アニメーション制作ツール「Spine」について、主な機能と特徴を解説!


 
「Spine」は、ゲーム作品の演出には欠かせない2Dアニメーションの制作を専門的に行うソフトウェアです。近年は3DCGやLive2Dを取り入れたゲーム作品が多く生まれていますが、そのようなゲームの中にもあらゆる場面で2Dアニメーションが用いられています。
 
今回は、Spineというソフトウェアの概要や利用料金に関する情報、主な機能などをまとめてご紹介します。ゲーム業界の中でもアニメーションやグラフィックの分野に興味がある方は必見の内容ですよ。
 

Spineとは?

Spineとはどんなソフトウェアなのか、ゲームの制作においてどのように用いられているのかをご紹介します。
 

Spineの概要

Spineは、Esoteric Softwareが開発・販売している2Dアニメーション制作用ソフトウェアです。
 
今や多くの種類があるアニメーション技術の中でも2Dアニメーションに特化しており、アニメーション自体の制作とゲーム内への統合などに用いられます。
 
個人・小規模事業者向けのプランは買い切り型で販売されており、基本的な機能を備えた「Essential」と、追加機能によってより高度なアニメーション制作ができる「Professional」の2つのプランがあります。
 
それぞれの販売価格 は以下のとおりです。
 
【個人・小規模事業者向けプランの場合】

Essential 69米ドル
Professional 329米ドル

(価格はすべて税込)
※無料トライアル版 あり
 
購入前に手元のPCでの動作確認をしたい方や、ひとまずSpineに触れてみたいと考えている方は、まずは無料トライアル版を活用してみてください。
 

Spineアカデミーについて

Spineの公式サイト内には、SpineをPCに導入する方法から基本操作、本格的な2Dアニメーションの制作までを学べる学習用ツール「Spineアカデミー」(http://ja.esotericsoftware.com/spine-academy)があります。
 
具体的な手順を簡単にわかりやすくまとめているだけでなく、動画での解説やプロジェクト例などの参考資料も公開されています。ソフトに関する知識がまったくない状態からでも、自分のペースで勉強しながらアニメーション制作を始められますよ。
 

主なSpineの機能

Spineが持つ特徴的な機能と、アニメーション制作ソフトウェアとしての独自の魅力について解説します。
 

簡単に小容量の 2D アニメーションを作れる

Spineで2Dアニメーションを制作することによって、限られたデータ容量の範囲に素材を詰め込まなければならないゲーム開発においても多くの2Dアニメーションを取り入れられます。
 
Spineの登場以前の2Dアニメーションは各フレームにイメージを必要としていましたが、Spineで制作した2Dアニメーションはボーンデータだけを保存します。
 
このシステムによって小容量の2Dアニメーションを簡単に作ることができ、より多くの素材をゲーム内に搭載できるのが強みです。
 

Spineランタイム

Spineで制作した2Dアニメーションをゲームツールキットを用いてゲーム内に取り入れたり、レンダリングを実行するライブラリ「Spineランタイム」によって、ゲーム制作をスムーズに進行できます。
 
Spineでは、以下のゲームツールキットを公式にサポートしています。
 
cocos2d-objc – Objective-C
cocos2d-x – C++
Corona – Lua
Flash – ActionScript 3, demo
HTML5 Canvas – JavaScript/TypeScript, demo
HTML5 WebGL – JavaScript/TypeScript, demo
HTML5 Embeddable Widget – JavaScript/TypeScript, demo
libgdx – Java, HTML5 demo, game demo
LÖVE – Lua
MonoGame – C#
SFML – C++
Starling – ActionScript 3, demo
THREE.js – JavaScript/TypeScript, demo
Unreal Engine 4 – C (C++ coming soon) – Official Guide.
Unity – (also supports 2D Toolkit), C#, documentation
XNA – C#
 
上記の他、サードパーティ製のランタイムも充実しています。ランタイムの詳細はこちら(http://ja.esotericsoftware.com/spine-runtimes)でチェックしてください。
 

まとめ

2Dアニメーションの制作に特化しているソフトウェア「Spine」について、概要や料金情報、主な機能と魅力をご紹介しました。
 
Spineを用いて小容量な2Dアニメーションを制作することで、作品全体のデータ容量が限られているゲーム内により多くのアニメーション素材を取り入れることが可能です。
 
2Dアニメーション制作に関する知識や技術がない状態からでも、公式サイトで公開されている学習用ツール「Spineアカデミー」によって独学でスキルを身につけていけます。無料トライアル版なら、一部機能の制限はあるものの誰でも気軽にインストールしてSpineでの2Dアニメーション制作を体験できますよ。
 
ゲーム業界の中でもアニメーションやグラフィックの分野に興味がある方は、ぜひ本記事を参考にSpineに触れてみてください。
 

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意