詰め込みすぎたゲーム『Craftopia』は理想の設計と言えるのか

G-JOBエージェント本文上部下部

ゲームバランスという言葉があるように、ゲームを作る上では適切なバランス感覚を持つことが、大きな役割を果たします。

 

しかし、新感覚オープンワールドゲームである『Craftopia(クラフトピア)』は、積極的にバランスの崩壊を狙いに行くという、前衛的なゲーム設計が話題となっている作品です。

 

Craftopiaトレーラー

 

オープンワールド界の異端児『Craftopia』

この作品のゲームジャンルは非常に定義しづらく、「オープンワールドサバイバルアクションゲーム」を自称するほど、多くの要素にあふれています。

 

あらゆる人気ジャンルを融合させた作品

通常、ゲームはその作風によって、一つか二つのジャンルに分類されることがほとんどです。

例えば、テトリスのようなパズル要素を含んでいれば、そのゲームはパズルゲームです。

主人公と敵がいて、コマンド入力で敵を倒し、魔王を倒すという筋書きであれば、RPGと呼ばれるといった具合です。

 

ただ、非常に多くの作品が生まれ、ゲームクリエイターのレベルや開発環境、そしてプレイヤーのハードウェアが飛躍的に向上したことで、これまでにないジャンルの開拓も進められてきました。

例えば大人気スマホゲームの「パズル&ドラゴンズ」は、パズルの要素とRPGの要素を掛け合わせ、エキサイティングな体験を届けることができる、ユニークな作品となっています。

 

このようなジャンル横断型のクロスオーバー作品の開発は、昨今では盛んに行われている取り組みでもあります。

そんな中、今回発売が決定した話題作の『Craftpia』は、クロスオーバーを超えた、近年の人気作品の要素全てを詰め込み、一つの作品として昇華を試みる、野心的な作品です。

 

ゲームジャンル関連記事
アクションゲームと他ジャンルの境界はどこ? 歴史を徹底考察【ゲームジャンル研究部 第1回】
一番最初のFPSタイトルを知ってますか?【ゲームジャンル研究部 第2回】
MMORPGとMORPGの違いや歴史のハナシ【ゲームジャンル研究部 第3回】

 

どこかで見たようなシステムが一堂に会す

この作品が話題となっている理由は、あまりにも混沌としたゲーム性そのものにあります。

舞台はオープンワールドの3D世界で、そこでは牧場を経営したり、好きな建物を建てたりと、自由気ままな生活を送ることができます。

それだけなら「牧場物語」シリーズや『マインクラフト』のようなシミュレーションゲームの類似品止まりです。

 

『Craftpia』では、ここに戦闘やサバイバルアクションの要素を盛り込んでいるところが特徴です。

まるで「モンスターハンター」のように大型動物を討伐する姿や、バトルロイヤルゲームのように、自由に乗り物を操り、広大な土地を駆ける姿はどこか既視感があります。

あるいは、ひたすら強い武器を求めてダンジョンへ潜る、ハック&スラッシュの要素など、とにかく大人気ゲームのシステムを盛り込んでいる点が、このゲームの注目度を高めました。

さらにはマルチプレイに対応し、複数人でダンジョンを冒険したり、農場を育てたりと様々なアクティビティに参加できるため、これといってできないことが見当たらないのが特徴です。

 

『Craftopia』の独創的な設計への注目

このような混沌としたゲームシステムを導入した今作ですが、あまりに露骨な他作品のオマージュとなると、盗作ではないかという疑問も浮かんできます。

 

「パクリ」を超えたオリジナリティの可能性

前述のように、この作品にはここ数年でセールスを記録しているゲームの大半のシステムを、そのまま移植して運用していることが特徴です。

そしてそれらはあまりにも露骨な移植となっており、どこかで見たことがあるなという既視感を超えて、もはやパクリなのではないか、と批判を受けても仕方がないほどの仕上がりになっています。

ただ、『Craftpia』はあくまで人気ゲームのオマージュにとどまっており、悪質なコピー品ではない、独特のオリジナリティを備えているとも言えます。

 

その根拠として言えるのは、そもそも本気で人気作品のパクリを作ろうと思えば、このように多くのジャンルを背負ってしまうほど多角的な要素を盛り込めないからです。

このゲームは、特定の人気作品のおこぼれにあずかろうとしているのではなく、むしろ無差別に人気作品の要素を取り入れることに積極的です。

これはつまり、多くのゲームの要素を詰め込みに詰め込むことで、特定のゲームらしさを解消しようとする、独創性のある作品を作ろうという動機にも見られます。

特定のオリジナルへの言及を避けることで、ひょう窃行為ではないことを主張しているのです。

 

