ゲーム会社で正社員を目指す!キャリアアップのポイントなどを紹介


 
近年の日本では非正規採用者の数が増え続けており、その傾向はゲーム業界でも見られます。そのため、安定や高待遇を目指して正社員になりたいと思う人も増えていますが、具体的には何をすべきかわからないということも多いでしょう。

 

このコラムはゲーム会社で正社員になりたいと思っている人に向けて、正社員を目指すためのルートや、正社員を目指す際の心構えを解説します。ただし、採用のシステムなどは会社によってさまざまに違いがあるので、あくまでも一般的な記述であることはご理解ください。

 

1. ゲーム会社で正社員になるための基本的な流れ

この項目では、ゲーム会社で正社員になるためのいくつかの流れを記載します。

 

1-1. 新卒採用・キャリア採用で正社員枠を目指す

新卒で採用されることや、他の企業から実績やスキル、素養があることで採用される方法は、最もわかりやすいキャリアパスです。

 

このルートであれば明確に正社員になれますが、大手有名ゲーム会社を目指す場合、非常に競争率が高く、狭き門であることは覚悟しておきましょう。

 

1-2. 契約社員で入社し、ステップアップする

契約社員は派遣社員と混同されることもありますが、実際は大きく違います。派遣社員は派遣会社に採用されていますが、契約社員は就労する会社から直接雇用されているので、勤務先の福利厚生を受けられるなどの違いがあります。

 

契約社員制度は中規模以上のゲーム会社で利用されることが多く、雇用期間が決められている以外は正社員とほとんど変わらない待遇で働くことができます。

 

試用期間として正社員になる前の一定期間契約社員として採用する企業もありますが、契約社員から正社員への移行を行っていない会社が多いのが実情です。中には正社員への移行もあるとしながら基準が明確でない会社もあるので、正社員への移行を望む人は事前に確認しておくことをおすすめします。

 

契約社員について詳しく書いた記事がありますので、興味がある方は参照してください。

「ゲーム会社における契約社員とは?雇用形態や正社員・派遣社員との違いを説明」

 

1-3. 紹介予定派遣として働き、正社員雇用される

「紹介予定派遣」とは、派遣社員として働きながら企業側と雇用される側の双方がメリットを認めた場合に、社員登用される制度です。企業側としてはスキルや人間性を確認してから社員採用できるメリットがあります。

 

雇用される側のメリットとしては、派遣社員としての自由度を得ながら、その会社がブラックでないかなどを確認したうえで正社員を目指せることがあります。デメリットは、チャンス自体が多くないことや、社員登用されるだけの実績を示さなければならないことです。

 

派遣社員としてゲーム会社で働くことについて詳しく書いた記事があるので参考にしてください。

「ゲーム会社で派遣として働く選択肢…派遣のメリット・注意点について」

 

1-4. アルバイトとして入り、正社員雇用される

アルバイトであれば、比較的低いハードルで大手ゲーム会社でも仕事ができるメリットがあります。ただしアルバイトから正社員登用されるにはかなりの努力と自分をアピールするスキルなどが必要です。

 

ゲーム会社でアルバイトすることについて詳しく書いた記事があるので参考にしてください。

「ゲーム会社でアルバイトしたい!募集されている主な仕事内容を紹介」

 

2. ゲーム会社で正社員になるための心構え

ここからは、ゲーム会社で紹介予定派遣・契約社員・アルバイトの状態で働いている人や、これから就職しようとしている人が正社員になるための心構えについて記述します。

 

2-1. 「人並み」の努力では見向きもされないことを認識する

ゲーム業界は就職先として人気が高いことが知られています。それだけに競争率が高く、中~大手クラスのゲーム会社の内定を勝ち取ることは簡単ではありません。

 

非正規の状態で働いている人であれば、「人並み」な努力では実現できないと考えた方が良いでしょう。「人並み」を超える努力、つまり「超人的」な努力や、企業側が採用したくなるような具体的で大きな成果を示すことが欠かせないでしょう。また、これから就職を目指す人は、明確なスキルと適性をしっかりアピールすることが重要です。

 

2-2. 自分の強みを伸ばし、特定の分野のプロフェッショナルとなる

社員登用されるには、全方向に努力して平均的な力を上げるよりも、得意分野を伸ばして誰にも負けないジャンルを作ることをおすすめします。

 

ここまで正社員になるのは厳しいということを何度も書いてきましたが、ゲーム業界は慢性的な即戦力不足が続いている傾向があるので、特定の分野に突出した力を持っていればチャンスは広がります。ぜひ業界が求めるスキルを磨いてオンリーワンの人材になれるように取り組みましょう。

 

2-3. 正社員登用までのコネクション作りから入社後の業務まで、コミュニケーション能力が必要になる

社員登用されるにはコネクション作りも欠かせない要素です。クリエイターやエンジニア系の人は技術的スキル重視で人付き合いはニガテという人もいると思います。しかし、ゲーム開発は多くの人が協力して行うものですから、コミュニケーションスキルも意識的に磨いておかないと正社員になることは困難です。

 

3. まとめ

ゲーム業界で正社員になるための方法や、正社員になるための心構えを解説しました。

 

大手のゲーム会社で正社員になるのは「狭き門」と何度か書いたので、暗い気持ちになった人もいるかもしれません。しかし、大手ゲーム会社で社員採用の道を勝ち取ることは容易ではないので、その道を目指す人はぜひ具体的な努力を行いましょう。

 

また、ゲーム作りは大手で正社員にならなければできないものではありません。例えば、小さな企業でもまず入社してしっかり実力をつけて転職することも一つの道ですし、実力さえつければフリーランスとして活躍する方法もあります。

 

どの道を進むにしても努力は必要ですが、ぜひ個性に合った道を選んで、自分なりのゲーム作りに励んでください。
 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む2,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意