ゲーム業界における女性の活躍がすごい!女性の働き方について


ゲーム会社への就職や転職を目指す人は非常に多いですが、もちろんその中にも女性は多数含まれているでしょう。

そんな女性の人たちにとって気になるのは、「ゲーム会社は男性が多いイメージがあるため、男性中心の社会が形成されているのではないか」という点だと思います。

 

そこでこのコラムでは、ゲーム業界へ入ることを考えている女性に向けて、業界内での女性の立ち位置や注意点などを解説していきます。

 

1.ゲーム業界における女性の立ち位置

ここではまずゲーム業界内での女性の立ち位置について解説していきましょう。

 

1-1. ゲーム業界は実力主義の会社が多く、扱いもフラットな傾向にある

ゲーム業界では他の業種よりも経営者が比較的若いこともあって、男女平等の考え方が定着しています。

また、ゲーム業界の仕事の中で特に性別が重視される職種も存在していませんから、男性優遇の慣習は業界自体に存在していません。

 

具体的な例をあげれば、ゲーム業界大手のひとつであるバンダイナムコエンターテインメントの近年の採用者の男女比は2016年:男性17人・女性15人、2017年:男性23人・女性20人、2018年:男性26人・女性24人となっています。

これをみると毎年男性が多いことは確かですが、大きな開きはないことも分かります。

https://job.rikunabi.com/2020/company/r315500044/employ/

 

1-2. 女性目線でのマーケティングが可能になる

女性のゲームユーザーも多数存在していますから、女性目線でのマーケティングができる点で女性社員の存在は強みになると言って良いでしょう。

 

2.女性がゲーム会社で働く上でハードルとなる可能性がある要素

ここでは女性がゲーム会社で働く上で、障害になりうる点をあげましょう。

 

2-1. 自分のライフプランとの兼ね合い

ゲーム会社は比較的先進性が高いとは言え、出産や育児休暇が仕事を続けていく転機になりえることはあります。

出産だけは女性しか担えませんし、育児休暇の期間やその後の復帰率なども企業ごとに差があります。

そのため、ライフプランとの兼ね合いを考えることは男性よりは女性の方が多いのが実情です。

 

2-2. 女性社員が少ない会社は男性中心の社風になりがち

一般的に、社会の中で女性が活躍しやすい傾向は進んでいます。

しかし、男性社員が多い職場であれば男性中心の文化が根付いていることもあります。

ゲーム業界は近年、女性の採用が増えていますが、元々は男性が多い業界ですので、男性主体の企業も少なくありません。

 

また、意思決定を行う上層部に女性が少ない現状でもあります。

 

3.女性がゲーム会社への就職・転職を考える上で大切なポイント

ここからは、女性がゲーム会社に就職または転職する際に考えるべきポイントを整理していきましょう。

 

3-1. ワークライフバランスを重視した会社かどうか

会社を選ぶ際にワークライフバランスを重視している会社かどうかを確認しましょう。

例えば育児休暇をどのように扱っているか、産休後の復帰率がどのくらいか、など確認してみると良いでしょう。

 

例えばゲーム業界最大手であるソニーインタラクティブエンタテインメントはワークライフバランスの重要性を強調しており、育児休暇取得率が90%以上、子どもが小学校を卒業するまでは社員待遇のままで短時間勤務を認めるなど、明確な取り組みも行っています。

 

中小企業であればどこまで明示しているかはわかりませんが、入社前に制度を確認することをお勧めします。

 

3-2. ハラスメントが横行していないか

男性が多い会社である場合は男性中心の社会が形成されている傾向があり、その中にはパワハラやセクハラも含まれているかもしれません。

この種の問題は正確に調べることは難しいですが、口コミサイトなどを確認してみることは必須でしょう。

 

また、面接や問い合わせの際に「ハラスメントはありますか?」と尋ねた場合、実際に存在していても「あります」と答える企業はありません。

そのため「ハラスメントが行われないような対策はどんなことを行っていますか?」などの質問をしてみましょう。

これに対して「社員に注意を促しています」と答える程度なら、実際には何にもしていないと考えて良いでしょう。

社内の重要事項と位置付けているのであれば、具体的に時間を取って研修を行ったりしているはずです。

 

また、管理職や幹部、取締役などにどの程度女性が存在するか、という点を確認することも有効でしょう。

 

4.まとめ

ゲーム業界への就職・転職を目指す女性に向けて、現状の立ち位置や注意点などをまとめてきました。

 

日本という国では、平均的に我慢することを強いられている女性が多いのが実情です。

その中ではゲーム業界は比較的先進性が高い分野です。

ここまで紹介してきたように、業種自体に性別的制限が全くありませんから、ゲーム会社は男女がフラットに活躍できる環境が整ってきています。

 

とはいえすべてのゲーム会社で女性に対する障害が無いとは言えません。

会社選びの際に、残念な企業でないことを確認すること、入社後に何かあればしっかり声をあげて改善していくことをお勧めします。

 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

登録フォーム
下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
必須 氏名
必須 生年月日
必須 都道府県
必須 電話番号
必須 メールアドレス
必須 ゲーム業界での業務経験有無 経験あり経験なし
必須 経験職種1
任意 経験職種2
任意 経験職種3