最適化したシェーダー開発、テクニカルアーティストとしてプロジェクト横断のサポート活動等を行う。
社内公認サークル、Demoscene部の部長。
https://gam0022.net/
古田 祥源 
KLab株式会社
Unityエンジニア
2015年KLab新卒入社
松下 誠太 
KLab株式会社
Unityエンジニア
2018年 KLab入社

参加費

無料

ハッシュタグ

#klab_meetup

注意事項

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 補欠者・落選者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。

 

エントリー先

https://techplay.jp/event/733454

 

関連記事一覧