ゲームを通して感動や幸せを生み出し、働いているメンバーのワクワクを創出するアカツキ福岡の働き方を聞く


株式会社アカツキ福岡は、東京に本社を置く株式会社アカツキの子会社として、アカツキが提供するモバイルゲームのQA(QualityAssurance:品質検証)・CX(Cutomer Experience:顧客体験価値)・ゲーム運営を担うための拠点として設立され、今年で設立3年目を迎えます。

 

品質のレベルに妥協せず、お客さま一人一人に向き合い心を動かすことを大事にして挑戦し続けるアカツキ福岡のCXとQAが、どのようにお客さまやプロダクトに貢献していくのか、そしてこの2つのチームの重要性について、代表取締役の安納達弥氏、QAチーム・プロジェクトリーダーの川上誠二氏、CXチーム・プロジェクトリーダーの近見優斗氏にお話を伺いました。

 

※役職や記事の内容は、インタビュー当日、2020年6月18日現在のものとなります。

 

代表取締役 安納氏

 

QAチーム・プロジェクトリーダー 川上氏

 

CXチーム・プロジェクトリーダー 近見氏

 

――まずは、みなさまの略歴についてお聞かせください

 

安納

 

私は東京にある株式会社アカツキのゲーム事業本部の中にあるCAPS(Customer And Product Satisfaction)チームのGMという役割を担いつつ、株式会社アカツキ福岡の代表取締役という2つの役割を担っています。

 

川上

 

2017年にアカツキ福岡に入社しました。
QAとして、プレイヤー兼福岡のリーダーをおよそ2年担い、その後、アカツキ福岡でQAの統括をしています。

 

QAの業務では、ゲームのリリースも体験し、お客さまが楽しんでもらえることを目標に、プランナー、エンジニア、QAチーム全員が一丸となり、製品を作り出していました。

 

その経験から、いいゲームを作るために必要なこととして、一人一人の力も大事ですが、チームの垣根を越えて、他職種のメンバーとも協力し、お互いにフォローし合える関係性から、一緒に課題に向き合うことが必要だと感じました。

 

この経験を活かし、アカツキ福岡では、さらにお客さまが安心して、楽しめるゲームがどういったものなのか、そして、私たちがそのために何を成すべきかを追求し、アカツキ福岡からゲームの品質を高められる価値をみんなで創出できるように、日々努めています。

 

近見

 

アカツキへ2016年8月にアルバイトとして入社して、その後2018年に正社員になりました。
ゲームのCS(Customer support:カスタマーサポート)として、いくつかのタイトルを経て、新規タイトルのCSチームの立ち上げも経験しました。

 

アカツキ福岡では、拠点が動き始めたタイミングから、CSのチーム作りに携わりました。
アカツキでのお客様対応は、問い合わせに対して返信する従来のCS(カスタマーサポート)という考え方から、よりお客様の感動体験をどう作っていくかというCX(Customer Experience)に考え方が移り変わってきて、アカツキ福岡での役割も今では、CXという領域でよりお客様に向き合いながら、どのような体験を作り出すことができるかを考えながら、プロジェクトリーダーとして組織づくりや、事業の推進をしています。

 

――アカツキ福岡は、東京にある株式会社アカツキとは別の会社ということですが、会社概要について詳しくお聞かせいただけますか?

 

安納

 

アカツキ福岡は、当初は東京本社の中に存在しているCAPS事業(※1)の福岡拠点としてスタートしましたが、後に法人として独立し、株式会社アカツキ福岡が誕生しました。

現在、アカツキ福岡の拠点では、東京本社でのゲーム開発運営事業と連動し、リリースするゲームの仕組みや施策が正しく動くかどうかをチェックする動作検証の役割をにないつつ、リリースされた製品についてのお問い合わせ対応という役割を通じてお客様に最高の感動体験を届けています。

 

※1: CAPS事業

顧客とプロダクトの満足度最大化を追求することをミッションとして、アカツキの製品の品質の維持を司る役割と、アカツキ製品に対するお客様対応を元にお客様への最高の感動体験を創出する役割を持っているチームです。チーム名であるCAPSの名称は「Customer And Product Satisfaction」の頭文字を取ったものです。