ゲーム業界における「パブリッシャー」とは?業務内容などを解説

ゲーム業界にはパブリッシャーとデベロッパーという分類があります。

このコラムではその違いを明確に解説した上で、パブリッシャー企業への就職・転職の方法をガイドします。

ゲーム業界を目指す人はぜひ参考にしてください。

 

1.ゲームパブリッシャーとは

1-1. ゲームパブリッシャーは、ゲームタイトルを販売・リリースしている会社

ゲームパブリッシャーとはゲームタイトルを企画し、宣伝広報や販売、リリースを中心に行っている企業です。

宣伝広報を担当することもあって、知名度の高い会社が多く、スクウェア・エニックス、任天堂、コナミ、セガなどのメジャーなゲーム会社の多くはパブリッシャーに分類されます。

 

1-2. ゲームパブリッシャーとデベロッパーの違い

デベロッパーはゲームの開発を中心に行っている会社です。

その形態としてはパブリッシャーが企画を起こしてデベロッパーに製作依頼するケースと、デベロッパーが企画から立ち上げてパブリッシャー企業に持ち込むというケースもあります。

 

一方、パブリッシャーは前述したように、企画・宣伝・販売・流通を行う会社です。

パブリッシャー会社の大手企業では、デベロッパーとしての機能も持っている所がほとんどですが、企業としては製作部分をあまり前面に出さない企業もあります。

 

1-3. ゲームパブリッシャーとデベロッパーの関係性

ゲームの開発・製作にはさまざまなノウハウがあり、プログラマーやデザイナー、サウンドクリエイターなど多くのプロフェッショナルを必要とします。

この部分を担当するのがデベロッパーです。一般的に言うクリエイターの集団だと思ってください。

 

パブリッシャーはまずどんなゲームが売れるのかを踏まえたマーケティングなどを含めて企画を行います。

そしてデベロッパーが製作したゲームを宣伝広報して販売します。

製作を行う部分と、宣伝・販売の部分は全く違うスキルや人材が必要なので、それぞれの業務を別の会社が行うことで効率がよくなる、という考え方です。

 

お互いに相手の存在があって成り立つことが明白ですから、WINWINの関係が成り立つのです。

 

1-4. パブリッシャーの多くは人気企業である

関係性としては共存共栄ですが、宣伝業務などを担当することから、パブリッシャーは一般的な知名度が高くなります。

実際にデベロッパーとして優れた技能や実績を持つ会社は多数ありますが、知名度の点では任天堂やスクウェア・エニックス、レベルファイブなどのパブリッシャー企業の方が明らかに高いです。

知名度が高ければ求人も集中しますから、就職・転職先としての人気はパブリッシャーの方が高くなりがちです。

 

また、特にパブリッシャーの大手企業は平均的に福利厚生などがしっかりしている企業も多く、働きやすさの点でも人気があります。

 

2.ゲームパブリッシャーの業務内容

2-1. ゲームタイトルの企画

開発をデベロッパーに依頼していると言っても、何もない状態で「売れるゲームを作って下さい」などと乱暴な依頼をするわけではありません。

タイトルの企画はパブリッシャーが行っていることが圧倒的に多いです。

そのため、詳細の開発を行うのはデベロッパーだとしても、パブリッシャーもクリエイターのスキルを持つ人を多数社員として抱えています。

パブリッシャーはゲームとしての新しさなどを踏まえて企画立案を行い、詳細まで考えてからデベロッパーに依頼するのが普通です。

 

2-2. ゲームタイトルの宣伝広告などのマーケティング

各タイトルの宣伝広告を行うのもパブリッシャーの重要な役割です。

商品化やタイアップ、アニメ化など、そのタイトルの特徴を踏まえたアピールをどのように行うかによって、売り上げ・利益は大きく左右されます。

そのため非常に責任が重い部門とも言えます。

どれほど優れた技術が投入されていても、ユーザーに知られなければそのゲームの面白みを知ってもらうことができませんし、利益が上がらなければパブリッシャーもデベロッパーも存続していけません。

 

2-3. ゲームタイトルの流通管理

ゲームの販売については物理的に物品として販売する以前からの業態と、ダウンロード販売などのネット上の販売もあり、流通管理も非常に大きな力を必要とする業務です。

ゲームソフトは国内市場だけでなく海外市場も存在しますから、流通部門がもつ役割も大きな影響力を持っています。

 

3. ゲームパブリッシャーに就職するには

3-1. 新卒採用は狭き門

ゲーム業界は成長分野ですから、その中でも知名度が高いパブリッシャー企業は、就職・転職先として競争率が高いことで知られています。

そのため学歴だけで入社できるわけではなく、技能や実績など企業にとって有利な人材であることをアピールできなければ、採用されるのは困難だと考えましょう。

 

3-2. パブリッシャー、デベロッパーを問わず、ゲーム業界でキャリアを積み中途採用を狙う

上記の点を踏まえれば、パブリッシャーにダイレクトに入る道を考えつつも、デベロッパーも含めてゲーム業界でのキャリアをまずしっかりと積んでから大手パブリッシャーへ転職する、というのも一つの方法です。

 

パブリッシャーよりもデベロッパーは会社規模が小さいことが多いため、デベロッパーに入れば早い段階で多くの業務に関わることができます。

新卒にこだわる人でなければ、結果的には自分自身のスキルを強くする方法と言えるかもしれません。

 

3-3. 開発職以外にも募集をしている可能性があるので、チェックする

ゲーム業界を目指す人は開発部門を狙う人が多いでしょう。

しかし、パブリッシャー企業は平均給与が高い成長企業という側面も持っていますから、業種にとらわれずにパブリッシャー企業を狙ってみても良いでしょう。

 

パブリッシャーは会社規模が大きいですから、営業、事務経理、広報、カスタマーサービスなど多くの部門を抱えています。

また、経理や財務、法務などの募集を行っていることもありますから、開発職のみにこだわらず、自分自身のスキルやキャリアを踏まえて考えてみましょう。

 

4. まとめ

ゲーム業界のパブリッシャー企業の役割や、業務内容などをまとめました。

ここまで述べてきたようにゲームパブリッシャーは就職・転職の競争率が高いことで有名です。

クリエイターとしてパブリッシャーに直接入社できれば申し分ないですが、難しい場合は柔軟に他の方法も考えましょう。

 

方法としては、まずはデベロッパーも含めてゲーム業界での実績をしっかり積んでから、希望するパブリッシャーに転職する手があります。

また、クリエイターにこだわらず、別の職種でパブリッシャーに入社するという方法もあります。

関連記事一覧