「夢王国と眠れる100人の王子様」運営のジークレストによる新たな挑戦!夢100の魅力と、夢世界シリーズ最新作「夢職人と忘れじの黒い妖精」についても聞いてみました!

G-JOBエージェント本文上部下部

 

大ヒット女性向けスマートフォンゲーム、『夢王国と眠れる100人の王子様』を運営する株式会社ジークレスト。夢世界シリーズの第1作目である同作は、2015年3月のサービス開始以来ダウンロード数を伸ばし、全世界1200万ダウンロードを突破。アニメ化や舞台化といったメディアミックスも行っています。
そんなジークレストより、夢世界シリーズ最新作『夢職人と忘れじの黒い妖精』のリリースが決定!今回は「夢世界シリーズ」プロデューサーの礎様、コンテンツプロデューサーを務めるM様、プロデューサーH様に、『夢王国と眠れる100人の王子様』の開発秘話や、新作『夢職人と忘れじの黒い妖精』の情報についてお話をお伺いしました!

今回のインタビューに参加頂いた皆様

礎 考宏
ジークレスト取締役 兼「夢世界シリーズ」プロデューサー。
サイバーエージェントグループ内のゲーム関連企業から、2017年より株式会社ジークレストに異動。『夢王国と眠れる100人の王子様』のプロデューサーなどを経て、現在は夢世界シリーズ全体のプロデュースをご担当。

 

M
新作「夢職人と忘れじの黒い妖精」コンテンツプロデューサー。
『夢王国と眠れる100人の王子様』の立ち上げをご担当。同ゲームリリースから運営に携わっており、現在は新作『夢職人と忘れじの黒い妖精』のコンテンツプロデューサーとして企画・クリエイティブをご担当。

 

H
「夢王国と眠れる100人の王子様」プロデューサー。
3年ほど前より『夢王国と100人の眠れる王子様』に携わり、現在は夢100全体のプロデュース業務をご担当。

-世界を虜にするキャラクターコンテンツを作る-株式会社ジークレスト

礎 考宏
ジークレストは、女性向けパズルRPG『夢王国と眠れる100人の王子様』を始めとしたゲームコンテンツやHIPHOPメディアミックスプロジェクト「Paradox Live」といったIPを開発・運営しており、2003年の創業以来、様々なゲームやエンターテインメントコンテンツを世の中に提供してきました。
少し前までは「女子ゲーNo.1」というミッションでしたが、現在は「世界を虜にするキャラクターコンテンツをつくる」をミッションに事業を展開しており、ゲーム開発だけでなく、アニメ、舞台、音楽といったメディアミックス展開を通したIP開発も行っています。

国内にとどまらずグローバル展開を積極的に進め、世界に発信できるようなオリジナルIP開発に注力している会社です。

 


ジークレスト取締役 兼「夢世界シリーズ」プロデューサー
礎 考宏様

全世界1200万ダウンロードを突破!『夢王国と眠れる100人の王子様』

・まずはゲームのあらすじや概要を教えて下さい。
H
『夢王国と眠れる100人の王子様』(以下、『夢100』)は、“夢の力”を糧に人々が生きる夢世界が舞台になっています。夢世界に住む個性豊かな王子様達と協力する事で、王国に現れた化け物「ユメクイ」を倒し、王子様との絆を深めていくスマホパズルRPGです。

ストーリーは、「夢世界」を巡る冒険を描くメインストーリーと、100人を超える王子様それぞれのキャラクターストーリーに分かれています。メインストーリーは主人公である姫様と王子様の絆・成長を描くヒューマンドラマを楽しむことが出来、キャラクターストーリーでは王子様と素敵な恋愛を楽しむことが出来ます。

 

・リリースの経緯について教えて下さい
M
当時社内で、新規ゲームアイデアを募るコンテストがあり、そこで出された案が『夢100』の原点になっています。拡大しているスマートフォンゲーム市場に、ジークレストとして何か世の中に提供できるコンテンツは無いか?という事でアイデア出しを行った結果、『夢100』の開発に至りました。

 

・ゲームシステムをパズルRPGにした理由について教えて下さい
M
“女性が遊びやすいゲーム性はなんだろう?”という視点で考えた時に、当時「LINE:ディズニー ツムツム」などのカジュアルゲームが流行っている一方、女性向けシナリオゲームも人気を博していました。
簡単に遊べるカジュアル要素×女性向けシナリオゲームという組み合わせが市場に多くなかったため、遊びやすさと没入感を高める企画を考えていった結果が、現在のゲームシステムになっています。

