ゲーム業界の交流会を充実したものにするための心構えや姿勢


今回は、ゲーム業界の交流会で人脈を作るためのポイントや、有意義な交流会かどうか見抜く方法などについて紹介していきます。

交流会は基本的に業界内での視野が広がるメリットの大きいイベントですが、何でも参加していると中には時間の無駄に感じる体験をしてしまうかもしれません。

これから初めて交流会に参加する人は、知らないことがないか、一度チェックしてみてください。

 

1. ゲーム業界の交流会で人脈を作るためのポイント

ゲーム業界の交流会に参加する際に知っておきたい、特に大切なポイントは以下の3つです。

 

①「人脈作りのみ」に専念しないこと

②お金や自分の成長のみを目的にすると避けられる

③勧誘は自分にとって意味のあるものか見極める

 

参加に際し注意したいことがほとんどなので、一つ一つ説明していきましょう。

 

1-1. 「人脈作りのみ」に専念しない

同じゲーム業界だから、と人脈を作ることを第一にしてしまうと、名刺枚数やSNSでの繋がりの数など、その場では本当によかったのかどうか判断できないことだけになってしまい、自分の本当の成長につながらない可能性があるので注意しましょう。

 

自分がまだ知らない新しい有益な情報をゲットする事や、ビジネスパートナーを探すなど、近い将来、実際の仕事につながる成果も意識する必要があります。

なおお酒を飲むのが好きな人などは、飲み友達を探すというのでもいいと思います。

日頃のストレスを無理なく発散できる心許せる人も見つけられるのも、大きな収穫になるでしょう。

 

1-2. お金や自分の成長のみを目的にすると避けられる

かといって、お金や成長など、自分の利益につなげることだけをあからさまに目的にしてしまうと、警戒されて繋がりを避けられる可能性もあるのでバランスに注意する必要があります。

ゲーム業界で働く人間同士、悪評はすぐに広まってしまう可能性があります。

 

なお交流会の種類によっても違いますが、ビアガーデンでの開催など、とてもラフな形で説明会を開催している場合は、空気を読むながらコミュニケーションを取ることが大切です。

ゲーム業界の将来をより良くするために協力するという気持ちも大事にしましょう。

 

1-3. 勧誘は自分にとって意味のあるものか見極める

自分からではなく、相手から話しかけられて勧誘された場合などは、それが本当に自分にとって意味のあるものかどうか見極める必要があります。

意味がない場合は、名刺だけもらっておくようにしないと、せっかく交流会に参加しても時間を無駄にしてしまうのでもったいないと言えます。

 

特にゲーム業界に限らないオープンな交流会などでは、その分色々な人が参加することになるので、自分の目的とは合わない人と話す確率も高くなります。

 

2. 有意義な交流会を見抜く方法

有意義なゲーム業界の交流会かどうかを見抜く方法や、参加した交流会を有意義にするために大切なポイントも知っておきましょう。

 

2-1. 本音で物事を話せるのが理想

交流会は、基本的に初対面の人とコミュニケーションを取る場ですが、ずっと建前で話をして、なんとなく建前の人脈を作っても次につながらないので意味がありません。

可能な限り、同じ志や技術を持っている者同士が、本音ベースで会話できる交流会に参加するのが理想です。

幸い、ゲーム業界は趣味が近い人が多く参加する傾向にあるので、失礼にならない程度に早い段階で本音を言い合える関係になりましょう。

 

事前に交流会の内容や過去の情報を調査して、どのような人が多く参加しているかや開催時の雰囲気などをチェックしてみましょう。

 

2-2. 参加の敷居が低すぎるのは時にリスクがある

先ほど上で紹介した人脈を作るためのポイントにも関連しますが、交流会自体の参加の敷居が低すぎると、その分色々な人が参加することになります。

専門性が十分に伴っておらず、ビジネスパートナーとして未熟な人が参加する可能性も増えることになります。

もちろんそういった繋がりも大事ですが、ストイックにビジネスパートナーを探している場合は無駄に時間を取られるだけになってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

2-3. 新規人脈を希望する場合、身内が多く、クローズドすぎるのは問題

ゲーム業界の新しい人脈をつくることが目的の場合、参加する人がある程度限定されたり、つながりベースで開催されるようなクローズドな交流会は向いていないかもしれません。

自分の知り合いや間接的に知っている人が多くなると新しい出会いがなく、ただの身内の懇親会になってしまう可能性があるので注意しましょう。

交流を深める上ではいいですが、新しい人脈につなげることは期待できません。

 

3. 交流会に持参すべきアイテム

3-1.  名刺

ゲーム業界の場合、特に制作職の人などは、名刺をほとんど使っていない人が多いと思いますが、交流会に参加する際は持っていくほうがいいです。

話すのが苦手な人でも、とりあえず名刺を渡せば、自分の情報を何かしら相手に伝えることができるので、会話をしやすくなります。

 

3-2.  相手の印象に残るエピソードやPR

交流会で会話できる時間は限られているので、相手が「もっとこの人のことを知りたい!」「この人と一緒に仕事がしたい!繋がりを得たい!」と思ってもらえるような魅力的なエピソードや、PRポイントを用意しておくことが大切です。

相手との会話の流れを大切にしながら、あくまでも自然にアピールするように注意しましょう。

 

4. ゲーム業界の交流会に参加する方法

ゲーム業界の交流会の情報は、以下のような専用のポータルサイトのイベント検索や、交流会一覧ページから探すことが可能です

。自分の希望に合うものがないか定期的にチェックしてみてくださいね。

GAME CREATORS EVENT検索
https://game-creators.jp/column/category/event-search/

 

5. まとめ

ゲーム業界の交流会で人脈をつくるためのポイントや、有意義な交流会にするために大切なポイントを紹介しました。

特に大切なことは、交流会に参加する目的を、事前にしっかりと整理しておくことです。

ふわっとした気持ちで参加してしまうと、ただ名刺交換だけして終わってしまう可能性があるので注意しましょう。

話をする相手と会話の内容を、出来るだけある程度イメージしておけるようにすることが大切です。

 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

登録フォーム
下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
必須 氏名
必須 生年月日
必須 都道府県
必須 電話番号
必須 メールアドレス
必須 ゲーム業界での業務経験有無 経験あり経験なし
必須 経験職種1
任意 経験職種2
任意 経験職種3

 

関連記事一覧