ゲーム業界で大事になるプロジェクトマネジメント能力とは?就職・転職時のアピール方法についても解説!

G-JOBエージェント本文上部下部

ゲーム業界で重要視されるビジネススキルとして、マネジメント能力が挙げられます。プロジェクトマネージャーやゲームディレクター等、開発を率いる為の必須能力ですが、マネジメント能力は個々人でも意識する事が必要なスキルです。
本記事では、プロジェクトマネジメント能力の重要性と具体的な職種、役に立つ資格について解説します。

ゲーム業界におけるプロジェクトマネジメント能力とは?

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトを円滑に進めるために必要となるスキルおよびマインドです。ゲーム開発は基本的にプロジェクト毎に進行する場合がほとんどのため、企画を基に納期、メンバーの管理、社外交渉や目標達成のための計画立案など、開発全体をまとめていく重要なスキルです。
具体的には、
・何か問題が発生した時の課題解決力
・円滑にスケジュールを進めていく進行管理力
・納期ずれやまき直しといった、開発における諸問題への調整力
といった力が必要とされ、社内外交渉におけるコミュニケーション力や、ゲーム開発における専門知識を持っている事が望ましいとされており、携わる領域は多岐に渡ります。

ゲーム業界の主なマネジメント職種

では、実際にゲーム開発の現場でマネジメントに携わる事になる職種について下記に解説します。

PM(プロジェクトマネージャー)

一番イメージしやすい職種がPMです。その名の通りプロジェクト全体の責任を持つ職種であり、ゲーム開発に限らずサービスを展開する会社における花形とも言えます。
主な仕事内容としては、ゲーム開発環境とスケジュールを円滑に進めるためのマネジメント業務です。
例えば、メンバーの進捗確認、各部署スタッフの人員配置を最適にする、働きやすい環境作りのための整備といった内容になっています。実際のスケジュール管理時には、ゲーム全体統括であるプロデューサーと、現場監督のディレクターと共にすり合わせていく事が多いです。

プランナー

ゲームプランナーとは、新作のゲームを作る際に企画書や仕様書を作成し、 ゲームの基本構成を考える仕事です。
一見、企画力が重要視されがちなプランナーですが、各クリエイティブ職種との連携を基にした企画、そしてチーム全体のKPI設計といった業務に携わる事も多いため、ゲームプランナーにもマネジメントスキルは必須になります。

ディレクター

PMが全体の進行管理や環境整備をするのに対し、ゲーム開発現場の現場監督を担当するのがゲームディレクターの仕事です。
企画から完成、完成後の運用、リリース後のクオリティチェックといった業務が発生し、スタッフに対する適切な指示出しや、トラブル時の柔軟な対応力など、チームを率いるうえでマネジメント能力が必要になります。PMに比べるとより専門的な技術知識を求められることも特徴です。

ゲーム業界に就職するためのマネジメント能力のアピール方法

ここでは実際に就職活動をする際に、マネジメント能力をアピールする方法について解説します。

PDCA能力

PDCA能力とは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)の頭文字を取った言葉です。
ここまでの内容で、マネジメント=リーダーという印象を持つ人もいるかもしれませんが、マネジメント能力はチームをまとめる事だけでなく個人にも当てはまります。
今の現場で、課題に対してどんな仮説を立てて改善してきたか?という内容をアピールする事で、課題解決力や調整力を強調することが出来ます。

具体的な数値を基に実績をアピールする

マネージャーは基本的に、スケジュール/予算/各工数と、具体的な数値を基に意思決定するケースがほとんどです。
”売上を〇〇円アップするために、〇日のスケジュールを基に、〇%の目標を達成”
といったように、具体的な自分の成果や業務内容を数字で伝える事で、プロジェクトを進めるうえで根拠を持った施策の立案と実行が出来る人材として評価されます。

マネージャーとしての志を伝える

当たり前のことかもしれませんが、自分がマネジメントにおいて大切に思っている事や心掛けている事についてしっかり伝える事は非常に重要です。
個人の目標やチーム目標に対してどのように達成してきたか?→その過程で何を学んだか?→学んだ事を通してどう活かしていきたいか?という順でまとめる事で、よりマネージャーとしての適性を面接官にアピールする事が出来ます。

ゲーム業界のマネジメント能力向上に役立つ資格

マネジメント業務において特別な資格などはありませんが、あるべき姿や概要、具体的な業務はどのようなものがあるかという点を資格を通して学ぶことが出来ます。

ビジネスマネジャー検定

ビジネスマネジャー検定とは、東京商工会議所が主催する民間資格です。企業の中間管理職向けの資格として設けられており、部下とのコミュニケーションや組織管理運営といった内容を学ぶことが出来ます。
難易度別の等級などは特になく、マネジメント業務において比較的基本的な内容になっているため、合格率は例年50%以上と高くなっています。
実施は6月と11月の年2回、全国の主要都市で行われ受験資格は特にありません。
受験料は6,600円(税込)で、試験はマークシート形式で行われます。公式テキストと問題集を通して合格を目指しましょう。

プロジェクトマネージャー試験

プロジェクトマネージャー試験は、IPA(情報処理推進機構)が実施している、国家資格の一つです。プロジェクトの責任者として現場を統括し、計画、実行、管理する人を対象としています。プロジェクトマネージャーとして必要な、予算・スケジュール・品質管理などに関する知識への理解を深めることを目的としており、合格すると中小企業診断士や弁理士試験といった国家資格の一部科目が免除になる資格です。

試験は4部構成になっており、午前Ⅰ・Ⅱは、多肢選択式、午後Ⅰは記述式、午後Ⅱは論述式で出題されます。特に午前の試験は100点満点中60点というボーダーラインを突破しないと午後の試験を受けることが出来ず、合格率は例年15%程度と難易度の高い資格です。

 

試験は例年10月の第2日曜日に年1回実施され、受験資格は無し、受講料は7,500円(税込)となっています。
公式テキストやプロジェクトマネージャー試験の専門サイト、動画学習などを用いて学習していきましょう。

まとめ

ゲーム業界におけるプロジェクトマネジメントについて、職種やスキルについて解説しました。専門技術が必要となるゲーム業界ですが、開発全体をまとめるための職種は必要不可欠であり、例え該当職種でなくとも個人間でのマネジメントの重要性は高まっていきます。
本記事をきっかけに、マネジメントに対する知見やスキルを高めていきましょう。

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須氏名 必須
    必須生年月日 必須
    必須都道府県 必須
    必須電話番号 必須
    必須メールアドレス 必須
    必須ゲーム業界での業務経験 必須経験あり経験なし
    必須経験職種1 必須
    任意経験職種2 任意
    任意経験職種3 任意

    G-JOBエージェント本文上部下部