株式会社アトラスの”ペルソナ5ザ・ロイヤル”についてご紹介!【AAAタイトル紹介Vol.3】

2019年4月に、株式会社アトラスより、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』がリリースされました。同作は様々な背景を持った高校生の仲間たちが、悪人を心の中の”オタカラ”を盗み出す事で更生させていく物語です。その過程でシャドウと呼ばれる異形の生物を倒したり、仲間との絆を深めたりしていく事で物語が展開する学園ジュブナイル系RPGです。

同作はアメリカのレビューサイト“メタスコア”においては96点の評価点をたたき出し、日本からリリースされたゲームの中ではトップの評価を獲得しています。

 

本記事ではそんな『ペルソナ5ザ・ロイヤル』の概要と、株式会社アトラス、開発に携わったクリエイターの紹介を通し、作品の魅力により迫ってみようと思います!

『ペルソナ5ザ・ロイヤル』とは?

『ペルソナ5』の関連作品

『ペルソナ5ザ・ロイヤル』は、株式会社アトラスから発売された学園ジュブナイル系RPG作品です。同作は株式会社アトラスの主力タイトルの1つ、『『女神転生』シリーズ』から派生した作品であり、1996年に発売された、『女神異聞録ペルソナ』を皮切りに、これまで2~5までの作品が発売されています。
2016年に、PS3/PS4版の『ペルソナ5』が発売されましたが、本作『ペルソナ5ザ・ロイヤル』は、『ペルソナ5』にて描かれなかったシーンや、追加演出、機能などが盛り込まれた完全版になっており、そのほかにも『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』、ペルソナ5の正式な続編である『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』等、同じナンバリング作品でも様々な派生をしています。
ちなみに時系列としては『ペルソナ5』(2016年)、『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』(2018年)、『ペルソナ5ザ・ロイヤル』(2019年) 、『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(2020年)といった流れになっており、それぞれP5、P5R、P5D、P5Sと略されて記載されている事が多いです。

 

また『ペルソナ』シリーズの1~5作目に関しては直接的なストーリーの繋がりは無いものの、現れる異形の生物”シャドウ”や、精神と物質の狭間の場所”ベルベットルーム”といった演出に関しては、全『ペルソナ』シリーズ、また『女神転生』シリーズにも共通して登場する事があります。

 

主なあらすじ/登場キャラクター

物語が始まる数か月前、東京都内では不自然な事故や事件が相次いで多発しており、人々や警察はこれを”精神暴走事件”と呼んで恐れていました。

 

物語の舞台となるのは、東京都の高校。無実の罪で前科を持ってしまった主人公は、東京にある秀尽学園高校への転入を余儀なくされる所からスタートします。
精神暴走事件が起こっている最中、主人公のスマートフォンには”イセカイナビ”という見覚えのないアプリがインストールされています。この”イセカイナビ”はアプリに入力した名前の人物と、その人物に関係のあるキーワードを入れることで”パレス”という異世界に入ることができるアプリです。
人間の心の世界である”パレス”にある、歪んだ欲望のコアを”オタカラ”と呼び、そのオタカラを盗むことで様々な悪人の心を改心させていく事で物語を進めていきます。

 

パレス内に登場する異形の生物”シャドウ”を目の当たりにした時、自分の心の中に潜む反逆の意思が具現化した能力”ペルソナ”が発動します。主人公のみならず、物語の中で出会う様々な登場人物と共に、このペルソナの能力を使いながら更生させていく中、世間は彼らの事を”ココロの怪盗団”と認知していきます。

 

ゲームの概要(発売日/ジャンル/対応ハード/声優)

『ペルソナ5ザ・ロイヤル』の発売日は、2019年10月。PS4用学園ジュブナイル系RPGゲームとして発売されています。
本作に登場するキャラクターの声優を務める方々は非常に豪華な顔ぶれとなっており、『コードギアス 反逆のルルーシュ』において、ルルーシュ役を演じた福山潤さん。『DEATH NOTE』において主人公、夜神月役を演じた宮野真守さん。声優のみならず歌手としても大活躍の水樹奈々さんや、アニメ『銀魂』にて主人公、坂田銀時役を演じた杉田智和さん、『ポケットモンスター』シリーズのピカチュウを演じている大谷育江さん等、主役級の声優陣がそれぞれのキャラクターを演じています。

 

