ゲーム会社に受からないという人はチェック!ありがちなミスを説明


 
就活をしている中で、「なかなか内定がもらえない」、「面接にすらたどり着けない」ということもあるでしょう。上手くいかない時は自信がなくなって自暴自棄になることも多いですが、問題点を見つめなおす冷静さも必要です。

 

この記事では、「なかなかゲーム会社に受からない」という人に向けて、ありがちなミスを上げつつ、具体的な対応策も紹介します。ゲーム業界での内定を勝ち取るための知恵を多数記載していますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

 

1. ゲーム会社に受からない理由1:志望理由が曖昧・不十分

「ゲーム会社への就職を目指しているけど、エントリーシートだけで落ちてしまう」、「面接まで行ったのに内定をもらえない」、という人の中には、志望理由が不明瞭なケースが見られます。

 

就職希望者が少ない企業ならともかく、ゲーム会社は人気が高いですから、「どこでもいいけどゲーム会社に入りたい」という気持ちの人を採用してくれるとは思えません。そのため、その会社の特性を挙げて、自分自身のスキルや資質がマッチしていることを説明することが重要です。

 

また、「ゲームが好き」という熱意だけを強調してもほとんどプラスにはなりません。「ゲームが好きなのでこんなスキルを身につけた」、「ゲーム好きを活かしてこんなことをやり遂げたい」など、具体的なアピールをするように意識しましょう。

 

就活時の志望理由について詳しく書いた記事があるので、ぜひ参照してください。

「ゲーム業界に就職・転職する際の望ましい志望動機とは?」

「ゲーム会社に就職したい学生の自己PR文章の書き方」

 

2. ゲーム会社に受からない理由2:面接で自分の強みを十分に打ち出せていない

なかなか内定をもらえないという人の中には、面接で上手くPRできていなかったり、むしろ損をしていたりする人もいるかもしれません。服装や身だしなみなど基本的な点は多くの人が意識していることとは思いますが、受からない状態が続いているのであれば、念のため再チェックしたり、厳しく指摘できる知り合いにチェックしてもらったりすることをおすすめします。

 

また、基本を見直すだけでなく、ゲーム業界特有の対応も身につける必要があります。ゲーム会社ならではの面接対応について詳しく書いた記事があるので、以下を読んで自分の強みをアピールできるように練習することをおすすめします。

「ゲーム会社の面接で押さえておきたいポイントを解説!」

「ゲーム会社って本当に服装・髪型自由?面接時や勤務の際の服装について」

 

3. ゲーム会社に受からない理由3:倍率が高い会社ばかり志望している

誰もが知っている有名企業ほど競争率は高くなります。有名企業でなくても、ゲーム業界の中では高い評価を受けている会社は多数ありますから、志望する企業を大手ばかりにしないことも考えてみましょう。

 

仮に第一志望の会社ではなくても就職した先でしっかり実績を作れば、最初に志望した企業に転職するチャンスを作ることは不可能ではありません。

 

志望企業を広げる際の参考になるように、ゲーム会社の就職倍率について詳しく書いた記事と、大手と中小の違いに言及した記事を紹介しますので参照してください。

「人気ゲーム会社の就職倍率は?内定を勝ち取るためのポイントも説明」

「大手ゲーム会社をご紹介!大手と中小の会社の違いについても解説」

 

4. ゲーム会社に受からない理由4:持っているスキル・経験が企業が望むものとそぐわない

志望した企業が求める人物像と、受ける側のスキルや経験がマッチしていないということもあります。これは実力不足という面もありますが、調査によってクリアできることもあります。近年は多くの企業が、求人情報などで「求める人物像」や「必要なスキル」などを公開していますから、しっかり情報収集することで自分に合わない企業は避けましょう。

 

ゲーム業界の業種ごとに求められるスキルについて記述した記事があるので参考にしてください。

「「まったくの未経験」からゲーム業界へ転職したい!覚えておきたいコツやポイント」

「文系だけどゲーム会社に就職したい!望まれるスキルとアピール方法も説明」

 

また、大手であるほど求めるスキルや実績が高いですし、学歴の壁が存在するのも現実です。ゲーム業界に就職する時の学歴について書いた記事があるので紹介します。

「ぶっちゃけ、ゲーム業界への就職・転職に学歴は必要?」

 

企業側の判断基準についてはオープンになっていないことも多いので、前の項目と同様に、知名度は低くても実力ある会社への就職を目指すのも方法の一つです。ゲーム業界ではヒットタイトルを世に出すことで急成長する企業も多いですから、現状の立ち位置にばかりこだわらず、実力や将来性を見ることも重要です。

 

5. まとめ

「ゲーム業界への就職に向けて、頑張っているけど結果が出ない」という人のために問題点を整理しつつ、具体的な対応策を紹介しました。採用のポイントは企業ごとに違いがあるので、すべてのパターンで上手くいく対策は存在しません。

 

しかし、問題を放置したまま数を重ねるのは心身が疲弊していくだけですから、自分自身の問題点を見つめなおして対策していきましょう。
 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む2,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意