ゲーム業界は転職が多い?その理由について解説


 
ゲーム業界への就職を目指していろいろな記事を見ていると、「転職が多い業界なのではないか」というイメージを持つことがあるでしょう。「もしかして非常に働きにくい業界なのでは?」と考えると就職自体に不安を感じる人も多いと思いますので、このコラムではゲーム業界の転職の実情や理由をピックアップして、わかりやすく説明していきます。

 

最後まで読むとゲーム業界の転職理由やその背景が分かりますので、ゲーム業界目指して就活している人はぜひ参考にしてください。

 

1. ゲーム業界に転職が多い理由1:キャリアアップ・ステップアップのため

ゲーム業界に限らず、転職のポジティブな理由としては、「自分自身のキャリアアップやステップアップを目指すため」というものがあります。

 

特に初めての就職であれば、自分自身のポテンシャルと会社のレベルを適切に比較することは困難です。そのため、ある程度仕事をおぼえ、スキルを獲得した段階で、「自分をもっと高められるところで頑張りたい」、「さらに評価してくれるところで働きたい」と思う人が転職を考えることは決して恥ずかしいことではありません。

 

2. ゲーム業界に転職が多い理由2:プロジェクト単位で働く事が多いため

ゲーム業界では、開発タイトルごとにプロジェクトを組んで仕事をすることが少なくありません。そのためプロジェクトごとに人間関係や求められる役割が変わることが多く、会社そのものへの帰属意識が育つよりも所属する場所を変えながら成長していく傾向が見られます。そのような観点から、プロジェクトチームを移動するのと同様に、会社自体を移動する人がいます。

 

また、関わりたいと思って入社したタイトルを扱うプロジェクトにどうしても入れない場合などには、不満がたまってその会社にいる意味を感じられなくなって転職するという人もいます。

 

さらに、ゲーム会社に勤める全員が簡単に転職するわけではありませんが、他業種より転職する人が多いのは周知の事実ですから、転職という行為自体にネガティブな目線を持つ人が少ないのも事実です。

 

3. ゲーム業界に転職が多い理由3:労働条件が厳しいため

ゲーム業界全体に共通することではありませんが、一部の会社では、長時間残業を強いられることや、労働時間のわりに給与が安いことがあります。そのような場合、ホワイトな会社への転職を考えるのは正当な選択でしょう。

 

また、特にブラックな企業にいるわけではなくても、より効率よく働ける環境を求めて移動を考える人もいるでしょう。ゲーム業界は比較的残業が多いイメージがありますが、その一方で先進的な考えを持つ会社も多いですから、労働環境や福利厚生が非常に優れた会社もあります。そのため、労働条件を今より良くしたいという理由で転職する人もいますから、転職が全てネガティブなものとは限りません。

 

4. ゲーム業界に転職が多い理由4:会社の雰囲気・売上が良くないため

入社したものの、パワハラやセクハラが横行するなど会社の雰囲気が良くない、という場合は誰もが転職を考えるでしょうから、この理由はゲーム業界に限定されるものではありません。

 

ゲーム業界特有の事情があるとすれば、売上や利益の低さが雰囲気の悪さに直結している場合です。ゲーム業界は他の業種より実力主義の傾向が強く、年功序列の価値観はほとんどありません。その特徴自体は良い面もあるのですが、実力主義がプレッシャーになって、結果を出せない時にネガティブな感情に陥りやすくなる人もいます。

 

プレッシャーやストレスの感じ方には個人差がありますが、所属したチームやプロジェクトが利益面で会社に貢献できていない場合、転職を考える傾向は強くなるでしょう。

 

5. ゲーム業界はノウハウが業界間で活かしやすいため、転職に対する印象は悪くない

ゲーム業界は身につけたスキルやノウハウを業界内で活かしやすい特徴を持っているので、企業側も転職者を歓迎する傾向があります。また、常に新しい技術を求められる業界の特性上、スキルや適性が未知数の新人をゼロから育てるより、即戦力である転職者を採用した方が有効と考えるゲーム会社も多数存在します。

 

ゲーム会社のように新しさが要求されず比較的古くから存在する業種では、転職が多い人は何らかの問題があると捉えられがちです。しかし、ここまで説明して来たように、ゲーム業界は比較的転職が多い特徴を持っていますし、終身雇用にこだわる人もほとんどいません。つまりゲーム業界では個人としても企業側としても転職することのハードルが他の業種より低いのです。

 

とは言え、短い期間での転職が何度もある場合は採用に関して不利になることもあります。そのため、転職するとしても、一定のスキルや経験を身につけて、それぞれの会社から何らかの学びを得ることを心がけましょう。

 

6. まとめ

ゲーム業界で転職が多い理由やその背景を、ケースごとにわかりやすくまとめました。ゲーム業界は確かに他業種より転職が多い傾向はありますが、ポジティブな理由も多いので決して不安視する必要はありません。

 

また、ゲーム業界に入ったら転職しなければならないわけではなく、一社で長く勤めてスキルアップやキャリアアップを果たしている人もいます。そのため、ゲーム業界は個性や考え方に応じて人生を選択しやすい業種と言い換えることもできるでしょう。

 

これを踏まえて、転職数が多いことをネガティブに捉えず、常にチャレンジが尊重される業界と考えれば、長い人生のプラスになるのではないかと思います。
 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む2,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意