まさかの一人三役!?DCG「ハースストーン」のスタープレイヤーがゲームで様々な種類の仕事を手がける!


アメリカのブリザード社が発売し、世界中で大人気のデジタルカードゲーム「ハースストーン」。

この「ハースストーン」において、ある一人の日本人スタープレイヤーが存在します。

その名前は「蒼汁(あおじる)」。

非常にインパクトのある名前ですが、その名前に負けないほどの鮮烈な活躍を見せているのです!

 

特筆すべきは、ただゲームが上手いというだけではなく、蒼汁氏は多方面でその実力を発揮しているということです。

今回は、下記の蒼汁氏のマルチな活躍を紐解き、ゲームでどのような仕事がなされているかを見てみたいと思います!

 

・ストリーマー

企業とストリーマー契約を結びプロになったこと、ならびにライブ配信が絶大な人気を誇る理由について語ります!

 

・競技プレイヤー

大型大会にも積極的に挑み、確かな実績を残している蒼汁氏の活躍ぶりを紹介します!

 

・キャスター

蒼汁氏は数々の大会でキャスターをも務め、個性的な言い回しの実況と選手の目線に立った名解説を展開しているのです!

 

 

・1:ストリーマーとして活躍する蒼汁氏!日本トップクラスの視聴者を集めるその秘訣とは?

 

2019年4月、蒼汁氏が株式会社RED ONEとストリーマー契約を結んだとの情報が入りました。

※参考URL RED ONE、蒼汁氏とのストリーマー契約のお知らせ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000035947.html

 

今回契約を結んだRED ONEは、元ハースストーン日本代表の「やなけん」こと柳建二氏が設立した企業です。

eスポーツのイベント企画やシステム開発を主な事業としています。

※参考URL 株式会社RED ONEホームページ

https://www.red-one.jp/

 

ハースストーン経験者が代表取締役なわけですから、当然プレイヤーに対する目は非常に肥えているわけです。

そんな中でストリーマー契約を勝ち取った蒼汁氏には、どのような強みがあったのでしょうか?

 

・1-1:日本でダントツの人気!蒼汁氏の配信が多くの視聴者に好かれる理由とは?

 

実は、蒼汁氏は日本人配信者としてハースストーン界でトップクラスの視聴者数を誇っているのです!

ゲーム実況専門の配信サイト「Twitch」において、蒼汁氏はライブ配信で1000人近くの視聴者数をコンスタントに出しています。

その強みはどこにあるのでしょうか?

 

1、質問への受け答えが丁寧

蒼汁氏の配信では多くの視聴者から質問がなされますが、プレーしながらその一つ一つに丁寧に答えています。

 

2、時に笑いをも誘う軽妙なトーク

ただ受け答えが丁寧なだけでなく、親しみやすい兄貴分のように、冗談をも飛ばしながら配信の雰囲気を和ませています。

 

3、試合の展開に対する感情表現が非常に豊か

勝ったときには全身で喜びを表現し、負けたときは悔しさや悲しみが伝わるようにリアクションするため、視聴者が引き込まれます。

 

4、アニメや漫画に強い

アニメや漫画の話題は若い層に受けが良く、またチャットでの雑談が非常に盛んになりやすいため、視聴者との距離を近づけることに一役買っているのです。

 

これらの強みが重なり、蒼汁氏は非常に多くのファンを獲得しているというわけですね!

 

・2:競技プレイヤーとしても一流の蒼汁氏!その実績は?

 

先述の蒼汁氏の契約については、タウンニュースでも取り上げられました!

地元の青年が企業とプロ契約を結んだ経緯について好意的に書かれています。

※参考URL 小田原・箱根・湯河原・真鶴版タウンニュース「ゲーム界のプロ選手誕生」

https://www.townnews.co.jp/0607/2019/06/01/483427.html

 

この記事でもストリーマー契約が中心に扱われていますが、実は蒼汁氏は競技プレイヤーとしても「プロ」顔負けの実力者なのです。

 

 

・2-1:海外の強豪を次々撃破! 大型大会で着実に結果を残す蒼汁氏!

 

実際に、大型大会の一つである2019アジア太平洋選手権において、蒼汁氏はベスト6を記録しているのです!

熾烈な予選を勝ち抜いてベスト8に進出した後、韓国の強豪「cocosasa(ココササ)」氏を破って6位フィニッシュを決めました。

さらに、先日ブカレストで行われた大型大会「マスターズツアー」においても6勝3敗の好成績を記録し、賞金1500ドル(約16万円)を獲得しました!