開発について

株式会社アトラスの会社概要

本作の開発、発売元である株式会社アトラスは、東京都品川区に本社を置くゲーム会社です。2013年9月に設立されており、現在の代表は大橋 修氏が務めています。
同社は株式会社セガの100%子会社であり、現在はコンシューマーゲームを中心に事業を展開しています。
2016年に開催されたゲームイベント“E3”において、同社は主力タイトル『女神転生』シリーズの最新作、『真・女神転生V』の発売を発表しました。

 

アトラスの歴史は1986年4月に、コンピューターゲームの開発会社として飯田橋に旧社が設立されたことから始まります。
設立後は、1992年に『真・女神転生』、94年に『真・女神転生Ⅱ』をリリースすると、同作がヒット作品となります。その後1995年に神楽坂に本社を移転。1997年には株式市場JASDAQへの上場を果たし、その2年後にはアメリカにアトラス支社を立ち上げました。

 

1999年3月期を機に赤字決算が続いてしまいますが、タカラトミーとの資本提携や、インデックスホールディングスへの吸収合併などを経て、2013年9月にセガサミーグループの傘下に入り、新生アトラスが誕生しました。

 

かなりの紆余曲折がありましたが、アトラスは創業以来「人間尊重」「人材育成」「顧客第一」を企業の基本理念として掲げ成長を続けています。
現在は2025年度売上高200億円を目標としており、現在の累計ゲーム販売本数は2000万本以上、これまで手掛けたタイトルは239タイトル以上となっており、今後もその勢いを増すことになるでしょう。

 

アトラスの代表作

アトラスの代表作は先述した『ペルソナ』シリーズ、『女神転生』シリーズのほかにも、『十三機兵防衛圏』や、『キャサリン・フルボディ』などが挙げられます。
特に本記事で紹介している『ペルソナ』シリーズの全体売上本数は、2021年5月の時点で全世界1,300万本を超えています。また『女神転生』シリーズについても、2017年時点で700万本以上の売り上げを上げており、2021年現時点では1000万本以上の売り上げが想定されています。

 

『ペルソナ5ザ・ロイヤル』を手掛けた主なクリエイター

副島成記(略歴/手掛けた作品)

副島成記氏はイラストレーター、グラフィックデザイナーであり、本作『ペルソナ5』においてもイラストを担当した株式会社アトラスのクリエイターです。1974年2月24日に神奈川県に生まれ、東京デザイン専門学校においてはイラストレーション科を卒業しています。

 

『ペルソナ』シリーズについては、『ペルソナ2罪』から携わっており、メインキャラクターデザイン、アートディレクターを担当していました。
ヒット作となった『ペルソナ3』及び『ペルソナ4』においてその知名度を確固たるものとし、2010年には自身の画集”副島成記アートワークス 2004-2010”を発売しています。

 

なお、『ペルソナ2』において登場する“ギャルソン副島”というキャラクターは、自身をモチーフにしたキャラクターになっています。
また『ペルソナ』シリーズの2~5作目に掛けて、バイクに乗ったキャラクターが登場しますが、これは副島氏自身がバイク乗りである事から、ペルソナの設定やキャラクターデザインに反映されていると言われています。

橋野 桂(略歴/手掛けた作品)

橋野桂氏はアトラス所属のゲームクリエイターです。ヒット作となった『ペルソナ3』からディレクターとプロデュースを担当しており、『ペルソナ5』においても企画、シナリオ原案、ゲームデザインなどのプロデュース全般を担当しています。

 

特に『ペルソナ』シリーズは、『ペルソナ3』以降でそれ以前の作品から世界観や設定について方向性を変更しており、ペルソナの定義や意味合いといった設定そのものにしっかりとした意味を持たせたという点で、橋野氏はゲームの世界観をより没入感のある設定にしています。

 

また『ペルソナ5』において描かれる”コミュシステム”も発祥は橋野氏が企画を担当した『ペルソナ3』からとされています。このコミュシステムは、ペルソナの世界と現実世界を行き来する主人公が、現実世界の人間とより深い絆を作る事で、ペルソナの世界も強化されるシステムです。
ゆえに『ペルソナ5』についても、通常のRPGのような戦闘シーンだけでなく、学園生活や人間関係、恋愛といったアドベンチャー要素も多く取り入られる様になっており、よりユーザーにやりこみ要素を提供したゲームになっています。

まとめ

大人気ゲーム『ペルソナ5ザ・ロイヤル』について、シリーズの歴史、アトラスの概要、クリエイターについて説明してきました。
ヒットタイトルのゲーム内容だけでなく、その歴史や携わった要素を紐解く事で、より作品に対する理解や共感を生み出していくきっかけになれればと思います。

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意