「おもしろ」を詰め込めば優れたゲームになるのか

そんな独自のクリエイティビティを発揮し、ゲーム業界の一翼を担おうとする今作ですが、これが最高に面白いゲームに仕上がるかどうかは、まだ議論の余地があるでしょう。

 

例えば、カレーライスとショートケーキはそれぞれ美味しい食べ物ですが、ショートケーキにカレーをかけて食べる、というのでは美味しさが損なわれてしまいます。

あるいは、絵の具の赤と青を混ぜると綺麗な緑色になりますが5色も6色も色を混ぜると、黒ずんだ色になってしまいます。

 

ゲームもそれと同じです。

多くのゲームジャンルの要素を一つの作品に盛り込むことは、チャレンジングで人目を惹く行為です。

しかし、それがゲームとして優れた面白さを発揮できるかどうかは、また別の問題なのです。

そして、そんな挑戦的な作品は、オマージュの元となった人気作品たちのシェアを奪うことはありえず、結果的に元作品の侵害にも繋がらない点も、注目すべきでしょう。

 

もう一度考えたい「面白いゲームの作り方」

面白いゲームの要素を全て盛り込めば、名作になり得るのではないかというコンセプトが感じられる『Craftopia』。

この作品から私たちが学べることは、決して少なくありません。

 

人気ゲームにはそれなりの理由がある

一つは、人気のゲーム作品には、それを人気たらしめる理由がそれぞれ存在します。

 

例えば自由に野原をクラフトし、好きなように土地を発展させることのできるマインクラフトは、基本的にはそれだけしかできないシンプルさが売りとなっています。

下手にグラフィックを美麗にしたり、育成要素を強化したりといったアップデートを行わない牧歌的な空気が、マインクラフトを名作に仕立て上げました。

一方の『Craftpia』は、人気ゲームの根幹システムを容量いっぱいに一作品に落とし込み、とても雑多な作品となっています。

このような状況下では、何をすればいいのか、やることが多すぎてわからず、ゲームの目的も見えにくくなってしまいます。

 

方向性がイマイチ定まっていないゲームは、ファンを捕まえることも難しいのです。

 

「面白い」部分を積極的に抽出する取り組みを

しかし、この作品は制作過程において、ゲーム作りには欠かせない重要なプロセスもきちんと押さえています。

それは、人気作品のゲームシステムの根幹を抽出する作業です。

 

今までに見たことのないゲームを作る、というのは志が高いところまでは良いものの、いざ作るとなるとアイデアが湧いてこないものです。

そこで頼りにしたいのが、過去の人気作品です。

人気作品が人気であった理由を追求し、面白い部分をしっかりと抽出することで、良い作品のエッセンスを理解することができます。

 

『Craftpia』は流石に要素を盛り込みすぎた作品ではあるものの、制作過程において人気作品の研究をしっかりと行ってきたことは、明らかです。

彼らの開発過程は、若きゲームクリエイターにとっては欠かせないプロセスであると言えるでしょう。

 

面白いゲーム作りについて、下記の記事でも解説しております。
『マジック:マナストライク』は失敗作?面白いゲームを作る上で念頭におくべきこと
スマブラのプロデューサーが考える、面白いインディーゲームの企画の仕方
面白いゲームの定義とは何か?『Stela』が秘めるゲームのエンタメ性

おわりに

ゲーム作りで困難を伴うのが、アイデア出しの過程です。

 

ゼロからオリジナル作品を作ることは難しいものですが、過去の作品にインスピレーションを受け、新たに名作を作り上げることは十分に可能です。

 

『Craftpia』もまた、そのような温故知新の姿勢の大切さに気付かせる、偉大なインディーズ作品となるのでしょう。

 

ライター名:Satoru Yoshimura

プロフィール:ライター。20年以上の付き合いがあるビデオゲームとアメリカ音楽をテーマとした活動が中心。「日本のゲーム音楽がヒップホップに与えた影響」などブログで公開中。

 

『Craftpia』公式サイト

https://www.pocketpair.jp/

『Craftpia』公式Twitter

https://twitter.com/PocketpairJapan

『Craftpia』ストアページ

steam:https://store.steampowered.com/app/1307550/Craftopia/

 

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須氏名 必須
    必須生年月日 必須
    必須都道府県 必須
    必須電話番号 必須
    必須メールアドレス 必須
    必須ゲーム業界での業務経験 必須経験あり経験なし
    必須経験職種1 必須
    任意経験職種2 任意
    任意経験職種3 任意

    G-JOBエージェント本文上部下部