らくがきARがドイツの「 iF DESIGN AWARD 2021」を受賞!Product部門、Communication部門の2カテゴリーにて

G-JOBエージェント本文上部下部

 

クリエイティブ・スタジオ Whatever Inc. (ワットエバー/CEO:富永 勇亮/本社:東京・港区)が自社で企画・開発した、自分が描いたらくがきに命を吹き込むことができるARアプリ「らくがきAR(RakugakiAR)」は、国際的に権威のある「 iF DESIGN AWARD 2021」のProduct部門、Communication部門、2つのカテゴリーで受賞いたしました。
iF DESIGN AWARD は、ドイツを本拠地とした世界で最も長い歴史を持つデザイン団体 iF International Forum Designが毎年行っている、世界3大デザインアワードの1つです。

 

 

 

らくがきAR 概要

「らくがきAR」は、みんなが思い描いていた「じぶんの描いたものに命を吹き込めたら…」という想いを具現化させたアプリです。
ノートやホワイトボード、どこに描いたらくがきでも、このアプリでスキャンすると命が吹き込まれ、スマートフォンや iPad等を通してバーチャル空間を歩きだします。
命が吹き込まれたらくがき達には、ご飯をあげたり、つっついたりと、ちょっかいを出すこともできます。

 

2020年8月1日(土)にiOS版を先行リリースし、配信開始5日で46万ダウンロードを達成。
著名な漫画家・イラストレーターの方々に紹介いただいたことでTwitterのトレンド入り(6位)を果たし、世界8ヵ国(日本・中国・韓国・台湾・香港・シンガポール・タイ・インドネシア)の有料App 総合ランキングでも1位を獲得。
国内外50以上のWebメディア、複数のテレビ番組で紹介いただき、App Storeにて2020年最もダウンロードされた有料Appランキング1位を獲得しました。

 

 

 

らくがきAR(らくがきエーアール) アプリ詳細

価格:120円
対応機種:iOS12.0以上、Android OS 8.0以降
※機種によりご利用いただけない場合がございます。

 

 

iFデザインアワード 概要

iFデザインアワードは、67年にわたり国際的に権威のあるデザインアワードのひとつとして、またiFロゴは優れたデザインの証として広く認知されています。
この賞は、製品、パッケージング、コミュニケーション、サービスデザイン、アーキテクチャ、インテリア/インテリア、プロフェッショナルコンセプト、ユーザーエクスペリエンス (UX)、ユーザーインターフェイス (UI)の9つの分野で構成されています。

 

 

開発者 宗佳広による制作背景エピソード

らくがきARは、私が代表を務める株式会社ココノヱが、Whatever合流以前より約10年にわたり生み出してきた“らくがきコンテンツ”の1つです。
ココノヱはこれまで、「撃墜王ゲーム(2011年)」「らくがき水族館(2012年)」「召喚!らくがきモンスターズ(2015年)」など、数々のらくがきコンテンツを作り続けてきました。
らくがきARも、2017年頃にはプロトタイプが完成していたのです。

 

では、なぜ今、プロダクトとして配信していくことになったのか?
そのきっかけとなったのが、「デジタルえほんアワード」でグランプリを頂いたこと、そして新型コロナウイルスによって子供たちのワクワクが制限されてしまったこと、です。

 

実は私は、新卒でゲーム会社を受けて、全て落ちたという経験があります。
そんな背景もあってか、ココノヱを設立し、Web制作会社としてスタートしたはずが、いつのまにかゲームやインスタレーションといった体験型コンテンツを多く手掛ける会社になっていたりもしています。
これまでの自分の歩いてきた道を振り返ってみると、ずっと根底にある「ワクワクするモノを作りたい」という想いのまま、モノづくりをしてきたと思っています。

 

そんな想いと共に仲間たちと開発したらくがきARは、私たちの想像を越えて子供から大人まで世界中の方々に遊んで頂きました。
沢山の嬉しさと、ワクワクと、少しだけ涙をもらいました。
こんなにも多くの方に届くことは、これからの人生で二度経験できるものではないと思っています。

 

らくがきARの旅路は、一旦ここで終了です。
ですが、これからも今までと同じようにらくがきコンテンツを作り続けていきたいと思っています。
今後も、私たちが生み出すコンテンツを楽しみにしてくれたら嬉しいです。

 

最後になりますが、この度は「デジタルえほんアワード」「文化庁メディア芸術祭」に続いて、大変名誉ある賞を頂き、ありがとうございました。

 

 

Whatever 概要

Whateverは、東京、ニューヨーク、台北、ベルリンを拠点として活動しているクリエイティブ・スタジオ。
広告、イベント、テレビ番組の企画・制作、サービス・商品開発など、旧来の枠にとらわれないジャンルレスなクリエイティブ課題に対して、世界的に評価されている企画力・クラフト力を持つメンバーと、最新の技術を駆使した開発を実行できるメンバーが共同で携わることで、「世界の誰も見たことがないけれど、世界の誰もが共感できる」ようなアイデアを作り続けています。

 

所在地(東京オフィス): 東京都港区六本木7-2-8 WHEREVER 7F
Webサイト
Instagram
Twitter
Facebook

 

提供元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000040758.html

 

関連記事

 

G-JOBエージェント本文上部下部