ゲーム会社に高卒で入りたい!難易度やオススメのキャリアパスについて


ゲーム会社で働きたい、と思っている人の中には、大学や専門学校に行かずに高卒で就職できないだろうか? と考える人もいると思います。

 

このコラムでは、そんな高卒 → 即ゲーム会社就職という考えを持っている人に向けて、方法があるのかどうかを解説していきます。

 

1.ゲーム会社に高卒で入る難易度

この項目では高卒でゲーム会社に入ることの難易度を解説していきましょう。

 

1-1. 特別なスキルが無い限り、大企業はおろか中小・ベンチャーでも就職は難しい

ゲーム会社は就職を希望する人が非常に多い業界です

就職希望者が多いということは企業側にしてみれば多くの人の中から、自社にとって有力と思える人を選べることを意味しています。

そのため、いろいろな意味でスキルやポテンシャルが高いかどうかを踏まえて採用するかどうかを考えます。

 

人間の価値は決して出た学校で決まるわけではありませんが、一般的には有名大学を出ていることは就職の価値基準になります。

つまり高卒で競争率が非常に高いゲーム会社への就職を望む場合、「有名大学に入学するための努力」や「大学で四年間学んだ実績」、「四年間で作った人的ネットワーク」よりも、企業にとって魅力ある人材であることを示さなければなりません。

 

上記のような理由から、多くのゲーム会社は応募資格に専門学校か大学を出ていることをあげていますから、高卒ではエントリーすらできないこともあります。

その点は認識しておきましょう。

 

1-2. ゲーム会社が新卒に期待するものを把握することが大切

一般的に、大学を卒業していれば一定以上の教養を身につけていると判断できます。

また、有名な大学や、難関大学を出ている場合は、自分の利益のために世の中で必要とされることを敏感に感じ取る能力や、利益のためには我慢が必要ということを学んでいることでしょう。

企業は有り体に言えば、少しでも多くの利益を上げてくれる人が欲しいわけですから、競争にさらされて自分の利益の伸びしろに敏感な人として大学卒業者を選ぶわけです。

 

また、専門学校生であれば即戦力として作業についてもらうことができますから、大学卒業者とは別の目線で評価されます。

 

高卒でゲーム会社を目指すのであれば、「ゲームが好き」などの理由ではなく、自分がどれほど利益を上げることができるのか、自分がどれほど即戦力であるのかなど、ストロングポイントを明確に示しましょう。

 

2.高校卒業後にゲーム会社に入るための流れ

ここでは高校卒業からゲーム会社に入社するための流れを解説しましょう。

 

2-1. ゲーム会社にアルバイトで入り、そこから正社員を目指す

入社が難しかった場合、アルバイトから社員を目指すという方法が無いわけではありません。

ゲームの開発には大きなマンパワーが必要ですから、ゲーム業界はアルバイトで働く人をしばしば募集しています。

特に多いのはゲームの問題点を洗い出すためのデバッガーですが、デザイナーや事務系でも募集している場合があります。

 

アルバイトでも内部に入ればコネクションづくりができますし、働きぶりをアピールする機会はありますから、正社員への道が開かれる場合もあります。

 

アルバイトから社員登用されるルートを詳しく書いた記事があるので、こちらもぜひ参照してください。

「ゲーム会社でアルバイトしたい!募集されている主な仕事内容を紹介」

 

2-2. 専門学校・大学に入り、スキルを磨く

ここまで書いてきた通り、大学や専門学校を出た方がゲーム会社に就職するには有利です。

そのため、できることなら高卒でゲーム会社への就職を目指すよりは、大学か専門学校への進学をお勧めします。

 

大学はゲーム業界以外への道を選ぶ場合でも有利になる場合が多いですし、学ぶ範囲も広いので、社会人として生きていく幅を広げることができます。また、公立大学に行けば学費も比較的少なくて済みます。

 

専門学校はゲームに特化した勉強ができますから、即戦力として採用される可能性があります。

ただし、大手パブリッシャー企業は大卒者を多くとる傾向があることは知っておきましょう。

 

例えば、日本のゲーム会社の最大手のひとつである任天堂は2019年に81名の採用を行っている中で、2名が専門学校、高専卒で、残りの79名は大学または大学院生です。

任天堂「2020年度 新卒採用情報 募集要項-新卒採用実績」

 

進学してゲーム会社を目指す場合、大学と専門学校のそれぞれのメリット、デメリットをまとめた記事があるので、ぜひ以下を参照してください。

「ゲーム開発を学ぶには専門学校と大学、どちらが有利?就職後の流れも併せて解説」

 

2-3. お金が無いという場合は、一度他の業界でもいいので就職し、お金を稼ぎつつ社会人経験を培う

進学するお金がない、家庭の事情などで働く必要がある、という人もいるでしょう。

そんな場合はゲーム業界ではなくてもいったん就職してお金を貯める、または社会人としての経験や、ゲーム業界でも活かせるスキルを身につけながらゲーム会社への転職を目指す方法もあります。

 

例えばゲーム会社ではなくてもデザインや音響、映像などに関わる仕事はたくさんあります。

また、営業や広報などは多くの会社に存在する部門ですから、そこで身につけたスキルを活かすのも良いでしょう。

 

異業種からゲーム業界への転職を目指す記事もありますので、ぜひ以下を参照してください。

「「まったくの未経験」からゲーム業界へ転職したい!覚えておきたいコツやポイント」

 

3.まとめ

高卒でゲーム業界への就職を目指す方法をまとめました。

 

ゲーム会社は夢があるだけでなく、タイトルがヒットすれば高待遇を望むこともできる人気業界です。

そのため競争が激しく、現実的には高卒で目指すには非常にハードルが高い業界と言えます。

 

あえて困難を目指すより、できるだけ進学して夢に近づく道を選ぶことをお勧めします。

また、経済的な事情などで進学が難しいとしても諦める必要はありません。

いったん就職してから転職するという道もあるので、そこに向かってしっかりスキルアップしていくように頑張りましょう。

 

関連記事一覧