Mix Leap Study #37 – 世界の最先端量子コンピュータ技術と機械学習

日程: 2019/03/19(火) 18:30 〜 21:30

会場: ヤフー株式会社 大阪グランフロントオフィス(大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 37階)

ハッシュタグ :#mixleap
募集内容

一般・学生参加枠: 無料

開催日時

2019/03/19(火)
18:00 受付開始
18:30 開始
***今回は火曜日開催です!***(木曜日ではありませんのでご注意ください)
***今回は18:30開始です!***(19:00開始ではありませんのでご注意ください)

場所

ヤフー株式会社 大阪グランフロントオフィス
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 37階
1)1階、または2階のシャトルエレベーターで9階オフィスロビーまで上がって下さい
2)Dバンクのエレベーターで37階に上がり受付エリアまでお越しください

イベントについて

「Mix Leap Study」とは、ヤフー大阪オフィスで開催される各回のテーマにフォーカスした情報共有を定期的に行う勉強会/交流会イベントです。
ITに興味のある学生やIT企業で働く社会人が集まってお互いに発信しあうことで、人と情報の交差点となることを目指しています。

今回のテーマ

今回の Mix Leap Study では、「世界の最先端量子コンピュータ技術と機械学習」を開催します!
・量子コンピュータって何?
・言葉は聞いたことがあっても具体的にどんな技術かわからない
そういった方にもわかりやすいコンテンツとなっています。

また今回は、量子コンピュータの国内ベンチャー企業であるMDR株式会社CEO湊 雄一郎さんをお招きし、「今後の量子コンピュータの展望 ~機械学習への活用~」についてお話しいただきます。
※ MDR社は、幅広い顧客層と技術力が認められ、このたび世界デビューを果たしたことで、世界のトップベンチャーと肩を並べる存在となりました。
https://quantumcomputingreport.com/scorecards/software-partners/

講演後には量子コンピュータSDKを活用した短いハンズオンの時間も設けています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

ハンズオンに参加される方

講演後、量子コンピュータの技術を使った簡単なハンズオン(30分)を行います。

blueqatSDKを用いて、量子アニーリングの足し算と、量子ゲートの重ね合わせを使った足し算を行います。
事前にインストール方法と実装コードは共有して当日簡単な解説をします。

ご協力いただける方はハンズオンに参加されない方にも画面を共有いただければと思います。短時間ですので以下の事前準備が可能な方はご参加ください。

【事前準備】
以下のソフトウェアをインストールしたPCをご持参ください。
– Python3.6以上
– OS不問

ハンズオンに参加されない方

ハンズオンの模様は前方スクリーンにも投影します。
ハンズオンに参加されない方はスクリーンをご覧いただくか、他の参加者のハンズオン風景をご覧ください。

タイムテーブル

時間 内容 スピーカー
18:00 – 受付
18:30 – 18:35 「Mix Leapについて」 永留 亮一(ヤフー株式会社)
18:35 – 19:25 第1部:「2018年末までの量子コンピュータ業界/技術の総括」 清水 徹(ヤフー株式会社)
19:25 – 19:35 休憩
19:35 – 20:05 第2部:「今後の量子コンピュータの展望 ~機械学習への活用~」 湊 雄一郎(MDR株式会社 CEO)
20:05 – 20:35 「Blueqat SDKを用いたハンズオン」 湊 雄一郎(MDR株式会社 CEO)
20:35 – 21:30 懇親会・本日のふりかえり

登壇者情報

スピーカー:清水 徹(ヤフー株式会社)

Title 2018年末までの量子コンピュータ業界/技術の総括
Overview 第一部ではまず、量子コンピュータについて初めて学ぶ方向けに、
・量子コンピュータの動作原理
・qubitとは、qubitに対する操作とは
・応用が期待されている分野
・実際にプログラミングをしてみる(量子ゲート回路を組んでみる)際、何から始めるのがよいか、
といった基礎的な内容を駆け足でご説明します。また、量子コンピュータには ゲート方式・アニーリング方式の2つの方式があるとよく言われますが、今回はゲート方式にフォーカスしてお話させていただきます。
Profile ヤフー株式会社 データ&サイエンスソリューション統括本部 技術戦略室
名古屋大学理学研究科素粒子宇宙物理学専攻修了ヤフーの事業領域に関わる先端技術全般の調査および、検索・言語処理系の研究開発に従事。

スピーカー:湊 雄一郎(MDR株式会社 CEO)

Title 今後の量子コンピュータの展望 ~機械学習への活用~
Overview 世界中で量子コンピュータを活用した機械学習の実装が始まっています。NISQと呼ばれるエラーありの中規模量子計算機向けの量子古典ハイブリッド計算の他に、本来の重ね合わせを用いたデータ入力と認識回路などを紹介します。また量子アニーリングでは各種の機械学習の種類を確認したいと思います。
Profile MDR株式会社 代表取締役社長 湊雄一郎
東京大学工学部建築学科卒業2004年から隈研吾建築都市設計事務所で青山の根津美術館や杭州のアリババ社屋を担当。
2008年MDR設立。
2015年総務省異能vationに「量子コンピュータと人工知能」で採択。
2017年から内閣府ImPACT山本プロジェクトPM補佐。
2018年からは文科省Q-Leapにも参加。

参加資格

・キャンセルポリシーに同意頂ける方。
夜間のイベントのため、16歳以上の方。
※16歳未満でも保護者同伴なら可

懇親会

当日、20:35 から同会場で懇親会を行います。
軽食、飲み物をご用意しております。
参加者同士や弊社社員との交流の機会として、ぜひご活用ください。

参加費

無料

キャンセルポリシー

予定が変更になり、都合がつかなくなった場合には、速やかに参加のキャンセルをお願い致します。
参加枠を確保しているにも関わらず不参加の方や、当日キャンセルをされる方は、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。

ご注意

・会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。
・撮影された写真や動画はヤフー大阪の公式SNSアカウントや社内の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。
・他の方が不快に感じるような行為、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為を取られた方の、次回以降の参加をお断りさせて頂くことがあります。
・ハンズオンの進行の都合上、環境等の要因で開発がうまく進まない方が発生する可能性があります。その場合、全員が最後までアプリケーションを開発できない場合もございますが、予めご了承ください。

ご質問・ご相談

本イベントに関するご質問等はページコメントまでお願い致します。

エントリー先

https://yahoo-osaka.connpass.com/event/120420/

 

関連記事一覧