お客様に喜ばれるサービスを共に! ココネのエンジニアだからこそ感じるやりがいに迫る!!

ココネ株式会社は、『ポケコロ』『猫のニャッホ』『センシル』など、「飾って楽しむソーシャルサービス」や「飾る要素を持つゲーム」を展開しており、1,500万人以上の多くの女性たちから支持されています。

ゲームとは一味違ったサービスの実現には、デザイナーの考えたデザインを実装するエンジニアの存在が不可欠です。

今回はココネで活躍するエンジニアの方々に、ココネで働くやりがいや職場の雰囲気について伺いました!

 

・写真左  CTO 李 弘基(イ ホンギ)氏

・写真右  サーバー開発 大友 秀輔氏

・写真中央左  クライアント開発 趙 訓濟(チョウ フンジェ)氏

・写真中央右 ウェブ開発室 室長  髙山 大介氏

※役職や記事の内容は、インタビュー当日、2019年10月31日現在のものとなります。

 

ココネのエンジニア4人

 

――まずはそれぞれの自己紹介からお願いします。

 

 

私は、子供のころからITに興味を持っていて、大学ではサークルのみんなでオンラインゲームを遊んでいました。

就職の時に最初はグループウェアを作る会社に入ったのですが、結局オンラインゲームを作りたいと思い、新規事業を立ち上げたのがキャリアのスタートです。

 

前職のNHNJapan株式会社(現LINE株式会社)にいた時はオンラインゲームや、いろんなゲームを支えるプラットフォームを作っていました。

 

そのあとココネで働くことになった先輩に声をかけてもらい、2010年8月にココネに入社しました。

入社した当初はベンチャー企業でしたので、なんでもゼロから作る必要がありました。

 

語学サービスや語学アプリを作ったり、その後事業の柱になっていく『ポケコロ』を作りました。

入社して9年目になり、今年(2019年)から、CTOとしてエンジニアの人材と職種別組織の管理など全体をケアする立場となり、その役割に専念しているところです。

 

大友

 

私はパソコンを触って育った訳ではありません。

ファミコンを分解して遊んではいましたが……(笑)。

就職したコールセンターの社内システムの整備に携わったことが、エンジニアとしての始まりです。

 

その後、プリンターを販売する会社に入社し、そこでも社内の製品データベースの構築・整備を行なっていました。

次は広告代理店で、ガラケーのサイトを作り、スマホのサイトを作り、Androidの開発などの経験を経て、2013年にココネに入社しました。

 

当初はAndroidの開発者として入社したのですが、現在はサーバーの開発を担当しています。

 

 

 

私は、幼い頃は科学者になりたいと思っているような、科学に興味を持った少年でした。

小学校2年生の時に、学校にパソコンが導入されました。

その時に触れていたパソコンがずっと気になっていて、大きくなって調べたら、そのパソコンはセイコーエプソンの互換機でした。

その頃からパソコンが欲しいと思っていました。

 

大学ではコンピュータ工学を専攻し、卒業後はSIerに就職し、金融関係のチャートコンポーネントを作る仕事をしていました。

 

次に、パッケージソフトを作りたいと思うようになり、ホームページクリエイターを販売する韓国法人に入社して開発を担当しました。

そこで日本との繋がりができて、日本に興味を持ち、NHN Japan株式会社(現LINE株式会社)に転職しました。

 

NHN Japanに入る前はずっと研究所で開発するタイプで、ゲーム開発は開発環境が違うため大丈夫かなと心配していましたが、思いのほか楽しかったですね。

そこから一旦離れて別の会社に行ったのですが、NHN Japanで知り合いだった李さんに声をかけていただいてココネに入社しました。

 

髙山

 

私はメンバーのなかでは経歴が特殊で、10代から20代は音楽ばかりやっていました。

地元では人気があったバンドで、 レコード会社ともやりとりしていたのですが、デビュー寸前にメンバーの方向性の違いで解散してしまいました。

それが27歳の時のことです。

 

定職もない崖っぷちの状態からデジタルハリウッドという専門学校を見つけて、この学校に行こうと決めました。

もともと音楽活動でMacを使っていて、「Mac Fan」という雑誌にデジタルハリウッドの広告が載っていたので知っていました。

 

学校を卒業してからは主にFlashを使った開発をしていましたが、 NHNST社(現、cocone fukuoka社)にフロントエンドのエンジニアの募集があったので応募し、スマホの普及タイミングでWebのプラットフォーム開発に携わるようになりました。

 

コンテストにも積極的に応募もしていて、それが縁でグリー社に転職し、国内向けと海外向け両方のWebゲームを担当していました。

 

ゲーム会社での仕事が続いていたので、一旦ゲーム系から離れてBtoB系の会社に転職しましたが、やっぱりゲーム業界に戻りたいと思うようになりました。

そんな時に、NHNST社の時に交流のあったメンバーがココネで働いていて、お誘いを受けて入社しました。

関連記事一覧