ゲーム業界における「アートディレクター」とは?仕事内容や必要なスキルについても解説!


 
ゲーム制作の現場において、キャラクターやアイテム、コンセプトアートなどのデザインを制作する業務の責任者となるのが「アートディレクター」です。
 
本コラムでは、ゲーム業界におけるアートディレクターの仕事内容や平均年収、求められるスキル、転職活動時に有利になる資格について解説しています。ゲーム制作におけるイラスト、デザインの業務に興味がある方は必見ですよ。
 

ゲーム業界におけるアートディレクターとは?

ゲーム業界におけるアートディレクターの主な仕事内容は、ゲームに登場するキャラクターイラストやアイテム素材、コンセプトアートなどのデザインを制作することです。
 
イラストレーターをはじめとしたほかのクリエイターからあがってくる制作物に対し、修正指示やクオリティチェックも行います。
 
デザインに関する個人作業がメインとなることもあれば、全体の監督的なポジションにつくこともあり、一口にアートディレクターと言っても、具体的な仕事内容は企業によって大きく異なることが多い職業です。
 
参考として、アートディレクターが担当することがある業務内容を解説します。
 

キャラクター・アイテムなどの考案やイベントの企画

ゲームに登場するキャラクターやアイテムのデザインを考案しイラストで表現するのが、アートディレクターの主要業務です。
 
ソーシャルゲームの場合はゲーム内イベントの企画から携わることもあり、ディレクターやプランナーなどとの連携も欠かせません。
 

月次売上予測に応じた施策の考案

こちらもソーシャルゲームの制作現場に多いケースです。月次売上予測に応じてガチャやイベントの開催、有料アイテムの販売などの施策を考案し、それに必要なコンテンツの制作指示書を用意します。
 
施策の内容が制作コストの大きさに直結するため、プロデューサーとコミュニケーションを取りながら企画を進めていく必要があります。
 

アートディレクターの年収

ゲーム業界のほか、Web、広告などさまざまな業界で働く”アートディレクター”の平均年収は約499万円で、日本の平均年収よりも高い傾向にあります。
 
ただし、個人の持つスキルによって収入が大きく変わる職業であるため、高い給与を得るためには相応のスキルを身につけることが重要です。
 

アートディレクターになるには

事前に身につけておくべき、アートディレクターに求められるスキルについて解説します。
 

主に2Dツール作成力を磨く

主にイラストによってデザインを制作するアートディレクターの業務は、2Dコンテンツの作成に用いるソフトの活用能力が必要です。
 
「Illustrator」や「Photoshop」などの定番ソフトの扱いに慣れ、クオリティの高いコンテンツを制作できるようスキルを磨きましょう。
 

コミュニケーション能力を身につける

アートディレクターというポジションは、イラストレーターやモデラーなどのスタッフにコンテンツ制作に関する指示を出す場面が多くあります。
 
指示するべき内容を的確に相手へ伝えるためには、高いコミュニケーション能力があることも重要です。
 

制作管理進行スキルを身につける

アートディレクターはゲーム内のアイテムやキャラクター制作に関連する業務の責任者になるため、プロジェクトマネジメントの経験があるとよいです。
 
責任者やリーダーといった立場になってプロジェクトを進めていく経験を積むことは、アートディレクターとしてのスキルに直結しますよ。
 

有利になる資格

アートディレクター志望の転職活動時に有利になる資格について解説します。
 

Illustratorクリエイター能力認定試験

グラフィックコンテンツ制作における定番ソフト『Illustrator』を用いて、ソフトの活用能力とグラフィックコンテンツの制作能力を測定・評価する資格検定試験です。
 
問題の指示に従ってひとつの作品を作り上げるための表現力が問われる試験内容なので、アートディレクターとしてのスキルがあることを直接的に示せます。
 
受験者のレベルに合わせて、以下の2種類の認定基準があります。
 
・エキスパート
デザインコンセプトや表現の目的に沿った創造性の高いコンテンツが制作できる能力があることと、DTP/Webデザインに関する基本的な知識があることを認定する。
 
・スタンダード
ソフトの基本操作ができることと、作業指示書に基づいて正確かつ合理的に作業ができることを認定する。
 
参考:Illustratorクリエイター能力認定試験(https://www.sikaku.gr.jp/ns/il/
 

Photoshopクリエイター能力認定試験

Illustratorと同様に、グラフィックコンテンツ制作の定番となっているソフト『Photoshop』を用いて、ソフトの活用能力とグラフィックコンテンツの制作能力を測定・評価する資格検定試験です。
 
Illustratorクリエイター能力認定試験と合わせて、2つのソフトを用いでコンテンツ制作ができることを示せれば、転職活動時に有利に働きます。
 
こちらもIllustratorクリエイター能力認定試験と同様に、以下の2種類の認定基準があります。
 
・エキスパート
デザインコンセプトや表現の目的に沿った創造性の高いコンテンツが制作できる能力があることと、DTP/Webデザインに関する基本的な知識があることを認定する。
 
・スタンダード
ソフトの基本操作ができることと、作業指示書に基づいて正確かつ合理的に作業ができることを認定する。
 
参考:Photoshopクリエイター能力認定試験(https://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/
 

まとめ

ゲーム制作の現場で、デザイン業務を統括する役割を持つ「アートディレクター」について解説しました。
 
ソーシャルゲームの制作現場では、イベントなどの施策の企画考案など、アートディレクターがデザイン以外の分野の業務を担当することもあります。イラストを用いた表現力のほかに、プロジェクトの制作管理進行スキルも身についていると仕事の幅が広がりますよ。
 
まずは本コラムでご紹介した関連資格の取得を目指して、アートディレクターに欠かせないデザイン分野のスキルを磨いていきましょう。
 

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意