エンタメ専門学校の完全体”東京クールジャパン”の進化する教育・就職についてインタビュー!!


専門学校 東京クールジャパンは、ゲーム・アニメ・声優・サウンド・eスポーツと、エンタメ分野を網羅する専門学校です。

入学前から授業を受けられるAO2.5や、就職応援イベントの業界EXPOなど、学習・就職に対する手厚いサポートが受けられます。

今回は、最新の専門学校の取り組みについて、広報リーダーである木内俊文氏にお話を伺いました!

 

●高校在学時から専門的な勉強を始めるAO2.5

 

――まずは木内さんの自己紹介をお願いします。

 

本校は東京クールジャパンという名前になる前は、東京ネットウエイブという名前でした。

僕はここの卒業生で、映像の制作を学ぶ学科に通い、電通の子会社に就職しました。

 

就職先ではCM制作のADとして働いたり、TV番組制作の会社で働いたり。

その後は、6年間はお笑い芸人をやっていました(笑)。

30歳になったタイミングで、専門学校時代の恩師から「手伝って欲しい」という連絡があり、東京ネットウエイブに戻って来ました。

 

その頃、ちょうど東京ネットウエイブがゲームとアニメに特化した専門学校に変わるタイミングでしたので、入社当初はゲーム総合学科の学科長に就任しました。

 

そして、後に東京デザイナー学院のゲームクリエイター科、アニメーション科とも統合。

ゲームとアニメの学校ということで声優も必要だろうと、姉妹校の東京ビジュアルアーツから声優学科が統合し、いまの形になりました。

 

2019年4月からはアニメ総合学科から声優学科が独立し、この時に、東京クールジャパンという名称に変更になりました。

新しい学校名なので、聞きなれない方も多いかもしれませんが、歴史自体は長い学校です。

 

――学校の特長を教えて下さい。

 

他の学校と大きく違う点は、AO入学者に向けてAO2.5教育制度を設けているところです。

 

2年制の本校では、4月に入学して8ヶ月後の12月には就職活動が始まってしまいます。

その短い期間でより充実した勉強ができるように、従来の入試より早く合否結果が出るAO入学を選択した方々に対して、入学前から専門的な勉強をスタートできるようにしています。

 

具体的には、東京クールジャパンに入学すると決めて6月以降AOエントリーをされた方を対象に、高校3年生の6月から翌年の2月まで、月1~2回の頻度で授業を行っています。

 

本校が2年制の学校なので、学びの期間が入学してからの2年間プラス入学前の半年を併せてAO2.5教育制度と表現しています。

 

――ワークショップみたいなイメージでしょうか?

 

そうです、しかもこの入学前の授業についての追加費用はありません。

 

学校で勉強するよりゲームをしたり、アニメを見たりする方が好き、といった学生の方は、早くから進路を決めていて、興味のある分野に意欲的な方が多く、AO2.5の授業への出席率に関しては70~80%もあります。

 

早く進路を決めた方ほど、AO2.5の授業にたくさん参加でき、専門的な勉強した状態で入学できるため、本校では入学を希望する学生の8割が、AO入学を選んでいます。

 

 

AO2.5は、勉強のスタートが早いというメリットがもちろんありますが、入学時にもう仲間ができているというのも大きいですね。

 

入学直後は初めての学校、初めて勉強すること、初めて合う人と、初めてばかりなので慣れるまで時間がかるのですが、それがないのでスムーズに授業に入れます。

入学式の会場に茨城と千葉と栃木の子が待ち合わせて入って来るような光景も、毎年見られます。

 

 

――地方の生徒の方もAO2.5に参加できるのでしょうか。

 

関東の一都六県+αにお住いの方々に関しては、それぞれの中央駅から本校まで、無料送迎バスを出しています。

一方で、関東以外の地方の方は、交通費の関係でAO2.5の授業に参加したくても参加できない生徒の方もいます。

 

そういった方には、レポート課題を用意しています。

レポート課題を取り組むことで、何を学んだら良いのか、入学までにどんなことを勉強するべきなのかが、わかるようになっています。

 

――地方の皆さんには、別のフォローアップが用意されているのですね。

  実際のAO入学の試験はどういった内容なのでしょうか?

 

学科長と希望する専攻の担任の面接だけです。

 

そんな厳しい面接ではなくて、ゲーム総合学科希望の方ならどのゲームが好きなのか、何故そのゲームが好きなのか、そういった興味・関心の部分を噛み砕いて教えてもらいます。

また、将来どんなゲームやアニメを制作したいかといった夢も語ってもらいます。

 

――他にAO入学の特徴はありますでしょうか。

 

AO入学を決めた方だけが受けられる、AO特待生試験(※受験資格あり)があります。

 

クリエイターテストといって、ゲームやアニメなど学科に合わせたジャンルの試験を受けてもらい、結果に応じて最大で1年間の授業料が免除されます。

高校で勉強した内容は無く、好きなジャンルの知識を問われる問題と、好きなタイトルに関して自由記述する試験です。

 

6月からAOエントリーが始まって、AO入学の出願が9月1日からスタートします。

AO特待生試験を希望する方は、AO2.5の授業を受けつつ、出願後の2回あるAO特待生試験に挑みます。

 

ちなみにオープンキャンパスに参加すれば出願料も免除です。

 

――入学を希望する方の中には留学生も多いのではないでしょうか。

 

ゲーム・アニメは世界で人気の分野ですので本校では20各国の留学生が集まっております。

2020年4月入学者については、全体の入学者数が増えていますが、割合自体は変わっていません。

 

本校で一番人気の専攻は、ゲーム総合学科のゲームプログラマー専攻ですね。

他にもゲームグラフィックデザイナー専攻が人気で、留学生が多いのはこの専攻ですね。

アニメ総合学科では3DCG・VFX専攻が人気です。

 

プログラマーが人気なのは、これまでの義務教育や高校の授業でプログラミングに触れる機会が増えたことで、これまで漠然としていて正体不明のものだったプログラミングが、身近で理解できるものになってきているからだと、僕は感じています。