グローバル・エンターテインメント業界のベテラン、ニック・ヴァン・ダイク ネクソンの最高戦略責任者及びNexon Film & Television部門の最高責任者に就任

G-JOBエージェント本文上部下部

 

バーチャルワールドの制作及び運用を行う株式会社ネクソン(本社:東京都港区、代表取締役社長:Owen Mahoney/オーウェン・マホニー、東証:3659、以下 ネクソン)は、エンターテインメント業界で豊富な経験を有するNick van Dyk(ニック・ヴァン・ダイク)を当社の最高戦略責任者(Chief Strategy Officer)に指名したことをお知らせ致します。

 

 

ヴァン・ダイクは、ロサンゼルスに拠点を置き、当社代表取締役社長、オーウェン・マホニー直下でグローバルにおける戦略立案、M&A、経営企画、IPマネジメント及びパートナーシップを統括致します。
また、新設したNexon Film and Television部門の最高責任者として『アラド戦記』、『風の王国』、『メイプルストーリー』、『カートライダー』及びスウェーデンのストックホルムを拠点とする当社連結子会社のEmbark Studiosが開発中の新作タイトルをはじめとする自社IPの浸透・拡大に注力して参ります。

 

ニック・ヴァン・ダイクは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて学士、またハーバードビジネススクールにてMBAを取得後、マネジメント・コンサルティングからキャリアをスタートし、ベインキャピタルにて経営幹部を務めました。
その後、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーで企業戦略及び事業開発のシニア・バイス・プレジデントとして10年間従事し、ディズニーによるピクサー、マーベル、ルーカスフィルムの買収及びディズニーの事業横断戦略立案において中心的役割を果たしました。
また、2014年から2019年には、Activision Blizzard Studiosにて映画・テレビ部門を設立し、社長を務めました。

 

オーウェン・マホニーは、次のように述べています。
「ウォルト・ディズニー社において、ニックはエンターテインメントの歴史上、最大の成功と言えるIP戦略を率いました。また、Activisionでの映画・テレビ事業立ち上げの経験も有し、クロスプラットフォーム戦略を通じて、いかに原作IPのファンを増やし、エンゲージメントを高められるかを深く理解しています。ネクソンにおいて、ニックはパートナーシップ及び経営企画におけるグローバル戦略を統括し、当社の中核であるバーチャルワールド事業を拡充していきます。」

 

ニック・ヴァン・ダイクは次のように述べています。
「ネクソンは大ヒットIPを創出し、長期に渡り成長させる、業界内でも突出した経験とノウハウを有する、大変ユニークなグローバル・エンターテインメント企業です。ネクソンの人気IPが有するグローバル市場、そしてこれらのIPに人々がよりエンゲージできる重要プラットフォームにおける成長機会を促進させるため、現在ロサンゼルスを拠点とするチームを構築しています。ネクソンが21世紀最高のメディア企業となるための一端を担うことを大変嬉しく思います。」

 

株式会社ネクソン

1994年に創業したネクソン(本社所在地:東京都港区)は、オンラインゲームの制作・開発、配信を手掛ける会社です。
2011年12月に東京証券取引所第一部へ上場し、2015年にJPX日経インデックス400、2017年には日経株価指数300の構成銘柄に採用されました。
また、2020年には日経平均株価を構成する225銘柄にも採用されました。
現在では、代表的なシリーズ作である『メイプルストーリー』、『カートライダー』、『アラド戦記』をはじめとする50を超えるゲームを、モバイル端末など様々なプラットフォーム向けに190を超える国と地域でサービス展開しています。

 

提供元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000014847.html
株式会社ネクソンの企業情報ページはこちら

 

関連記事

 

G-JOBエージェント本文上部下部