有名・大手ゲーム会社は設立何年?歴史もチェック!


 
就職や転職の際に、対象としている会社の設立からの歴史を知りたい人は多いと思います。そこでこのコラムでは、大手ゲーム会社がいつ設立されたのか、どのような経緯があって現在に至っているのかなどをまとめます。ぜひ就職・転職活動の参考にしてください。

 

1. 有名ゲーム会社の設立一覧

ここでは大手ゲーム会社の設立年や現在に至る経緯などを解説していきます。

 

・ソニーインタラクティブエンタテインメント

1993年にソニー・コンピューターエンタテインメントとして、ソニー本体とソニー・ミュージックエンタテインメントの合弁で設立されました。1994年に発売された家庭用ゲーム機「プレイステーション」は、形を変えつつ現在も世界中で愛されています。2020年11月のプレステ5発売も世界中で話題となっており、ソニーは現在も日本のゲーム業界をけん引する存在です。

 

・任天堂

任天堂は1889年に創業し、初期には花札(ゲーム用のカード)やトランプの製造をしていました。家庭用ゲーム機を始めて発売したのは1977年のことです。さらに1983年には「ファミリーコンピュータ」、いわゆるファミコンを発売して、それ以降日本のゲーム業界に大きな影響を与え続けています。また、ゲーム機だけでなく「スーパーマリオ」シリーズや「ポケモン」シリーズ(開発・管理は別会社)など、ソフトの面でもミリオンセラー作品を多数生み出しています。

 

・バンダイナムコエンターテインメント

バンダイとナムコは以前は別の会社でしたが、バンダイのキャラクター事業とナムコのゲーム開発力を合わせて相乗効果を上げることを目的として、2005年に経営統合して誕生しています。バンダイと言えば「ガンダム」シリーズなどの人気IPを持っていますし、ナムコには「鉄拳」などのバトルゲームの技術がありましたから、統合前にコラボした「機動戦士ガンダム 一年戦争」という作品が、統合を検討するベースになったようです。

 

・スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、「ファイナルファンタジー」を持つスクウェアと、「ドラゴンクエスト」を持つエニックスが合併して生まれました。いくつかの事業が難航して経営悪化したスクウェアと、ドラクエ以外の人気タイトルが少ないエニックスはそれぞれ補い合える部分があったようです。なお、合併は2003年に行われていますが、事業上の都合からか、設立は2008年となっています。

 

・セガサミー

セガサミーは2004年にセガとサミーが統合して設立されました。アミューズメント事業が強いセガと、パチンコ・パチスロ事業を行うサミーは競合する部分は無いので、統合によって補完しあえるメリットがあったようです。その後ゲーム関連では、女子向けのカードゲーム機「オシャレ魔女 ラブandベリー」や「龍が如く」などがヒットしました。

 

・コナミ

コナミは1969年創業、1973年に設立されています。設立当時からアミューズメント機器の製造を始め、その事業は現在も続いています。しかし、コナミはアミューズメント事業だけに固執せず、1980年代には家庭用ゲーム機向けのソフト開発に乗り出し、「ウイニングイレブン」シリーズや「ボンバーマン」シリーズなどを生み出しました。さらに、2010年代にはモバイル端末向けのゲーム開発にも進出して、時代の変化に対応しながら現在に至っています。

 

・コロプラ

コロプラは2008年に設立され、初期にはバスツアーや旅行業との連携など、リアル空間での体験を提供していました。設立前の2003年から「コロニーな生活」という街育成ゲームはありましたが、2010年に位置ゲープラットフォームとしてモバイルアプリの事業を本格化していきます。2013年リリースの「魔法使いと黒猫のウィズ」、2014年リリースの「白猫プロジェクト」のヒットによって大手ゲーム会社として認識されるようになっています。

 

・ミクシィ

ミクシィの前身は、1997年に求人情報サイトの運営でスタートしました。2004年からSNSサービス「mixi」を始め、2006年には社名をミクシィに変更しています。2013年にリリースしたモバイル端末向けアプリ「モンスターストライク」の大ヒットは会社としての転機になっています。2018年からサービス開始した「共闘ことばRPG コトダマン」もヒットしていますし、XFLAGというエンタメ事業ブランドを立ち上げて発展を続けています。

 

・カプコン

カプコンは1979年設立し、1983年にはメダルゲーム機を製造販売しています。1985年に家庭用ゲームソフトを発売、1987年にはアーケードゲームとして「ストリートファイター」、家庭用ゲームとして「ロックマン」を発売、二つのタイトルはシリーズ化してカプコンの代表作となります。その後も「バイオハザード」や「デビルメイクライ」、「モンスターハンター」など、絶えることなく評価が高い作品を生み出し続けています。

 

・コーエーテクモHD

2008年にテクモ社とコーエー社が統合を締結し、2009年にコーエーテクモHDが設立されました。テクモは1964年からビル建築物管理などを行っていましたが、1969年にアミューズメント機器の販売を開始、1981年に自社開発したアーケードゲームソフトを発表しました。コーエーは薬品や染料を扱う会社でしたが1980年にゲーム開発に参入。合併後には「北斗無双」や「信長の野望」シリーズなどをリリースし、多くのユーザーを獲得しながら発展していきました。

 

2. まとめ

ソニーインタラクティブエンタテインメントや任天堂をはじめとする大手ゲーム会社について、設立年や発展の歴史などをまとめました。変化が激しいゲーム業界で生き残っていくには、大手にとっても多数の困難があります。今回紹介した会社も、紹介した以上の多くの転機があり、その都度さまざまな対策を打って乗り越えてきたはずです。ぜひエントリーを検討する会社の沿革をしっかり確認して、就職や転職が有利になるよう学習してください。
 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意