タッチUIからVoice UIへ。 時代のニーズに合わせた事業を展開する株式会社サイバードにインタビュー!


全世界でのシリーズ累計会員数2,500万人を誇る女性向け恋愛ゲーム『イケメンシリーズ』を中心に、『BFBシリーズ』『細木数子六星占術』『名探偵コナンシリーズ』『なみある?』などのエンタテインメントサービスを展開している株式会社サイバード。

近年は新たに音声AIアシスタントとの会話で操作を行うVoice UI事業に挑戦するなど、時代の進化に合わせた事業を展開しています。

今回はVoice UI部 副部長 兼 Voice UI/UXデザイナーの元木理恵氏(写真右)とイケメンシリーズの人気タイトル『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑(以下、イケメンヴァンパイア)』のプロデューサー・新井優衣香氏(写真左)、2名にインタビュー! 新しい時代を切り拓く事業と多くの女性たちを魅了するゲームの秘訣について同時に伺いました!

 

時代の最前線で活躍する二人の経歴

 

――まずはお二人の略歴についてお話を伺いたいと思います。

 

元木

 

新卒で入社した会社は印刷会社でした。

その頃は、ガラケーにカメラが付き始め、ガラケーサイトを作る会社が出始めた時代です。

 

私も印刷物を作りながらガラケーサイトを作る仕事も請け負うようになり、ITの仕事は面白いなとは思っていたのですが、当時はモバイルインターネットの黎明期だったので作業量も多く大変で疲れてしまって…。

 

それで二社目に転職するタイミングでもITは選ばず、広告代理店に入りました。

ただ、そこでもガラケーサイトとか、QRコードを利用した広告といったITが絡まった仕事を任されることが多く、これはもうITの方向に行けってことかなと感じ、サイバードに入社した流れです(笑)。

 

――サイバードに入社してからはどのような業務をされましたか。

 

元木

 

私が入社した時期は、まだガラケーしかない時代でした。

キャラクターを扱う部署で、他社様からお借りしたキャラクターでガラケー向けの月額公式サイトを作っていました。

企画、運営、営業……と、開発以外の全ての業務を一手に担当していました。

 

皆さんサイバードと聞くと、いまではスマートフォンのゲーム会社だと思っている人もいるかもしれませんが、ゲームは会社のコンテンツ事業の一部でしかなくて、実はゲームだけを作っている会社ではないんですよ。

 

――Voice UIの事業を立ち上げることになったきっかけというのは何でしたか?

 

元木

 

仕事のやり方は様々あると思っていて、任された仕事を、責任を持ってじっくり取り組んでもいいし、自分で新しい仕事を考えてバンバン新規事業を始めてもいい。

私は、後者の常に新しいことをやり続けたいタイプで、Voice UIの前にも新しい事業を何回か立ち上げていました。

 

上手くいかない経験もたくさんしているのですが、その反省と学びを活かして、次の新規事業を作ることを常に考えて、実行してきました。

その経験が結実したのが、今の Voice UI事業なんじゃないかなと思っています。

 

Voice UIに至った直接のきっかけは、先輩のエンジニアがアメリカのCESという見本市からAlexa搭載のEchoデバイスを持って帰ったことです。

 

これを使ったら面白いことができるんじゃないかと思い、いろいろなツテを辿ってAlexaの担当者に繋がりました。

また、Googleのイベントに行って、Googleアシスタントの講演をしていた人が降壇したところに突撃して話しかけるとか、LINEの人とはいつの間にか仕事をしていたとか(笑)。

 

印象的だったのは、そうやって話をすると「サイバードには占いがあるから良いよね!」とか「『なみある?』でやってみたら面白いんじゃない」と言われることです。

こんな風に「サイバードが持つ既存コンテンツを生かせるよ」というところから話が始まることが多く、サイバードが持っているコンテンツの強さを感じましたね。

 

 

――新井さんのご経歴も教えてください。

 

新井

 

私は2012年の新卒でサイバードに入社しました。

就職活動をしていた時代はみんながiPhoneを持ち始めた時代で、様々なことに挑戦できる無限の可能性を感じ、IT業界を志望していました。

 

また、昔から何かを作るのが好きで、大学時代もサークルの活動でフリーペーパーを作ったり、イベントを開催したり、ゼミの活動で映画を作ったりしていたので、何かを作って世界に届けたいと思っていました。

 

サイバードを選んだ理由は、会社説明会で当時の社長のビデオメッセージに共感したからです。

『自分たちが届けるもので皆を幸せにしたい』という理念に共感を覚えて、サイバードを選びました。

 

――入社してからのキャリアはいかがでしょうか?

 

新井

 

最初はコンテンツ事業部で、今でいうInstagramのような写真をアップしてみんなでハート(いいね!)を押し合うソーシャルサービスの運営をやっていました。

その後もコミュニケーションアプリの運営をしていたのですが、自分自身でゼロから新しいものを作りたいという思いが生まれてきました。

 

そこで、入社2年目の春に人事に部署異動の相談をしたら、ちょうど恋愛ゲームが部署としても拡大し始めたタイミングだったということもあり、恋愛ゲームの部署に異動することになって、そこから現在まで約6年半ほど在籍しています。

 

部署に移ってからは運営プランナーから始まり、ディレクターになって、新規タイトルの開発を経験し、現在は、『イケメンヴァンパイア』というタイトルのプロデューサーをしています。

 

――キャリアアップする流れのなかで、大きな転機というのはありましたか?

 

新井

 

ディレクター、プロデューサーといった変化よりも、大きかったのは『イケメンヴァンパイア』の開発に携わったことですね。

その前も新規タイトルの開発を経験しましたが、そのタイトルは既存タイトルの続編だったため、ベースがもうあった状況でした。

 

でも『イケメンヴァンパイア』はゼロからの開発で、「偉人×ヴァンパア」というテーマ自体を自らが考えるところから始めたので、その経験で得たものは大きかったです。

 

特に公式PVを発表した時に想像以上に大きな反響があって、お客さまの期待を超えるものを届けられたのかなという実感がありました。

他の『イケメンシリーズ』にはなかったちょっと過激なセクシーさを上手く表現できたなと感じましたね。

関連記事一覧