ゲーム業界の特徴と他業界との違いとは?わかりやすく解説!


 
ゲーム業界と言えば、自由な社風が期待できそう、ヒットタイトルが出れば給料が上がりそう、といったポジティブなイメージがある一方、残業が多いのではないか、というネガティブなイメージもあるのではないかと思います。

 

この記事では、ゲーム業界への就職を目指す人に向けて、一般的なイメージではなく実際にゲーム業界は他の業界とどういった点が違うのか、を具体的にまとめます。ゲーム業界へのエントリーを考えている人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

 

1. 就職・転職活動に知っておきたい、ゲーム業界の代表的な特徴

ここからはゲーム業界への就職・転職を目指す人に向けて、ゲーム業界の代表的な特徴を記載していきます。ただし、ゲーム会社と言っても非常に多く存在しており、個々の違いがあることはご理解ください。

 

1-1. 一つのタイトルを開発するために様々な部署が協力する

ゲーム開発というと、一人で黙々とパソコンに向かっている状態を想像する人が多いかもしれません。しかし実際には、多くのゲームは分業で作られていきますから、打ち合わせも多くコミュニケーション能力は必要とされます。

 

会社によって呼び方は違いますし、ゲームごとに構成も変わりますが、例えば全体の企画や管理をする総合職の人、シナリオを作る人、キャラクターやアイテムのデザインをする人、画像や音を作る人、ゲームが機能するようにプログラムをする人などに分かれます。開発だけでも上記のような役割があり、実際にはもっと多くの役割の人が存在します。

 

さらに営業や広報、経理、人事などさまざまな人たちが関わりながら仕事をするのが一般的である、という点は知っておきましょう。

 

1-2. ビジネスモデルが会社の扱うコンテンツによって大きく異なる

ゲーム業界では、一昔前は家庭用ゲーム機向けのソフト開発が主流だったので、売り切りで利益を得るビジネスモデルが多く見られました。現在もこのスタイルはありますが、スマホなどを使ったソーシャルゲームが増えており、基本は無料でゲームをする中で、いかに課金を誘って利益を上げていくか、あるいは広告で収益を上げるか、というビジネスモデルが多くなっています。また、サブスクリプションでゲームを提供するスタイルや、e-sportsのような開発や販売ではない利益の上げ方もあります。

 

このように、売り上げや利益の上げ方が複数あり、今後も変遷していくことが予想されるのがゲーム業界の特徴の一つとなっています。

 

1-3. 残業が多い傾向にあり、納期前は特にタイトなスケジュールになる

職種・部署にもよりますが、開発職に従事していれば残業は比較的多い業界と言えるでしょう。

 

売り切り型のゲーム、ソーシャルゲームに関係なく、リリース直前に特に忙しくなる傾向があります。またソーシャルゲームの場合はリリースすれば終わりというわけではないので、平均的な忙しさが続く傾向にあります。ゲーム業界の残業について詳しく書いたコラムがあるので、以下をぜひ参照してください。

「ゲーム会社は残業が多いって本当?残業の理由と健康に働くためのポイント」

 

1-4. 技術の進歩に伴う変化が激しい

ゲーム業界は常に技術改革が起こっており、変化に追いつくのは大変です。プラスの面を見れば変化が激しいからこそ、小さな会社が一気に利益を上げるチャンスもあります。

 

その一方で、他の業界のように年齢とともに技能を上げながらキャリアアップしていく、という未来像が描きにくい面があります。会社単位での合併・吸収が多いのも特徴です。ただし、小さな企業に入ったのにオンリーワンの技術を持っていることで、いきなり大手企業の一員になれるという可能性もありますから、合併・吸収も悪い面ばかりではありません。

「ゲーム会社同士が合併・吸収する理由は?実際の合併ケースもあわせて紹介」

 

2. 覚えておくとスムーズに仕事できる!?ゲーム業界のユニークな点

ここからは、ゲーム業界ならではのユニークな特徴を紹介していきましょう。

 

2-1. 服装自由の会社が多い

ゲーム業界と言えば服装や髪形などが自由、というイメージがあります。この点はイメージだけでなく、開発職などであればアニメキャラのプリントTシャツにジーンズ、髪の色が緑やピンクといった、一見するとサラリーマンとは思われないような人も実際に存在します。

 

ただし会社や部署によって違いはあり、開発職でも襟付きのシャツは当たり前という会社もありますし、総務や営業の人などはどの会社でもそれほど自由ではありませんから、その点は理解しておきましょう。

 

ゲーム業界の服装について詳しく書いた記事があるので、ぜひ併せてご覧ください。

「ゲーム会社って本当に服装・髪型自由?面接時や勤務の際の服装について」

 

2-2. 基本はゲームが大好きな人だらけ

ゲーム会社で、特に開発系の仕事をしている人ならほとんどはゲームが好きな人です。それもなんとなく好き、というレベルではなく、仕事にしたいくらい好き、という人ばかりです。

 

また、ゲーム自体が仕事ですから、仕事中にゲームの話をすることが禁句ではありません。もちろん納期に追われたり、プレッシャーがあったりして大変なことは多いですが、ゲームを作ってお金をもらえるというのは、やはりゲームが好きな人に取ってはとても素晴らしい環境と言えるでしょう。

 

2-3. ユニークな福利厚生を導入している会社が多い

ゲーム会社ならではの福利厚生として、株式会社レベルファイブや株式会社グラニなどはゲームソフトの購入費を補助してくれます。また株式会社ネクソンなどは休憩室に歴代の家庭用ゲーム機が置いてあり、従業員の誰もがプレイを楽しむことができるサービスもあります。

 

3. まとめ

ゲーム会社については良いイメージ、厳しそうなイメージがあるが、実際にはどうなのか知りたいという人に向けて、業界としての特徴をまとめました。

 

実際にゲーム会社には平均的に残業は多めという現実はあるものの、他の業界にはない自由さがあります。そして何と言ってもゲーム好きが集まる場所ですから、「面白いゲームを開発したい!」、「好きなIPに関わりたい!」と思う人に取っては至福の場所でもあります。

 

厳しい面があるのはどの業界でも同じですから、やはりゲームに関わりたい、と強く思う人ならイメージに惑わされずエントリーしてみることをお勧めします!
 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む1,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意