i-nest capitalがVRアニメ特化型の配信プラットフォーム「ハッチポットVR」を提供する「株式会社D‘Arts」へ投資

G-JOBエージェント本文上部下部


i-nest capital株式会社(読み:アイ・ネスト・キャピタル、本社:東京都目黒区、代表:山中卓、以下i-nest capital)は2022年2⽉、同社1号ファンドである「i-nest1号投資事業有限責任組合」を通じ、株式会社D’Arts(読み:ディーアーツ、本社:東京都中央区、代表取締役・CEO:髙野永華、以下D’Arts)への投資を実行いたしました。

 

■  VRアニメ制作ツール「ハッチポットビルダー」および配信プラットフォーム「ハッチポットVR」を開発・運営

D’Artsは、VRコンテンツ制作にかかる膨大な制作コストと時間、技術の取得が難しくVRクリエイターが育ちにくいという課題に着目し、日本のVR業界全体の活性化に貢献したいという想いから、2020年よりノンコードでVRアニメを制作できる「ハッチポットビルダー」を開発しております。
クリエイター向けに無償で提供する制作ツール「ハッチポットビルダー」で創作されたVRアニメは、ヘッドマウントディスプレイの他、スマートフォンでの再生が可能な配信プラットフォーム「ハッチポットVR」にてユーザーへ提供いたします。

 

D’Artsは「TechBiz2021※」に採択され、「デジタルコンテンツEXPO2021」(2021年11月17日~19日開催)に出展し、米国ラスベガスで開催された世界最大規模のテクノロジー見本市「CES 2022」(2022年1月5日~8日開催)にも出展しました。

 

「ハッチポットVR」は、現在世界のVRパブリッシャ―が提供するコンテンツの多くを占めるアクションゲームやスコアゲームではなく、物語中心のVRコンテンツを楽しみたいユーザーをメインターゲットとしており、これまでVRコンテンツに馴染みのなかったユーザー層へもVRコンテンツの魅力を届けてまいります。

 

「ハッチポットビルダー」はコード入力不要、キャラクターや背景なども本ツール内に用意されており、脚本を作るように台詞やト書きなどを入力するだけで、AIが脚本に合わせてVRアニメを生成してくれるため、専門知識が無くても、幅広いカテゴリーの作品を素早く、数多く、低コストで発信していくことを可能にします。キャラクターモデルやセリフ音声をアップロードして制作することも可能となっており、3Dキャラクターのモデラーや声優など多様なクリエイターへ表現機会を提供するとともに、「ハッチポットVR」での収益機会を提供します。

 

(上)「ハッチボットビルダー」制作画面(下)作品イメージ(上)「ハッチボットビルダー」制作画面(下)作品イメージ

 

「ハッチポットVR」で展開されるコンテンツの多くは、空間内を動き回るキャラクターと字幕による1話5分程の長さのVRアニメとなることを想定しており、ヘッドマウントディスプレイだけでなく、ユーザー数が多いスマートフォン向けにも基本無料で配信していきます。人気の高い作品は、リメイクが行われることで、よりハイエンドなコンテンツに昇華されていくことを期待しています。

 

2022年2月より毎月ハッカソンを開催し、クリエイター向けに最大で3分間ほどのVRアニメーションを同社開発メンバーのサポートを受けながら制作できる体験会も実施してまいります 。

2022年2月に実施したハッカソンの様子2022年2月に実施したハッカソンの様子

 

D’Artsは、“色々なものが「Hatch=孵化」する場所”という想いで名付けた「ハッチポット VR」が、VRアニメという新たな日本のサブカルチャーを育み、日本独自のコンテンツ力を世界のユーザーに発信するプラットフォームとなることを目指しております。
同社は、今回の調達資金を「ハッチポットビルダー」および「ハッチポットVR」の開発費に充て、クリエイターに寄り添った機能開発とクオリティの高いコンテンツの充実を図り、VRアニメ特化型のプラットフォームとしての地位の確立に向け、引き続き取り組んでまいります。

 

(※)経済産業省2021度コンテンツ海外展開促進事業(コンテンツ関連ビジネスマッチング事業)内デジタルコンテンツEXPO(DCEXPO)連携事業

 

■ i-nest capitalは豊富なノウハウ&ネットワークで成長を支援

i-nest capitalは、エンターテインメント&ライフスタイル領域を中心に、新産業の創造や社会課題の解決を目指すベンチャーキャピタルです。

漫画・アニメ文化の延長線上にあるアバター文化やVRアニメは、日本のクリエイターが先進的に取り組んでおり、グローバルでも評価が高い日本文化です。
D‘Artsの経営陣のWeb/Unity/AI等、幅広い開発経験や起業家としての経験とVR・XR領域での実績を強みに、同社が日本のVR業界全体の活性化を支えるのみならず、新たな文化の発展に貢献し、さらには世界でもVRコンテンツのリーディングカンパニーとなり得る将来性を評価し、今回の出資に至りました。

 

i-nest capitalは今回の資金提供に加え、各パートナーの豊富な支援実績及び広範なネットワークを活かして、D‘Artsの企業価値向上に貢献して参ります。

 

■ 株式会社 D‘Arts(ディーアーツ)
・Webサイト:https://hatchpot-vr.studio.site
・連絡先:press@ddarts.co.jp
・設立:2006年8月
・代表者:代表取締役・CEO 髙野 永華(たかの はるか)

 

■ i-nest capital株式会社(アイ・ネスト・キャピタル)
・Webサイト:https://www.i-nestcapital.com
・連絡先 :info@i-nestcapital.com
・設立 :2019年5月
・代表者:代表パートナー 山中 卓(やまなか たかし)

 

 

提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000051734.html

G-JOBエージェント本文上部下部