5Gの登場によりさらなる飛躍を遂げる AR・XR。現代アート体験を革新するau5Gのアプリ「AR×ART」をMawariが開発。

G-JOBエージェント本文上部下部

 

AR・XRインタラクティブ体験の未来を見据え、先進的かつグローバルなサービスを提供する株式会社Mawari(本社:東京都渋谷区、代表取締役:Luis Oscar Ramirez Solorzano)は、KDDI株式会社が11月24日(火)に発表した現代アート作品をau5Gと最新のAR技術を駆使し体験できるiOS向けアプリ「AR×ART」の開発を担いました。

 

「AR×ART」は、ARとアートを融合させた新たな表現方法を確立し、ニューノーマル時代の芸術体験を構築。同時に全てのアーティストの活動領域を拡大し、アートのさらなる可能性を見出します。

 

 

Mawariはコンテンツやソフトの制作にとどまることなく、テクノロジーカンパニーとしてXRストリーミングとXRアナリティクスを主軸に置き、XRのコアテクノロジーを世界へと提供してきたXRシーンのリーダーです。
その独自の技術はアート、音楽、ゲーム、エンターテインメント、マーケティングなど様々な分野で展開し、5Gがもたらす未来の可能性を提示してきました。
 

また、数多く5G事業に関わることで得た知見を活かし、日々進化するテクノロジーを社会へと還元。
現在は、これまで誰もなし得ていない新たなプロジェクトも進行中です。
Mawari の未来、AR・XRの未来にぜひご期待ください。

 

現代アート体験を革新するARアプリ「AR×ART」とは

KDDI が有望なスタートアップへの出資を目的とした「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じ、アートのコミュニケーションプラットフォーム「ArtSticker」の運営やミュージアム事業を展開する株式会社The Chain Museumに出資し、The Chain Museumとともに5GやXRなどの最先端技術で新たな文化芸術体験のDXを推進するプロジェクト「augART(オーグアート)」。
その延長線上の取り組みとして、au5Gと最新のAR技術で現代アートに新体験をもたらすことを目指すアプリが「AR×ART」。

 

 

その第一弾「AR×ART KOHEI NAWA」(11月24日(火)提供予定)は、世界的彫刻家・名和晃平氏とコラボ。AR技術に加えて、iPad Proシリーズに加えてiPhone12 ProおよびiPhone12 Pro MaxよりiPhoneに搭載された先進のLiDARスキャナ、さらにはIndoor Mappingといった先進技術を活用し、眼前のあらゆるものをリアルタイムに名和氏の代表作「PixCell」化させる「PixCell_AR」(2020年12月以降提供予定)をはじめ、AR化されたコレクションをさまざまな現実空間に配置して一望できる「AR×ART COLLECTION」、神獣「White Deer」を探すアートの旅へと誘う「White Deer_AR」という3つのコンテンツで、かつてないアートエクスヘ゜リエンスを提供します。

「AR×ART KOHEI NAWA」概要

提供開始日:11月24日(火)
詳細は、「AR×ART KOHEI NAWA」特設サイトをご確認ください。

 

 

Mawariプロジェクト実績

5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯

2020年9月29日~2020年10月25日、東京国立博物館 法隆寺宝物館(上野公園)にて開催された企画展「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」において、最新の5Gおよびサーバーシステム(MEC)とAR技術、最新ARグラス「NrealLight」を通じて国宝『聖徳太子絵伝』の魅力の新たな鑑賞体験を提供。

サッポロ 黒ラベル「20歳の自分へ」AR広告

スマートフォンのARカメラ機能(webAR)で商品や東京・渋谷に掲示された広告の特定のアイコンを読み取ると著名人のメッセージが目の前に浮かび上がるARを活用した広告を制作。
ブランドの浸透とともに消費者がいかに反応したかマーケティング分析も同時に敢行。(2020年1月実施)

株式会社Mawari プロフィール

2017年、東京・渋谷にて設立。“XRストリーミングSDK”、“XRアナリティクススイート”の大きく2つのミッションを掲げ、大規模なXRインタラクティブコンテンツ配信の簡素化やインタラクティブXR体験のためのクラウドレンダリングとストリーミング技術で大きな成果を残すAR・XR事業のパイオニア。
Mawariで生み出されたテクノロジーの数々は配信のボトルネックを克服するとともに、開発者の参入障壁を取り除き、XRコンテンツ展開の拡大に寄与してきた。
主な取引先はKDDI株式会社、株式会社アドウェイズ、AFK(オーストラリア)など。

 

お問い合わせ先
株式会社Mawari
住所:東京都渋谷区南平台町12-13-719号
メールアドレス:konnichiwa@mawari.co.jp

 

提供元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000070300.html

 

G-JOBエージェント本文上部下部