 

このように、ただ配信が面白いというだけでなく、競技でも十分にやっていける力があるという規格外のプレイヤーなのです!

ちなみに、筆者もオンラインで蒼汁氏と何回か対戦したことがありますが、ほとんど勝てた記憶がないぐらいに強かったですね。

 

・3:キャスターとしても多数出演の蒼汁氏!その実況解説の腕前は?

 

蒼汁氏はキャスターとしても多数の大会で実況解説を担当しており、その例は枚挙に暇がありません。

今回は、特に印象的な場面について紹介していきたいと思います。

 

・3-1:個性的な表現にオリンピックの言葉!耳に残る蒼汁氏の名実況!

 

まず、実況者としてですが、下記のブログにて蒼汁氏のユニークな言い回しが紹介されています。

※参考URL いずれ世界を獲る男 蒼汁

https://denchi67.hatenablog.jp/entry/2018/08/04/234119

 

以下、抜粋して紹介させていただきます。

 

・「危機的状況からのペレストロイカとなるこの鎧職人!」

鎧職人とは、その名の通り非常に守りに役立つカードです。

この鎧職人が大いに守りに貢献したときに蒼汁氏が発したのが上記の台詞です。

普通だと「立て直し」・「一発逆転」のような言葉を使いがちですが、ここで敢えて「ペレストロイカ」という印象的な言葉を使用し、危機を脱した際の喜びを鮮やかに表現したと言えるでしょう。

唯一無二とも言える蒼汁氏のセンスが光る台詞ではないでしょうか。

 

・「uya選手がuya選手であることを証明すれば勝てます」

2017年の夏季世界選手権において、日本の「uya」選手が、ここで負けたら終わりの試合に臨んだ際の実況です。

これは、アテネオリンピックでNHKの刈屋富士雄アナウンサーが、体操の冨田弘之選手に対して「冨田が冨田であることを証明すれば、日本は勝ちます!」と実況したことを踏まえたフレーズなのです。

まさしく、弛まぬキャスターとしての研究と、eスポーツ選手へのリスペクトが生んだ台詞であると言えるでしょう。

 

・3-1:強豪プレイヤーならではの視点!選手の読みを聞き手に伝えた蒼汁氏の名解説!

 

さらに、解説者としても名解説を見せているのです。

ハースストーンの日本人強豪プレイヤーの一人であるNAGON氏が、自身のnoteにて3つの名解説を紹介したのですが、そのうちの2つ目に蒼汁氏の解説が紹介されました。

※参考URL 見えないものを語る3つの名解説

https://note.mu/nagon1609/n/ncfaf9fc83e85

 

それは、ハースストーン2019年世界選手権の決勝戦の解説でした。

その第一ゲームにおいて、ドイツの「Viper(バイパー)」氏がミスをしてしまい、ノルウェーの「Hunterace(ハンターエース)」氏に逆転を許してしまいました。

 

このミスに対して、蒼汁氏は咄嗟にフォローを入れたのです。

蒼汁氏のフォローについて、上記のnoteでNAGON氏がこう説明しています。

「ここの解説ですごいのは、ゲーム中に出てきていないカードに言及し、選手の意図を推測しているところです。」

 

一見すると単純なミスに見えるシーンでしたが、多くの可能性を考慮したためではないかと推測し、それを限られた時間の中で解説に落とし込んだのです。

まさしく、名プレイヤーだからこそできる一流の解説だと言えるでしょう!

 

・まとめ

ゲームの周りには、様々な種類の仕事が存在します。

通常、その中の一つでもきちんと務め上げることができたら、相当恵まれていると言えるでしょう。

ですが、時には二つも三つも成し遂げてしまう人物が現れます。

蒼汁氏はまさにその人と言えるのではないでしょうか。

 

これは大いに希望を与えてくれることです。

なぜなら、私たちに「やればできる」という可能性を示してくれたわけですから。

私たちも蒼汁氏のように、一つの仕事だけで満足することなく、二つ三つと色々な仕事ができる姿を追い求めてみてはいかがでしょうか!

 

ライター名:レイニーデイ

プロフィール:ブログメディア「レイニーラボ」運営者。DCG「ハースストーン」の競技プレイヤーを目指しつつ、自身のメディアでeスポーツ・ゲームについて人生哲学の観点から発信している。

 

関連記事一覧