文字を紡ぐという、クリエイティブな遊びを提供するゲームが生む喜びとは


万国共通の遊びは、いずれもシンプルで奥深く楽しめるゲームにあふれていますが、中でも言葉遊びの類はそのバリエーションと遊び方においては千差万別です。

 

世界中の言葉で遊ぶ『Sticky Terms』

アルファベットを使い、世界中の言葉をパズル形式で浮かび上がらせていく『Sticky Terms』は、そんなワードパズル系ゲームにおける新感覚の遊びを提供してくれます。

https://apps.apple.com/jp/app/sticky-terms/id1495581633?mt=8

 

アルファベットで単語を作ろう

スマホゲームとしてリリースされた『Sticky Terms』は、プレイヤーが選択する言語に合わせた言葉を、アルファベットで作り上げることでクリアとなるパズルゲームです。

 

使用する文字がアルファベットということもあり、英語やドイツ語といった欧米の言語はもちろんのこと、文字が全く異なる日本語などの言語にも対応しているということで、どの国のプレイヤーでも気軽に遊べるのが魅力です*1。

 

ワードパズルゲームは、どうしてもそれが開発された国の言語に依拠するか、全て英語で作られるというケースが多く、プレイヤーはその国の人か、英語圏の国の人、英語が理解できる人にのみ遊ばれる傾向にありました。

 

しかし『Sticky Terms』は各国の言語に対応できる環境を構築することで、グローバルに遊んでもらえるワードパズルゲームとしてリリースされました。

 

特定の言語にとらわれず、それでいながらゲームシステムや操作感にも変化がない、新感覚のワードパズルということができるでしょう。

 

パズル形式で、一筋縄ではいかない「言葉遊び」

『Sticky Terms』が特徴としているのは、何と言ってもこのゲームの醍醐味である、文字を組み立てていく感覚です。

 

最も一般的なワードパズルといえば、空けられたマスに当てはまるよう文字を記入したり、与えられたアルファベットを組み替えて言葉を作るといった遊びです。

 

しかし、『Sticky Terms』の場合、言葉は文字のかけらを組み合わせながら紡いでいくという形式を採用しており、その時のくっつく感覚がなんともいえない快感を生んでくれるよう設計されています。

 

https://youtu.be/5KfKxvVyeic

 

一見すると文字なのかどうかわからない破片も、もう一つのかけらと組み合わせることで、見覚えのある文字が浮かび上がってきます。

なんとなく完成図を予想しながら、出来上がる言葉を予測しながらアプローチしていくところに、このゲームの最も面白い部分が詰まっているといっても過言ではありません。

 

そして、正しい言葉が完成された瞬間、断片は元の形状を思い出したかのようにくっつきあい、一つの言葉へと収斂していきます。

妙に弾力のある言葉の断片をくっつける快感は、何度でもプレイしたくなる重要な役割を果たしてくれてもいるのです。

 

大人気国産クロスワードパズルの「もじぴったん」シリーズ

『Sticky Terms』は海外のゲームですが、国産のワードパズルとして見逃せないのが、やはり「もじぴったん」シリーズです。

 

誰にでも理解できる日本語クロスワードゲームのクラシック

「もじぴったん」シリーズの遊び方は非常にシンプルで、簡単にいえば日本語のクロスワードパズルでハイスコアを狙うゲームです。

 

様々な形状のマスが用意されたり、お題を提示されるので、それに合わせて文字を入力していき、連鎖をつないだり、難しい言葉を入れてみたりすることで、文字が繋がっていく快感を気軽に楽しめます。

 

適当に言葉を入力しても、自分の知らなかった言葉でマスを埋めることもできるので、知的好奇心もしっかりとくすぐってくれるのが嬉しいところです。

 

公式サイト:https://encore.mojipittan.jp/

 

ずっと遊べる不朽の名作

「もじぴったん」の第1作は2001年にアーケードゲームとしてリリースされたものですが、今日に至るまで、数多くの移植作品や新作が販売されてきた、クラシックシリーズでもあります。

 

PS2やニンテンドースイッチといった家庭用ゲーム機から、ニンテンドーDSなどの携帯ゲーム機、さらにはガラケーやスマホといった携帯電話向けのゲームとしてもリリースされ、多くの人がその名前を知るところとなっています。

 

もともとクロスワードパズルなど、知育系の遊びは老若男女を問わず親しみやすいゲームでもあるので、気軽に遊ぶゲームとしては非常に手に取りやすいジャンルです。

 

操作方法も文字を配置するだけという、非常にシンプルな操作しか要求しないため、誰にとっても遊びやすく、かつどんなハードウェアにも移植しやすい作品となっています。

 

「もじぴったん」シリーズは誰にでも思いつきそうな作品でありながら、ビデオゲームにおける「手に取りやすいパズルゲーム」の地位を絶対的にした、数少ないブランドの一つと言えるでしょう。

 

言葉遊びがもつクリエイティブの源泉とは

このように、言葉遊びはビデオゲームとしてもその色を失わない面白さがありますが、なぜ、この遊びはここまで人を惹きつけるのでしょうか。

 

無限の選択肢から可能性を探る楽しさ

言葉遊びの魅力は、やはりその無限のイマジネーションを駆り立てられるところにあるでしょう。

 

パズルゲームは基本的に、誰にでも遊べる単純明快なルールをもつ反面、クリアまでに要する時間と労力は、並のゲームのそれではありません。

 

操作方法を理解するのに時間を割かなくて良いぶん、いつまでもステージクリアのために頭のリソースを割くことができるというのは、カジュアルゲーマーにとって嬉しいところです。

 

気軽に自分の創造力やイマジネーションを刺激できる言葉遊びは、古今東西で行われてきた、古典的なゲームであると言えるでしょう。

 

ひらめきが降りてきた時の喜び

パズルゲームの醍醐味の一つは、つい数秒前までは思いつかなかったようなひらめきが、突如として降ってきた時の喜びです。

 

なんでそんなことに気がつかなかったのか、この手があったかという快感を味わえるように作られているのがパズルゲームです。

 

最新スペックを生かした、シネマティックで壮大なゲームもいいですが、シンプルだからこそ生まれる天才的なひらめきの快感を味わえる喜びは今も昔もパズルゲームの楽しみの一つとして親しまれているのです。

 

おわりに

誰にでも馴染みのあるワードパズルゲームは、いつの時代も変わらないゲーム本来の楽しみを、プレイヤーに与えてくれます。

 

単純明快だからこそ楽しめる遊び方もあるということを、『Sticky Terms』や「もじぴったん」は教えてくれているとも言えるでしょう。

 

出典:

*1 ゲームキャスト「文字をくっつけて世界中の言葉を作るパズル『Sticky Terms』iOSに登場。『ベーコン』や『Song of Bloom』のKami Box最新作」

http://www.gamecast-blog.com/archives/65958846.html

 

ライター名:Satoru Yoshimura

プロフィール:ライター。20年以上の付き合いがあるビデオゲームとアメリカ音楽をテーマとした活動が中心。「日本のゲーム音楽がヒップホップに与えた影響」などブログで公開中。

 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

登録フォーム
下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
必須 氏名
必須 生年月日
必須 都道府県
必須 電話番号
必須 メールアドレス
必須 ゲーム業界での業務経験有無 経験あり経験なし
必須 経験職種1
任意 経験職種2
任意 経験職種3

 

関連記事一覧