 

・リリースから来年で7周年を迎えますが、キャラクターもかなり多くなってきましたね

H
過去に登場したキャラクターと個性が被らぬ様、現代の流行も柔軟に取り入れてキャラクター制作を行っています。
時代に合わせて絵柄や衣装のテイストも変えていきますが、「夢100らしさ」の部分は大切にしています。キャラクター毎のアイデンティティは失わず、どうすればファンの皆様が喜んでくださるキャラクターに出来るか?というのは、グラフィック担当とも話しながら決めています。

 


私もそうですが、特にクリエイティブに携わるメンバーは普段のインプットの量がかなり多いですね。参考になる表情やポーズ、動きを学ぶための資料などを日頃からインプットし、それぞれの王子様のデザインを創出しています。

 

・リリース当時に苦労された部分はどんなところでしたか?
M
当時としても、アプリ開発の経験・ノウハウが足りず企画から制作、実装の全工程においてそれぞれ苦労がありました。
また、現在もですが、キャラクター、ストーリー、衣装、ボイスといったバリエーションが豊富な分、やはり物量が多い。制作に労力や工数が掛かっています。

 

・運営においてはどのような部分を心掛けていますか?
H
一番はプレイしてくれている姫様の気持ちを大事にして運営に臨んでいます。

 

運営といっても、シナリオやグラフィックといったクリエイティブ制作から、クエストやパズル、ガチャでの施策を企画したり、開発面で突発的に起こった事象に対するサポート機能など、さまざまな部門があります。

 

『夢100』には、「女性を元気に」というコンセプトが根幹にあるため、我々運営チームが姫様の気持ちを裏切る事は絶対に出来ません。各部門では日々、姫様と王子様との甘い時間を、健やかに過ごすことが出来るようなバックアップ体制を心掛けています。

 

また、姫様からご要望を頂く事もありますし、感謝の言葉や好きな王子様についての言葉も毎日頂いています。運営としては全て目を通しているので、改善すべき点は日々話し合う様にしています。

夢世界シリーズ最新作『夢職人と忘れじの黒い妖精』

 

 

・今冬リリースを控えている本作について、まずはゲーム概要を教えて下さい
M
『夢職人と忘れじの黒い妖精』は、夢世界シリーズ最新作として今冬リリースを控えているゲームです。育成RPGというジャンル自体は『夢100』と同じですが、キャラクターを育てる過程、プレイ体験は異なってくると思います。キャラクターに触れることで「元気になれる」というコンセプトは引き継ぎながらも、また新しい体験を提供できれば幸いです。

 

夢の力を糧にして人々が生きる「夢世界」を舞台に、今回、主人公はマイスターと呼ばれる職人たちと絆を深めていきます。マイスターが所属するギルドにも個性豊かなキャラクターが沢山いて、主人公はギルドキーパーとして、ギルドや職人たちのパートナーという立場で彼らをサポートしていきます。

 

〇マイスターとは?
マイスターとは、ある分野において熟練した技術を持ち、世界発展に貢献する者に贈られる称号を持つ職人たち。夢世界に存在する500以上の「ギルド」に属し、仲間たちと共に夢を追いかける。

 

 

〇ギルドとは?
ギルドとは、同じ目的、同じ志を抱く職人・マイスターたちが集まって結成される共同体。
夢追い人たちが集まる生き生きとした場所であり、絆を結び合う温かな場所。

 

 


時代背景は世界の文化勃興期。世の中がどんどん発展している時代。そしてマイスターたちは職人としてそれぞれ夢を追いかけて生き生きと生活しています。

 

またタイトルにもある通り、夢世界にはマイスターたちを脅かす「黒妖精」が登場します。人間を嫌い、人間の夢を壊そうとする存在ですが、彼らとマイスターとの接点も物語における重要なポイントになります。現時点でまだ多くを発表していませんが、黒妖精は“敵”ではありません。タイトルにもある“忘れじの”という言葉で色々想像を膨らませてくれればうれしいですね。

 


〇黒妖精
黒妖精は、突然夢世界に現れた黒い妖精。人間を嫌い人間の夢を壊そうとする。様々な黒妖精が存在するが、その正体は明らかではない。

 

 

・前作の『夢100』と比べて、本作の主人公はビジュアルをしっかり押し出していましたね
M
そうですね。主人公が物語の要になってくるのは、『夢100』と同じです。今回は各々のマイスターや黒妖精、また彼らを繋ぐ役割を持ちつつ展開していきます。楽しみ方はお客様毎に分かれると思いますが、主人公についても前作とは少し違う角度でゲームを楽しむことが出来ると思います。

〇主人公(ギルドキーパー)

 

・今回、夢世界シリーズの2作目のゲームは、初めての”シリーズ化”という試みかと思いますが、その経緯について教えて頂けますか?

