ゲーム会社に受かるのに有利な大学・学部はある?

 

ゲーム業界に就職したい人の中には、大学や学科をどう選ぶべきかと迷っている人も多いと思います。ゲーム業界では大学の偏差値や人間的スキルが重視されることが多く、学科は絶対的要素ではありません。しかし、ゲーム開発に役立つ知識やスキルを身に付けておくことは、やはり就職に有利なことは間違いありません。そこでこのコラムでは、どんな大学や学科がゲーム会社に就職するために有利なのかを解説していきます。

 

また、ゲーム会社を目指す人の進学に関して参考になる記事があるので併せて読んでみてください。

「ゲーム開発を学ぶには専門学校と大学、どちらが有利?就職後の流れも併せて解説」

「ぶっちゃけ、ゲーム業界への就職・転職に学歴は必要?」

 

1. 「理系学部」はゲーム業界と親和性が高い傾向にある

一般的に、理系の学部はゲーム業界への就職に適しているものが多いですが、もちろん理系なら何でも良いわけではありません。そこでこの項目では、ゲーム会社に入りやすい理系の学科をまとめましょう。

 

1-1. 情報科学・情報工学科

情報科学や情報工学はコンピュータ関連、通信、ネットワークに関する知識などを身に付けることができます。そのため、ゲーム会社ではプログラマー、エンジニアなどの分野で活躍できる人材として優位性があるでしょう。情報理論などの知識に加えて、プログラミングの演習などもしっかり学んでおくことをおすすめします。

★情報工学科を設けている学校例:東京国際工科専門職大学

 

1-2. 数学・応用数学科

数学系の学科は、名称から難しい計算式ばかり扱っているようなイメージがあるかもしれません。しかし、情報関連やIT、コンピュータ関連の内容も扱っていて、論理的思考を身に付けることもできるので、ゲーム会社への就職に向いています。

★ゲーム数学にまつわる学校例:デジタルハリウッド大学

 

1-3. 電気工学科

電気工学を学べば電気的ハードウェアを扱う基礎が身につくので、ゲーム機を作る会社への就職に有利になることが期待できます。また、情報系の講義も含まれていることが多いですから、ゲーム会社のエンジニア系の職種も目指せるでしょう。

★電気工学科を設けている学校例:日本工学院北海道

2. 「専門学校」は特化しているので即戦力として採用される

大学ではなくゲーム自体を扱う専門学校や、情報系の専門学校に行くのもゲーム会社への就職に有利です。専門学校を出た人は即戦力として歓迎してくれる傾向があります。ただし、直接的な作業スキルより総合力を求める大手ゲーム会社を目指す場合は不利になる可能性もあるので、卒業生の就職実績などもしっかり見てから進学を考えましょう。

 

2-1. ゲームクリエイター系学科(プログラミング、制作)

「ゲーム」と名がつく学科なら、学校でゲーム作りのノウハウを身に付けることができますから、ゲーム会社にとっては即戦力として迎えられることが期待できます。また、ゲーム会社への就職を目指す人が周囲にたくさんいるので、同じ目標に向かって励む仲間も得やすいでしょう。

★ゲームクリエイター科を設けている学校例:アールカレッジヨコハマ

2-2. 情報系学科(IT、テクノロジー)

情報系の専門学校では、コンピュータやプログラミング、IT系の知識やスキルを習得できるので、ゲーム会社のプログラマーやエンジニアを目指す人に向いています。

★情報系学科を設けている学校例:トライデントコンピュータ専門学校

3. 「文系学部」でもゲーム業界に転職できないわけではない

文系の学部や学科は一見ゲーム会社には縁が無いように思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。ゲーム会社と言ってもプログラマーやエンジニアだけで構成されているわけではないからです。ここでは文系の学部や学科でゲーム会社に優遇されそうな分野を紹介します。

 

また、文系出身者がゲーム会社に就職できるかという疑問に詳しく答えた記事もあるので、合わせて読んでみてください。

「文系だけどゲーム会社に就職したい!望まれるスキルとアピール方法も説明」

 

3-1. 法学部

ゲーム会社では特許や知的財産権(IP)などを扱うことは少なくありません。自社のキャラクターの権利を守ったり、自社が他社から訴えられたりすることが無いように、法務部などの部署を持っているゲーム会社もあります。そのため、法学を学んでゲーム会社への就職を目指すのも方法の一つです。

 

 

3-2. 経済学部

経済学を学んでいれば、ゲーム会社の営業や販促の部門、経営管理などの部署に入れる可能性があります。また資金調達などの財務を扱う部署を作っているゲーム会社もあり、経済学部出身者が歓迎される可能性は少なくありません。

 

3-3. 文学部

ゲームのジャンルにもよりますが、ストーリーを持つRPGなどを作るにはプログラマーやデザイナーだけでなくシナリオライターも必要です。そのため文学部でもシナリオを作成するスキルを磨いていれば、ゲーム会社への就職を目指すことはできるでしょう。

 

3-4. 外国語学部

最近は日本国内だけでなく、最初から海外を視野に入れて開発をしているゲーム会社も多数ありますから、外国語の専門的スキルを持つ人を求めるゲーム会社は多数あります。ローカライズの作業では日本語を外国語に書き換えるだけでなく、輸出先の文化を踏まえることも求められますから、留学経験なども有利に働くでしょう。また、海外へのマーケティングやセールスなどでも外国語が堪能な人は力を発揮できるでしょう。

 

4. まとめ

進学に当たって、どんな大学や学部に行くことがゲーム会社への就職に有利なのかという内容をまとめました。ここではさまざまな学部や学科の概要を書いていますが、履修する内容はそれぞれの大学で違う場合もあるので、カリキュラムは事前にしっかり見ておいてください。

 

また、これから進学するなら、ここ数年の就職先としてゲーム会社が実際に含まれているかも確認しておくと良いでしょう。しっかり情報を確認して、あこがれのゲーム会社に就職できるように備えてください。

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意