Nintendo Switchソフト【クレヨンしんちゃん『オラと博士の夏休み』~おわらない七日間の旅~】 待望のアジア版リリースが決定!台湾、香港、韓国にて本年5月発売

G-JOBエージェント本文上部下部

JNSホールディングスの子会社であるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田  昌史)は、昨年7月に発売したNintendo Switchソフト【クレヨンしんちゃん 『オラと博士の夏休み』 ~おわらない七日間の旅~】(以下、本ソフト)のアジア版を、台湾、香港、韓国にて本年5月に発売することをお知らせいたします。

 

本ソフトは昨年夏の発売直後より、主要販売店で販売本数ランキング上位にランクインするとともに売り切れが続出するなど大変ご好評をいただき、累計出荷数30万本を超えるヒットを記録しました。さらに海外各地からも販売を熱望する声を多数いただいており、中でも多くの要望を頂いたアジア地域の言語に対応したパッケージおよびダウンロード版(以下、アジア版)をこの度開発し、本年5月に発売する運びとなりました。

アジア版は販売先各国のテキストと音声に対応しており、現地で放送されている「クレヨンしんちゃん」のアニメと同じ声優による音声が収録されるほか、ゲーム内の一部デザインを変更するなどの調整を加えた完全ローカライズ版となっております。

※デザインは制作中のイメージです

 

<アジア版【クレヨンしんちゃん 『オラと博士の夏休み』  ~おわらない七日間の旅~】について>

■テキスト/音声:4パターンのテキスト+音声を収録(ゲーム開始時に選択)

・テキスト:繁体字(台湾)+音声:中国語

・テキスト:繁体字(香港)+音声:広東語

・テキスト:簡体字+音声:中国語

・テキスト:ハングル+音声:韓国語

 

■パッケージ

2種類 (台湾・香港版 / 韓国版)

 

■販売想定価格(パッケージ/ダウンロード共通)

台湾:1,390台湾ドル  / 香港:368香港ドル / 韓国:59,800 ウォン

≪「クレヨンしんちゃん 『オラと博士の夏休み』 ~おわらない七日間の旅~」について≫

本作は、日常と非日常が織り交ざるノスタルジーな日本の町を舞台に、国民的キャラクター「クレヨンしんちゃん」のひと夏の物語を描いたアドベンチャーゲームです。シリーズ累計で約180万本を販売した「ぼくのなつやすみ」シリーズを手掛けるゲームクリエイター・綾部和が新たに「クレヨンしんちゃん」の世界を描いています。

自然に溢れ、どこか懐かしさのある風景の中で様々な登場人物と出会いながら展開されるストーリーやゲーム体験は、「クレヨンしんちゃん」ファンの子どもたちから「ぼくのなつやすみ」シリーズを楽しんだ大人まで、年齢性別問わず幅広く楽しめる内容となっています。夢中になって珍しい虫を集めたり、日が暮れるまでのんびり魚つりをしたり…自然豊かな「アッソー」で過ごすしんちゃんとの夏休みをぜひお楽しみください。

・公式サイト: https://game.neoscorp.jp/shinchan/

・公式Twitter:https://twitter.com/crayon_natsu

 

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

(C)Neos Corporation

Nintendo  Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

 

 

<JNSホールディングスについて>

【商 号】JNSホールディングス株式会社

【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館

【上場市場】東京証券取引所  市場第一部 (証券コード:3627)

【U R L】https://www.jns.inc

【代表者】池田 昌史

【グループ事業内容】

◆DXソリューション事業

ハード・ソフト・コンテンツによるトータルソリューションで社会におけるあらゆるDX化を支援

◆X-Techサービス事業

教育・健康・金融・コミュニケーションなどデジタル技術による新たなICTサービスを提供

 

<ネオスについて>

【商 号】ネオス株式会社

【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館

【U R L】https://www.neoscorp.jp

【設 立】2004年4月

【代表者】池田 昌史

【事業内容】情報通信サービスおよびソフトウェア、コンテンツ開発

 

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

 

 

 

提供元:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/294202

G-JOBエージェント本文上部下部