デベロッパー

デベロッパーとは、直訳すると「開発者」を意味する用語。日本においては、土地や街を開発する事を主な業務としている不動産会社を指すことが多いが、ゲーム業界におけるデベロッパーは、「ゲーム開発会社」を指す。
例を挙げると、「ドラゴンボールZ KAKAROT」を開発したサイバーコネクトツー、「ペーパーマリオ」シリーズなどが代表作となるインテリジェントシステムズがこれにあたる。

 

デベロッパーに対してパブリッシャーという言葉があり、パブリッシャーは主にゲームの企画や広報、流通業務を担当している。
ゲームの開発/販売には相当の労力と工数が掛かる事も多々あるので、分業制にすることでそれぞれが専門分野に効率よく専念する事が出来る。

 

デベロッパーの主な業務としては、パブリッシャーが企画したゲームを開発する業務、自社内でタイトルを開発する業務があり、パブリッシャーと共同で企画段階から携わるケースも多い。
スクウェア・エニックスや任天堂、コナミなどの大手企業の場合は、デベロッパー/パブリッシャーの機能を同時に設けているケースが殆どである。

 

関連記事