ゲーム業界における「スクリプター」とは?仕事内容や必要なスキルについても解説!


 
ゲーム制作の現場で、”スクリプト言語”という簡易的なプログラミング言語を使用してゲームの動作設定を行うのが「スクリプター」です。
 
基本的に経験者や専門知識を有する人が求められているゲーム業界において、未経験でも転職しやすい職業とも言われています。
 
本コラムでは、スクリプターの主な仕事内容、年収相場、転職活動時に有利に働くスキル・経験について解説しています。未経験の状態でゲーム業界に興味を持っている方は、ぜひ参考にしてください。
 

スクリプターとは?

スクリプターの仕事は、スクリプト言語を使用したプログラミング作業によって、キャラクターの挙動やカメラワークの設定などゲーム内のあらゆる動作の構築をすることです。
 
イラスト、音楽、3DCGモデル、エフェクトといったバラバラの素材をひとつのプログラムに組み込んで、ゲーム作品としてまとめます。
 
元となる仕様書の内容に合わせ、ゲームをより盛り上げられる演出を自分で考えて設定していくため、単純なプログラミング能力・スクリプト言語への知識のほかに柔軟な発想力も求められます。
 
まずは、スクリプターの具体的な仕事内容を解説していきましょう。
 

ストーリーの設定

ライターの手によってできあがったシナリオをもとに、場面ごとのキャラクターの表情やモーション、カメラワーク、画面に表示されるテキストの表示スピードなどを設定する作業です。
 
キャラクターのセリフや状況に合った演出を設定することで、プレイヤーがゲームの世界観に入り込みやすくなり、没入感を深めます。
 

キャラクターの設定

仕様書をもとに、キャラクターひとりひとりに合う表情パターンやモーションを設定します。
 
似たり寄ったりの印象にならないよう、個性を持ったキャラクターに仕上げるために大切な作業です。
 

エフェクトの設定

ゲームに登場するキャラクターに”エフェクト”と呼ばれる演出・視覚効果の設定を行う事もスクリプターの仕事1つです。
 
エフェクトデータの作成は、エフェクトデザイナーやCGデザイナーが作成するケースが多いですが、スクリプターも同様にエフェクトによる演出効果をしっかり把握しておく必要があります。
 
キャラクターによる回復魔法や、必殺技を出したとき等、ゲームを盛り上げるための様々な演出パターンを考えておくことが重要です。
 

スクリプターの年収

スクリプターは、ゲーム制作にかかわる職業の中でも非正規雇用が多いのが現状です。
 
ゲーム制作の現場では、独自のスクリプト言語と作業指示書を用意していて、専門知識がない人でもスクリプト作業ができる環境を整えているところが多くあります。
 
スクリプターが必要なときだけアルバイトを雇うケースも珍しくないため、「スクリプター」という職業の年収相場はおおむね200~300万円程度です。
 
ただし、知識がないスクリプターたちの中でリーダー的なポジションにつくことができれば、収入アップや正規雇用も狙えます。これから解説するスキルを身につけていれば、スクリプターへ転職して安定した地位を手に入れられますよ。
 

有利なスキル

スクリプターとして活躍していく上で、持っていると有利になるスキルを紹介していきましょう。
 

スクリプト言語に関する知識や経験

豊富な種類のスクリプト言語に対応できる知識や、実際にスクリプト言語を使用したプログラミングの経験があれば、即戦力としてスクリプターの業務が行えます。
 
ゲーム制作の現場での実務経験がなくても、独学で身につけた知識と個人制作の経験があるだけで有利に働きますよ。
 

HTMLの修正やコーディングの知識や経験

ホームページ制作などに多く用いられるマークアップ言語であるHTMLの修正作業や、1からコーディングをする作業の経験・知識も大いに役立ちます。
 
HTMLに関する知識やスキルも独学である程度身につけることができるので、ぜひ挑戦してみてください。
 

高いコミュニケーションスキル

ゲーム制作はさまざまなポジションの人が連携しながら行うチーム作業なので、協調性や高いコミュニケーションスキルがある人材が求められています。
 
特にスクリプターは素材を重ね合わせていく作業なので、各担当者と的確なコミュニケーションをとり、表現したい内容やイメージを具体的に把握できればスムーズに作業を進められます。
 

まとめ

ゲーム業界における「スクリプター」という職業について、具体的な仕事内容や年収相場、転職活動において有利に働くスキル・経験の情報をまとめました。
 
スクリプターはゲーム業界の中でも非正規雇用が多いですが、逆に言えば未経験の方でも入りやすい職業でもあります。まずはスクリプターとしてゲーム業界へ転職し、経験を重ねてスキルを磨き、将来的にゲームディレクターやプランナーなどにステップアップしていくというキャリアプランも描けますよ。
 
転職活動で有利に働くスクリプト言語やHTMLに関する知識・スキルは、独学でもある程度習得できます。未経験だけれどゲーム業界に興味があるという方は、ぜひ関連知識の勉強から始めてみてください。
 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む2,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意