AdjustとFacebookの最新調査レポート:アプリの成長が著しいトップカテゴリーはゲームとエンターテイメント

G-JOBエージェント本文上部下部

 

グローバルに展開するB2B SaaS企業であるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長 兼 共同創業者:ポール H. ミュラー、日本ゼネラルマネージャー:佐々直紀)はFacebookとの共同(※)で、2020年におけるアプリの成長と継続率に注目し最新トレンドを読み解く「モバイルアプリグロースレポート」をリリースしました。
本レポートでは、Adjust独自の成長スコアを使用してグロースマップを作成し、最も成長する可能性の高い市場を明らかにしました。
それにより、アジア太平洋地域(APAC)、中東・北アフリカ地域(MENA)、南ア
メリカにおける急成長や、アプリ経済の驚異的な回復力が明らかとなりました。
また、世界で最も急成長しているアプリカテゴリーはゲームで、アルゼンチンなどで大きく伸びを示しています。
地域別では、インドが最も成長していることが分かりました。

 

 

 

2020年に大きく成長したカテゴリーと地域は以下のとおりです。

ゲームはNo.1急成長カテゴリー

2019年に引き続き、2020年もゲームはトップのカテゴリーとなりました。
この成長を可能にしているのは、シンプルかつプレイヤーが満足感を得られるメカニクスで構築されたハイパーカジュアルゲームのようなビジネスモデルの成長が原因だと考えられます。

中南米とメキシコでゲームアプリが急成長

ラテンアメリカではモバイルのアクセシビリティの向上と都市人口の増加により、ゲームアプリが急激に成長しました。
ゲームカテゴリーが成長した上位5ヶ国のうち3カ国がラテンアメリカで、トップはアルゼンチン、その次にベトナム、ブラジル、中国、メキシコという結果でした。

インドはNo.1急成長地域

最も早いアプリ成長を遂げている地域は、これまでにない速度でモバイルが普及しているインドです。
トップカテゴリーは教育アプリで、ストリーミング・OTTメディアの台頭により競争が激化するエンターテイメントアプリも今後注目が必要です。

エンターテイメントアプリも急成長

このカテゴリーの成長に貢献した注目すべきトレンドは、サブスクリプション型ビジネルモデルです。
Apptopiaのデータを使用したAdjustの調査によると、Google Play ストアの上位225のアプリの約80%、およびApp Storeの上位225のアプリの約50%は、サブスクリプション型のアプリでした。

 

Eコマースカテゴリーでは韓国とベトナムが急成長

モバイルファーストコマースにおいて最も成長の早い市場は韓国で、次にベトナムが続く結果となりました。
特にベトナムは、新興市場であるとともにショッピングにとても熱心なため、国内のアプリは大きな成長の可能性を秘めています。
中国、エジプト、コロンビアでもEコマースの成長が高まっています。

 

 

これらのインサイトを活用することで、マーケターはアプリの成長が最も見込める市場に対する効果的な戦略を構築できます。
さらに重要なのは、高度にターゲティングされ、パーソナル化されたカスタマーエクスペリエンスが提供可能だということです。

 

Adjust COO アンドレイ・カザコフ

モバイルマーケターがターゲットとするユーザーを、適切な地域でかつ適切なポイントにおいて特定するには、明確なロードマップが今まで以上に必要です。
Adjustのデータをユーザーの好みや行動に関するFacebookのインサイトと組み合わせることで、マーケターは最も高い価値をもたらすユーザーをターゲティングし、継続率を向上できるようになります。

Adjust 日本ゼネラルマネージャー 佐々 直紀

日本のアプリ市場は中国と米国に続いて3番目に消費者支出の多い、世界でも有数のマーケットですが、既に成熟しており今後急成長することは難しく国内での競争は激化する一方です。
このレポートを海外展開を考えるための参考にしていただければ幸いです。
また、アプリマーケターに必要となるのが顧客生涯価値の高い良質なユーザーを増やすための的確なマーケティング戦略です。
世界でも有数のユーザーを持つFacebookとAdjustを併用することで、効果的なキャンペーンを展開していただけます。

 

Facebook 中華圏&ゲーム部門 マーケティングサイエンスディレクター ブライアン・ワン

モバイルアプリのビジネスは実にグローバルです。
参入するのは比較的容易ですが、市場とユーザーを深く理解していないと失敗しやすいビジネスでもあります。
「モバイルアプリグロースレポート」の調査データやインサイトは、アプリ広告主が新たな市場に参入し、成功する施策を効果的に行うための参考になります。

 

調査方法

AdjustとFacebookの共同調査による「モバイルアプリグロースレポート」は、2019年と2020年にApp StoreとGoogle Playストアでリリースされた25,000のアプリデータを基にし、全世界と12のカテゴリーを対象にアプリのパフォーマンスを分析したものです。
アプリの成長の度合いを明らかにする「成長スコア」は、Adjustのデータセットに含まれるカテゴリー別と国別の月間インストール数の合計を、月間アクティブユーザー数(MAU)で割って算出されています。
※データはすべてAdjustのプラットフォームからのみ取得したものです。
Facebookのデータは本レポートでは使用していません。

 

adjust株式会社 会社概要

Adjustは、グローバルに展開するB2B SaaS企業です。モバイルエコノミーの中心で創設され、テクノロジーへの情熱により大きな成長を遂げたAdjustは、全世界で16のオフィスを構えています。
Adjustのプラットフォームは、モバイル計測、不正防止、サイバーセキュリティ、そしてマーケティングオートメーションソリューションを提供しています。
マーケティング活動をよりシンプルでスマート、さらに安全なものにすることで、データ主導のマーケターが世界で最も成功した事業を推進できるよう支援します。
AdjustはFacebook、Twitter、Google、LINE、Snap、Tencentの正式マーケティングパートナーになっており、国内外の主要広告ネットワークパートナーとも連携済みです。
ヤフー、楽天、リクルート、LINE、グリー、ディー・エヌ・エー、メルカリなど国内600社以上のトップパブリッシャーを始め、Procter & Gamble、Tencent Gamesといったグローバルブランドを含む50,000以上のアプリが、Adjustのソリューションを実装してそのパフォーマンス向上を図っています。
2019年6月には、ヨーロッパで過去最大となる資金調達ラウンドの1つを獲得し、2億2,700万ドルを調達しました。
Adjustは、日本においてアプリ計測プラットフォームとして最大のシェアを占めており、東京オフィスは 2014 年 11 月にPresident APAC のショーン・ボナムにより設立され、ゼネラルマネージャーの佐々 直紀を筆頭に、30名以上の営業・カスタマー サポート・マーケティング担当者が日本市場で徹底したサポートを提供しています。

 

公式Facebook

 

提供元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000084.000011908.html

 

G-JOBエージェント本文上部下部