プログラミング言語「Java」とは?特徴とJavaScriptとの違いについても解説!

G-JOBエージェント本文上部下部

 
数多く存在するプログラミング言語の中でも知名度が高く、世の中にあるさまざまな技術の開発に関わっている「Java」。
 
ゲーム作品の開発においても欠かせない言語であり、プログラマーやエンジニアとしてゲーム業界に関わりたいと考えている方ならぜひ身につけておきたいものです。
 
本記事では、Javaの概要や主な特徴・魅力をまとめてご紹介しています。プログラミング分野に興味がある方はぜひ参考にしてください。
 

Javaとは?

プログラミング言語であるJavaとはどんな特徴を持つのか、どんな場面で用いられているのかについて解説します。
 

Javaの概要

Javaは、アメリカのSun Microsystems社が開発したプログラミング言語の一種。2010年以降は、同社の吸収合併先であるORACLE社によって提供が行われています。
 
1995年の開発以来世界中で使われており、プラットフォームを問わずに同じプログラムを実行できる柔軟性や処理速度の速さから利用者が非常に多い言語です。世界的に有名なIT企業であるGoogleでも採用されており、「C++」・「Python」と並んで三大言語と呼ばれています。
 
プログラミングについての知識があまりない方でも、”Java”という単語は目にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。
 
Javaでは、主に以下のような分野の開発ができます。
 
・スマホ向け、PC向けのアプリケーション
・Webアプリケーション(企業で用いる業務システムなど)
・Webサイト
・家電製品に組み込むプログラム(Blu-rayプレイヤーなど)
・2DCG、3DCGコンテンツ
・ゲーム作品
・クレジットカード
 
現在の人々の暮らしに欠かせないものの多くにJavaが関わっていることがわかりますね。アプリケーションなどの場合は、プラットフォームを問わず、より多くの人に届けることを目的とする場合にJavaがよく用いられます。
 

JavaScriptとの違い

Javaと混同しやすいプログラミング言語に「JavaScript」があります。どちらもプログラミングに関するワードで、名前が似ているため同じようなものだと認識してしまいがちですが、この2つの言語は全く異なるものです。
 
JavaScriptは、Netscape Communications社が1995年に開発した言語。Webサイトの開発において、ページひとつひとつに特殊な動きをつけるために用いられます。
 
トップページの画像がスライドショーのように切り替わったり、ページをスクロールするとテキストが浮かび上がるように現れたりといった演出的な要素を、このJavaScriptによって再現できます。
 
Javaとの共通点は「プログラミング言語であること」くらいで、用いられる場面もそれによってできることも全く異なり、どちらかについて勉強すればもう一方も扱えるようになるというものでもありません。この2つの言語は”全く違うものである”ということは頭に入れておきましょう。
 

Javaの特徴

Javaが持つプログラミング言語についての主な特徴・魅力をご紹介します。
 

プラットフォームを問わず開発が可能

Javaの最も大きな特徴と言えるのが、一度書いたプログラムをさまざまなプラットフォーム上で動作させることが可能な点です。動作させたいOSに合わせた言語でプログラムを書き直す必要がなく、開発当初は予定していなかったプラットフォームで動作させたくなった場合にも簡単に応用させられます。
 
この自由度の高さはJavaが世界的なシェアを誇る大きな理由のひとつであり、プログラマーやエンジニアを目指す上でJavaに関する知識と技術があれば、就職・転職活動で非常に有利に働きますよ。
 

コンパイラ言語であるため処理速度が速い

Javaは、プログラミング言語をハードウェアが理解し実行するまでの過程をスムーズにできる「コンパイラ言語」の一種です。そのため他の形式の言語よりも処理速度が速く、CPUなどへの負荷も比較的小さく済みます。
 
大量の処理やCPUなどへの負荷が大きい処理を必要とするアプリケーションにおいては、処理速度の速さは快適な動作に直結するため大きなメリットです。
 

ライブラリが充実している

Javaには、プログラミング作業をより効率よく進められるライブラリが充実しています。ある程度型が決まっている”いつものプログラム”をいちいち手で打ち込まずに自動化するなど、開発したい分野ごとに役立つライブラリを無償でも利用できます。
 
プログラミング作業においてとても便利に働くので、ぜひ開発したいジャンルに合ったライブラリを探して取り入れてみてください。一度打ち込んだプログラムを定型化して、ライブラリを自ら作ることもできますよ。
 

まとめ

三大用語にも数えられるプログラミング言語「Java」について、概要や用いられている場面、主な特徴をご紹介しました。Javaは世界的に広く用いられているプログラミング言語であり、日本でも数多くの企業が開発に取り入れています。
 
以下のように、プログラミング分野への知識が全くない方でも必ず日常的に触れているものの開発に大きく関わっている言語です。
 
・スマホ向け、PC向けのアプリケーション
・Webアプリケーション(企業で用いる業務システムなど)
・Webサイト
・家電製品に組み込むプログラム(Blu-rayプレイヤーなど)
・2DCG、3DCGコンテンツ
・ゲーム作品
・クレジットカード
 
Javaの知識・技術は幅広い業界で求められているので、身につけておけばゲーム業界への転職活動でもとても有利に働きます。
 
ユーザー母数が多いためわからない点をインターネットで調べやすく、日本語で書かれた教本なども豊富なので、これからプログラミング言語を習得したいと考えている方にとっておすすめの選択肢と言えますよ。
 
ぜひ本記事を参考に、Javaの勉強を始めてみてくださいね。
 

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須氏名 必須
    必須生年月日 必須
    必須都道府県 必須
    必須電話番号 必須
    必須メールアドレス 必須
    必須ゲーム業界での業務経験 必須経験あり経験なし
    必須経験職種1 必須
    任意経験職種2 任意
    任意経験職種3 任意

     

    G-JOBエージェント本文上部下部