3DCG技術が活きる?作業ゲー『Perfect Slices』を作るという仕事


世の中には「作業ゲー」と呼ばれるゲームが存在します。

単調なルーティンをひたすら繰り返すだけのゲームを揶揄した言い回しですが、実はその単調な作業に快楽を見出し、ゲーム性を感じてきた人も決して少なくないのです。

 

作業ゲー『Perfect Slices』の魅力

『Perfect Slices』は、昨今の新作ゲームのようにボリューミーな作品ではなく、いわゆる単純作業を繰り返す非常にシンプルなゲームになっています。

 

プレイ中はひたすら食材を「刻む」だけ

『Perfect Slices』は、昨今のボリュームのあるトレンドゲームとは裏腹に、とても簡素な仕上がりとなっています。

 

ゲームは非常に単純で、並べられている野菜をひたすらに切り刻んでいくというもの。

3Dスクロールで野菜が次々と霧の向こうから現れるので、プレイヤーは画面をタップしながら包丁でさばいていきます。

 

連続で野菜をカットするのに成功すれば、コンボボーナスが付与されます。

それとともに野菜が流れてくるスピードも加速し、最終的には目に止めるのもやっとのスピード感に。

素早く流れる野菜をさばきながら、規定スコアを達成すればゲームクリアです。

 

クリアすると、自分が切った野菜が鍋に放り込まれ、そのままスープになるアニメーションを見ることができます。

このアニメーションや切る食材にはバリエーションがあり、場合によっては金やキーボードを包丁で切り刻み、新しく金を鋳造したり、現金に換えるクリア画面にもなるのだそう。

 

ただ切り刻むだけとは言え、最近のゲームらしくバリエーション豊かな表現でプレイヤーを楽しませてくれる作品となっています。

 

癖になる刻み心地

『Perfect Slices』の最大の魅力は、やはり野菜を包丁で切る際の爽快感にあるでしょう。

永遠と流れてくる野菜をひたすらに切っていくだけのゲームではありますが、やはり「切る」ことにはある程度のクオリティの追求がなされています。

 

どこか聞き覚えのある、小気味よくリズミカルな包丁の音を、じっくりと味わうことができるだけでなく、刻んだ野菜は華麗に弾け飛んで行き、耳だけでなく目にも満足感のある表現がなされています。

 

刻む素材によっても微妙にビジュアル表現に違いがあり、汁気の多いトマトなどをきれば、チープな3Dモデルでありながら、本物のようなみずみずしい刻み心地が音とビジュアルで表されます。

 

普段は包丁の使い心地の良さを感じても、その瞬間は瞬く間に過ぎてしまうものですが、『Perfect Slices』であればずっとこの快感を味わうことができるということです。

 

『Perfect Slices』に没頭してしまう理由

一見するとほんの数回で飽きてしまいそうなゲームなのですが、不思議と何度でも遊びたくなる魅力を放っているのがこの作品です。

 

単調さがゲームの爽快感に直結

単純作業や義務的に行う業務は、現実世界ではなるべく避けたい労務ではありますが、これがゲームとなるとついつい遊んでしまう中毒性につながることもあります。

 

『Perfect Slices』の良いところは、ただタップして野菜を切るだけという単調さゆえに、何も考えずタイミングよくタップするだけで遊べるという娯楽性を持っています。

小難しい操作やルールは存在しないため、無心で野菜を切ることだけに集中できます。

 

一見すると、ただ野菜を切るだけでは飽きてしまうのではないかと思うかもしれませんが、実はこういった単調性を強調した娯楽は普段から私たちが親しんでいる遊びにも存在します。

 

よく落ちるというスポンジで食器や床の汚れを無心で落としたり、日焼けでめくれた肌の皮を剥いたり、手元にあったピンポン球でひたすらに壁に向かって投げるなど、手持ち無沙汰の時間で日常をゲーム化することは、多くの人に共通する時間の潰し方で、ゲームへのニーズの1つと考えられます。

 

なんでも刻めてしまうという愉快さ

そして、普段ではおおよそここまで豪快な切れ味を存分に堪能したり、自分の力ではとてもきれないようなものまで細切れにできてしまうのは、ある種のストレス発散にも役立ってくれます。

 

最近ではものをひたすらに壊すだけのアトラクションが世界的に人気を博し、最近日本にも物を壊し放題のスペースがオープンしました。

 

https://reeastroom.com/

 

こういった現代人の破壊衝動を仮想的に満たしてくれるのが、『Perfect Slices』というわけです。

 

作業ゲーの持つ暇つぶしとしてのメリット

作業ゲーがいつの時代でも一定数のニーズを満たしているのには、そこに何かしらの変わらぬ魅力があることを静かに語ってくれています。

 

いつでも誰でもストレス発散

『Perfect Slices』の魅力は、スマホがあればどこでも気軽に、短時間でクセになるアクションを楽しめる点にあります。

 

上に挙げたようなアミューズメント施設は、現地に行くまでに時間や交通費、そして施設利用料金が発生しますが、『Perfect Slices』であれば無料で好きなだけ野菜やその他を切り刻んでしまうことができます。

 

また、体を使うことがストレス発散にもつながるのですが、疲労や怪我など、何かを壊すのには肉体的なリスクも伴うため、体力に自信がなければいつでもできるようなものでもありません。

 

『Perfect Slices』はスマホにダウンロードするだけで、通勤時間や休憩時間、就寝前など、思いついた時に病みつきになる感覚を何度でも味わうことができます。

 

スマホに蘇る「無限〇〇シリーズ」

覚えている人もいるかもしれませんが、スマートフォンが普及する前、いわゆる「無限プチプチ」シリーズが流行ったことがありました。

 

これは梱包に使うビニールのプチプチを、無限に体験できるということで、世間でちょっとしたブームを起こしたおもちゃですが、他にも無限に缶を開けたり、板チョコを破る感覚を楽しめるという「無限シリーズ」がブームになりました。

 

人はちょっとしたタイミングに、このような無意味なことに手を出したくなる習性を持っているのか、ハンドスピナーブームもこのトレンドの延長線上にあったように見えます。

 

『Perfect Slices』は、そのスマホ版ということもできます。

ゲームそのものに作品の豊かさはなくとも、つい遊んでしまう中毒性と単調さを備えているのです。

 

『Perfect Slices』の場合はそこまで細かくグラフィックやエフェクトをハイエンドに突き詰めているわけではありませんが、この無意味な快感を追求するべく、ひたすらにグラフィックやSEにこだわった作品が現れれば、心にヒットするユーザーは少なからずいることでしょう。

 

おわりに

スマホゲームの魅力は、何と言ってもすぐにプレイできるという遊びやすさにあります。

 

スマホの高い性能を駆使して、ひたすらにハイエンドなゲームを開発するのも良いですがが、『Perfect Slices』のように、単純な享楽性を追求するだけでも、プレイヤーには十分に面白いゲームであると感じてもらうこともできるのではないでしょうか。

 

ライター名:Satoru Yoshimura

プロフィール:ライター。20年以上の付き合いがあるビデオゲームとアメリカ音楽をテーマとした活動が中心。「日本のゲーム音楽がヒップホップに与えた影響」などブログで公開中。

 

関連記事一覧