社員1人1人の仕事と健康を支える、ココネ株式会社の取り組みをご紹介!!


ココネ株式会社は、『ポケコロ』『猫のニャッホ』『センシル』など、「飾って楽しむソーシャルサービス」や「飾る要素を持つゲーム」を展開しており、1,500万人以上の多くの女性たちから支持されています。

 

ココネでは社員が働きやすい環境を整備するため、様々な取り組みやイベントを行っており、2018年から2020年まで3年連続で日本における”働きがいのある会社”ランキングのベストカンパニーにも選出されています。

今回はカルチャー改善チームの中澤亜弥氏(写真右)、櫻井あすか氏(写真左)にココネ社内の取り組みについて伺いました!

 

※役職や記事の内容は、インタビュー当日、2020年2月7日現在のものとなります。

 

 

 

●より良いココネにするために!カルチャーのことだけを考える「カルチャ改善」チーム

 

――まずはカルチャ改善チームの設立経緯を教えてください。

 

中澤

 

ココネは2020年に12年目を迎える会社です。

これまで10年以上、「いい会社からいいサービスは生まれる」という思想を持って、社内の文化を大事に育ててきました。

11年目以降は、社会に貢献するため「優しさ」だけではなく「強さ」も備えようといった方針を立てました。

 

また、500人規模の企業となり、規模に合わせて文化も変えていかなければならない時期を迎えました。

ココネらしさの根幹となる企業文化をいまの体制に合わせ、もう一度根付かせようという活動をしているのが、カルチャー改善チームです。

 

櫻井

 

カルチャー改善チームは中澤と私の2名で構成されていて、このチームに入る前はどちらもデザイナーとして業務をしていました。

いまはデザインの仕事はせずに、会社のカルチャーのことだけを考えています。

 

我々のような人事経験もない社員が、人事部署とは別のアプローチで会社のことや働く人のこと、働き方のことを専任で考えるチームがあるというのは、とても珍しいと思います。

 

労働側でも経営側でもないあえて中立の立場から、ココネをより良い会社にする役割を担っています。

 

――おふたりの自己紹介をお願いします。

 

中澤

 

私はゲーム業界のデザイナーとしてずっと働いていたのですが、ある時、ゲームを作るのに疲れてしまった時期がありました。

当時ココネは語学サービスを中心とした事業をしていたので、そこでデザインの力を活かせると思い入社しました。

 

入社後、デザイナーとして語学サービスの制作に携わっていましたが、いつの間にかアプリのデザインに関わっていました(笑)。

昨年までは『ハロースイートデイズ』のデザイン担当でした。

 

カルチャー改善チームは、会社のカルチャーを維持し、発展させる部署が必要ということで、昨年末に作られたばかりのチームです。

 

櫻井

 

私は元々営業職をしていました。

結婚と出産を機に仕事を辞めていたのですが、子供が保育園に上がるくらいにアルバイトを始めました。

 

それまでは営業経験しかなかったんですが、実は以前からデザイン系の仕事がしたかったんです。

だからアルバイトでいくつかデザインの仕事を経験して、その後ココネに出会うことになりました。

 

デザインの会社でママが仕事をしている、というのはそれまで聞いたことがなかったのですが、面接の時に「ココネではママが活躍してますよ」と面接官が教えてくれて。

ここでぜひ仕事をしたいと考え、入社しました。

 

入社後は『ポケコロ』のアイテムデザインや、『ハロースイートデイズ』のデザインを中澤と一緒にやって、いまにいたります。

 

 

――カルチャ改善チームでは、どのような仕事をしているのでしょうか?

 

中澤

 

ざっくり説明すると、メンバー個人が困っていることや考えていることをヒアリングして、会社にもう少し良い働き方ができないか、良い制度に変えられないかを提案するのが仕事です。

 

――ヒアリング件数はどのくらいなのでしょう。

 

中澤

 

まだチームができてから2ヶ月なのですが、東京本社にいる社員300人中100人以上からヒアリングをしました。

ポジションとしては中立、会社と社員の間に立つ、第三者機関みたいなものですね。

 

櫻井

 

どちらかの味方になる訳ではないです。

社員の問題や意見を吸い上げて経営陣に持って行くし、会社側から社員に発信したいけど伝わっていないことがあれば、それを伝えていくという橋渡しをしています。

 

関連記事一覧