“東京国際工科専門職大学”ってどんな大学? デジタルエンタテインメント学科って何が学べるの? オンライン授業に即応した秘訣を聞いてみた!!


専門職大学は55年ぶりに国が作った新たな大学制度です。

卒業時に専門職の学士が与えられ、卒業単位の3~4割程度以上が企業と連携した豊富な実習であること、その道のプロフェッショナルが採用される実務家教員が教員の4割を超えることなどに特徴があります。

(文部科学省ホームページより)

 

“東京国際工科専門職大学”は日本初となる工科分野の専門職大学であり、情報工学科とデジタルエンタテインメント学科が存在しています。

その中でも、デジタルエンタテインメント学科は、ゲーム開発のプログラミング技術を基礎から論理的に学べる“ゲームプロデュースコース”と、芸術文化の創造に関わる能力を身につける“CGアニメーションコース”の2つのコースで、インタラクティブなゲームやデジタル映像が求められる時代のリーダーを養成していくとのこと。

ここではデジタルエンタテインメント学科のゲームプロデュースコース・コース長・二村忍教授、蛭田健司准教授に、東京国際工科専門職大学の目指すところ、そのための取り組みや大学の特徴について、現在同校でも大いに活用されているテレワーク形式でお話を伺いました。

 

二村忍教授

 

蛭田健司准教授

 

理系じゃなくても学べる工科大学

 

――まずは、東京国際工科専門職大学の特徴についてお話を伺いたいと思います。

 

二村

 

専門職大学というのは「産業界の要請を受け、大学の長所と専門学校の長所を合わせて作られた学校」とよく説明されるのですが、それなら大学と専門学校に両方行けば事足りてしまいます。

そうではなく、専門職大学は専門職大学だからこそ育成できる人間、人材を生み出す教育機関なのです

 

私が個人的に考えているのは、「機能を発見する」、「価値を実現する」、両方できる人材を送り出すというミッションです。

言うなれば変化の激しいデジタルエンタテインメント業界がどれだけ変化しても、活躍し続けられる人材ですね。

 

そのために試験の良し悪しだけで入学を決めるのではなく、必ず面接をしてどんなモチベーションを持っているのか、どんな人間になりたいのかを見る。

我々の求める人材とマッチしているのかを確認してから入学してもらいます。

 

――入学試験にも力を入れているということでしょうか。

 

二村

 

その通りです。

面接だけでなく、試験の問題も特徴的です。

問題を与えられた側にも学びと発見があるような、将来、「受けておいて良かった」と思えるような試験を目指して問題が制作されています。

 

蛭田

 

一例としては「正解のない問題」ですね。

例えば「貴方の人生の目標は?」という問いは正解がある訳ではなく、人となりや、根の部分を見抜く意図があります。

面接で使われるようなノウハウが、試験自体に取り入れられています。

 

学校の特徴としてアピールしておきたいのは、幅広いバックグラウンドの学生がいることです。

工業高校から入学している人もいますが、それだけではありません。

例えば、本学には数学Ⅲを履修している人としていない人がいます。

そういったバラバラな人が来てもギャップを埋められる授業を行っていますし、本学が目指す卒業生のイメージに合った人であれば、広く門戸を開放しているのが特徴です

理系じゃない人が入学しても、それを受け入れるカリキュラムがある大学となっています。

 

入試の問題が基礎学力だけを問われるものではないため、熱意をアピールしてもらえれば十分に入るチャンスがあります。

 

二村

 

基礎学力の話をすると、入学後に簡単なテストを行って高校授業の履修状況や理解度を測ります。

そこから単位認定と直接関係ない基礎科目、数学・英語・物理についての授業を受けられるため、高校で学んでいない科目についても入学後のフォローがあります

 

――デジタルエンタテインメント学科について教えてください。

 

二村

 

主にゲーム開発について学ぶゲームプロデュースコースと、CGアニメーションコースを含む学科です。

初年度はコース分けせずに、両方の授業を学びます。

 

一度コースを選んだあとでも別のコースの授業を取ることもできます

むしろ両コースの交流を推奨しています。

 

蛭田

 

私が担当している授業のうちのひとつが、1年の前期にある電子情報工学概論です。

入学した学生のコンピュータに関するリテラシーを一気に引き上げる授業になっています。

 

授業でアンケートを取ったところ、PCの使用経験が1年未満という人が約20%いることがわかりました。

彼らに対しても、ビットとは何か、という基本的なところから、クラウドサービス、認証とアクセス、セキュリティに対する脅威と防御策といった高度な内容までを半年で教えます。

 

最初は基礎的な授業だと思っていたのですが、蓋を開けるととても難しい授業でした。

 

二村

 

理解度に差のある学生に基礎から教えなければならないタフな課題です。

蛭田先生は非常に分かりやすく教えてくれています。

 

また、大事なことは在学中に繰り返し学ぶ機会を作りますので、しっかり身に付けていただけるかと思います。

 

実習科目や臨地実務実習を通じて、カリキュラムに無いことは自分たちで勉強したり、他学科の人と協力してプロジェクト運用したりする機会が多くあります。

企業に入った時に身につくスキルや、企業に入ってから失敗しがちなことをあらかじめ経験できます

 

そういう意味では専門学校と大学の良いとこ取りという面がありますね。

 

――二村先生は蛭田先生や他の先生の授業も見ているのですか?

 

二村

 

今年2020年にゼロからスタートした大学なので、各教員にバディを設定し、お互いの授業を把握したり相談したりする仕組みがあります。

 

教員にもいわゆる大学の先生と、実務家教員という企業人の先生がいるので、それぞれが長所を出すために、お互い補填していこうという思想です。

 

今はオンライン授業をZoomでやっているのですが、メインの先生は授業をやるのに手いっぱいになってしまうため、Zoomのオペレーションや学生のトラブル対応のためにサブの教員が1~2名一緒に入っています。

授業を手助けしつつ、学生の理解状況の把握や教え方のキャッチアップが出来るため、教員側にも学びがある状態ですね。

 

蛭田

 

今話を聞いていても、とても良い大学だと思います。

 

それと、もうひとつ私が担当させてもらうのが、地域共創デザイン実習という授業です。

これは実習のなかでも地域との連携を担い、地域ごとの抱える課題を解決する内容になっています。

通常の講義は15回で1セットですが、90回という大規模な実習で、しかも情報工学科、デジタルエンタテインメント学科、コースも全部またいで、全学合同でやります。

様々な分野を学んでいる学生でチームを組んで取り組む、特徴的な授業になるかと思います

 

私が総務省の地方創生のアドバイザーをやっているところから担当になったのだと思いますが、そういう専門家が学生に直接教える機会というのはなかなかありません。

同じようなスペシャリストの先生がたくさんいるという点も本学の強みです