• HOME
  • 記事
  • インタビュー
  • 「日本をモット アソぼう。」をテーマに地域活性化へ取り組むバンダイナムコエンターテインメントの『BNJ PROJECT』をご紹介!

「日本をモット アソぼう。」をテーマに地域活性化へ取り組むバンダイナムコエンターテインメントの『BNJ PROJECT』をご紹介!

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、日本各地の地域と共に新しいエンターテインメントを創出し、皆さんと一緒に日本を元気づけたいという思いから、BNJ PROJECTを始めました。

テーマは「日本をモット アソぼう。」。

今回はBNJ PROJECTの坂本純一氏に、これまでに行った地域活性化のための取り組みや、これから始まる新しい取り組み「地元 アソビつくり隊!」について、お話をうかがっていきます。

 

ゲームセンターの店長から地域活性化まで

 

――BNJ PROJECTの話をする前に、まずは坂本さんの来歴について教えて下さい。

 

元々はナムコ(現:バンダイナムコアミューズメント)のアミューズメント施設管理者、つまりゲームセンターの店長をしていました。

自分の興味がある分野は人を楽しませることだったので、大学時代にアミューズメント系か、出版のなかでもエンターテイメント系に絞って、就職活動をしました。

そのなかで縁があったのがナムコだったんです。

 

当時ナムコ(現:バンダイナムコアミューズメント)は家庭用ゲームの開発・販売とアミューズメント施設運営に大きくわかれていました。

施設運営側に決めたのは、学生時代に行ったナンジャタウンが決め手です。

限られた空間を演出して楽しませようとする工夫が衝撃的でした。

そこで施設運営に興味を持って、そちらに希望を出した形です。

 

――その後、店舗から家庭用ゲームの部署に移られたのですね。

 

せっかくナムコ(現:バンダイナムコアミューズメント)に入ったのだから家庭用ゲームのことも知っておきたいな、という風に考えて異動願いを出しました。

アミューズメント施設でお客さんと向き合っていた時間が長かったので、まず顧客対応の部署に移ったのですが、1年経たないうちにバンダイと合併が発表されました。(笑)

 

もといたアミューズメント施設はナムコ(現:バンダイナムコアミューズメント)が運営することになったので、気軽には戻れないなと思いました。

個人的には家庭用ゲームを担当しつつ、また施設運営に戻ってもいいかなと考えていた時期なので……まぁこれもタイミングだろうと思っています。

 

合併したあとのバンダイナムコゲームス(現:バンダイナムコエンターテインメント)で顧客対応を何年かやっているうちに、会社の売上が落ちた時期がありました。

その時に自分自身でも売上を作って、少しでも会社に貢献したいと思い立ちました。

 

ちょうどバンダイネットワークスというモバイルコンテンツ事業行っていた会社がバンダイナムコゲームスに合流するタイミングで、新たに通販のララビットマーケット(現アソビストア)の運営者を募集していました。

そこで、形は違うけどまた店長をやってみようかなと異動希望を出し、通販に携わることになりました。

 

当時はバンダイネットワークスという名前の通り、バンダイ系のキャラクターと、他社様からお借りしているキャラクターが中心だったんですが、ナムコ系の商品開発もやろうという時期でした。

そこで当時、顧客対応でお客様の声をよく知っていた『テイルズ オブ』シリーズから入らせてもらいました。

 

当時はリアルタイムで注文がメールで届いていたので、売れているか売れていないかがすぐわかったんですよ。

リアルタイムで状況がわかるので恐怖もありましたが、その分やりがいはありましたね。

 

――ララビットマーケットから、現在のBNJ PROJECTにどう繋がるのでしょうか?

 

僕はそうやって長らくファンの方と向き合って来たのですが、そういったファンと向き合う感覚って若い人のほうが敏感なんです。

だから年寄りがずっと座ってああだこうだ言っているより、若い人に任せちゃったほうがいい。

 

あとは自分の性質として何かに固執しちゃうところがあるので、今度はなるべく自由にやってみようと。

次はまだお客さんじゃない人に目を向けてみよう、社内の人間がやっていないことをやろうと考えました。

 

あとは店長時代に四国にいたこともあり、地方について活動してみるのもいいかなと思って、BNJ PROJECTに移動しました。

 

 

関連記事一覧