夢世界シリーズを、10年、20年と続くIPに成長させたいという思いからシリーズ展開に踏み切りました。
『夢100』は現在総ダウンロード数が全世界1200万を超えており、世界中に本作を愛してくれているユーザーがいます。この作品を10年以上続けていこうとなった時に、『夢100』はもちろんですが夢世界の事を多くの人に知って貰いたい、もっと長く愛される環境を作りたいと考えた時にシリーズ展開という話に繋がりました。
海外展開の側面では『夢100』の簡体字版のパブリッシングをbilibiliにお願いしているのですが、彼らも夢世界の未来について強い興味を持ってくれており、我々のビジョンにも共感してくれた結果、bilibiliとジークレストによる共同配信という形式で進めています。世界に対して最初から意識している点が、今回の新しい取り組みですね。

今後の展望

・夢世界シリーズについて、今後の展望を教えて下さい
H
『夢100』については今後も長く続けていきたいタイトルです。2022年春には7周年を迎え、メインストーリーの第3部も公開されますが、姫様と王子様の日常を彩り続けるという点では、今までとやるべきことは大きくは変わりません。
まずは愛してくれているファンの皆様のためにも着実に期待に応え続けていきたいです。

 

M
自分としてはまず、新シリーズの『ゆめくろ』をしっかり軌道に乗せるために誠心誠意取り組むことです。
今後『ゆめくろ』をリリースしたのちに、『夢100』との繋がりが見えたり、夢世界についてもっと知って貰えれば、『夢100』から離れていたお客様もまた興味を持ってくれるかもしれない。そして、『ゆめくろ』が支持されれば、これからも『夢100』・『ゆめくろ』はもちろん、またさまざまな形で夢世界シリーズを広げていけるかもしれない。そんな未来をお見せできるよう、皆さんが夢世界に触れて元気をもらってくれたら嬉しいです。

 


夢世界シリーズを通して沢山の人たちを元気にしていきたいです。
例えばですけど、遊園地に行くときってワクワクしたいなあという動機で行くと思いますが、元気が欲しいなと思った時に『夢100』、『ゆめくろ』があると思って貰える様な状態を実現したいです。夢世界シリーズに触れれば元気になれると思ってもらう事が何よりなので、メディアミックス展開も含めて考えていきたいと思っています。

・最後に、夢世界シリーズファンの皆様へ一言お願いします!
H
繰り返しではありますが、『夢100』を通して王子様との思い出を築いている姫様もいれば、『ゆめくろ』をきっかけに初めてプレイする人もいると思います。
姫様1人1人が、夢世界では姫であり、王子様と素敵な時間が過ごせる!と思って頂ける様に、それが10年20年続いていく様に務めていきますので、引き続き夢世界を愛していただければ幸いです。

 

M
まずはいつも夢世界シリーズを楽しんでくれてありがとうございます。
『夢100』に関してはリリースからもうすぐ7年が経とうとしていて、これは決して短い年月ではありません。ここまで続いているのは姫様あっての事です。
今回新シリーズについて、期待はもちろん不安もあるかと思いますが、制作メッセージも今まで以上に皆さんに伝えて、皆様と夢世界を楽しんでいきたいと思っているので、温かく見守って頂ければ嬉しいです。

 


『夢100』を楽しんでくれる人も、『ゆめくろ』に期待してくれている人も、夢世界シリーズに反応してくださっている全ての人達にプロデューサーとして出来る事は無いかを常に考えていこうと思っていますし、夢世界シリーズをみんなで盛り上げていきたいと思っています。
今の時代、運営は運営、ユーザーはユーザーというゲーム開発の時代から、ユーザーの皆さんと一緒に作り上げる時代になってきているので、皆さんと一緒に夢世界シリーズを盛り上げていけたら嬉しいです。

 

・ありがとうございました!

 

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須氏名 必須
    必須生年月日 必須
    必須都道府県 必須
    必須電話番号 必須
    必須メールアドレス 必須
    必須ゲーム業界での業務経験 必須経験あり経験なし
    必須経験職種1 必須
    任意経験職種2 任意
    任意経験職種3 任意

    G-JOBエージェント本文上部下部