デザインツール「3ds Max」について、主な機能と特徴を解説!

G-JOBエージェント本文上部下部

 
現代のゲーム作品において欠かせない3DCGデザインにおいて用いられるハイエンドソフトウェア「3ds Max」。有名ゲーム制作会社の現場でも採用されており、同じく3DCGを扱うソフトウェア「Maya」と並んで同分野におけるソフトウェアの二大巨頭と言われています。
 
今回は、3ds Maxとはどんなソフトウェアなのか?という基礎知識から、利用料金、主な使用用途、特徴的な機能までをまとめて解説します。グラフィック分野や3DCGコンテンツに興味を持っている方はぜひ参考にしてください。
 

3ds Maxとは?

まずは、3dx Maxとはどんなソフトウェアなのかをチェックしましょう。
 

3ds Maxの概要

3ds Maxは、PC向けソフトウェアを手がけるオートデスク社による、3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)作成用のWindows向け統合型ハイエンドソフトウェアです。
 
ゲーム制作の現場において広く用いられており、モデリングやアニメーション作成など、3DCGに関する幅広い作業が行えます。
 
オートデスク社のWebサイトにおいてサブスクリプション制で販売されており、契約期間別の利用料金は以下のとおりです。
 

1ヶ月契約36,300円
1年契約286,000円
3年契約772,200円

(価格はすべて税込)
※30日間の無償体験版あり
 
プロ仕様のソフトウェアだけあって、利用料金は非常に高額です。30日間すべての機能を無償で使える体験版が用意されているので、ひとまず3ds Maxに触れてみたいと考えている方はぜひそちらを活用してください。
 
現在学生もしくは教職員の方であれば、非営利目的に限りソフトウェアを無償で利用できる教育機関限定ライセンスがありますよ。
 

使い方(使用用途)

3ds Maxが得意とするのは、ゲームやアニメーション作品に用いる3DCGに関する作業です。モデリング、アニメーション作成、レンダリングまでを一挙に引き受けます。
 
特にアニメーション用のプラグインが豊富に用意されているので、追加するだけで簡単に機能を拡張したり、既存の機能をより効率よく使えるようにカスタマイズしたりすることが可能です。
 
同じくオートデスク社が提供する建築に関する設計・図面制作に用いられるソフトウェア「CAD(AutoCAD)」との連携機能があるので、建築や土木業界で使われているソフトウェアでもあります。
 

Mayaとの違い

3ds Maxと同様に、ゲーム制作の現場で広く用いられているソフトウェアとして「Maya」があります。3ds MaxとMayaにはそれぞれ異なる特徴があるので、作成したいコンテンツによってソフトウェアを使い分けることも多いです。
 
3ds MaxとMayaの持つメリットとデメリットを比較してみましょう。
 

 メリットデメリット
3ds Max・有料・無料のプラグインが豊富

・アニメーション系のプラグインが多いためアニメ作成に強い

・レンダラーソフトウェア「mental ray」との親和性が高い

・プラグインなしの状態では高度な作業が難しい(プラグインには高価なものも多い)

・MacOSに対応していない

Maya・予め備わっているツールセットが充実

・独自レンダラーを搭載

・スクリプトによる機能拡張が可能

・WindowsOS/MacOSに対応

・プラグインは物足りないため、機能拡張のためには自分でスクリプトを作成する必要がある

 
3ds Maxは、Windowsを使っていて有料のプラグインも積極的に導入できる環境にある場合や、3DCGの中でもアニメーションに関する作業をしたい場合におすすめのソフトウェアです。
 

主な3ds Maxの機能

3ds Maxの3DCG作成ソフトウェアとしての主な機能(特徴)と魅力をご紹介します。
 

Arnoldレンダラーにより、複雑なシーンの作成も可能

3ds MaxのデフォルトのレンダラーであるArnoldによって、高度で複雑な3DCGに関する作成も便利かつ快適に行えます。
 
大規模なデータセットにも耐えうる安定性があり、写真のようにリアルな質感を持つものから定型化されたものまで、自分好みにカスタマイズしたUIによる直感的な操作でイメージを形にできるのが魅力です。
 

プラグインを豊富に取り揃えている

3ds Maxは、機能を拡張したりより便利にカスタマイズできるプラグインが豊富であることが強みです。
 
有料だけでなく無料のものも数多くあり、好きなものを選んでワンタッチでプラグインを追加できます。自分で複雑なプログラミングをする必要がなく、簡単にソフトウェアをカスタマイズできるのがメリットです。
 
3ds Maxは特にアニメーション用のプラグインが優秀と評判なので、3DCGの中でもアニメーション作成に関する作業をしたいときに多く用いられています。
 

まとめ

ゲーム制作の現場でも定番の3DCG作成ソフトウェアである「3ds Max」について、概要や利用料金、主な機能をまとめてご紹介しました。
 
3DCGに関するプロ仕様のソフトウェアである3ds Maxの利用料金は、1ヶ月契約の場合の月額が36,300円(税込)と、ゲーム業界への転職を目指す方が個人で利用するには非常に高額です。
 
練習などのためにソフトウェアに一度触れてみたいと考えている方は、30日間すべての機能を無償で利用できる体験版をぜひ活用してください。
 
ゲーム業界の中でもグラフィックに関する分野に興味がある方は、3ds Maxをはじめとする3DCG制作ソフトウェアに関する知識・技術を持っていれば転職活動において非常に有利に働きます。ぜひ本記事を参考に、3ds Maxの導入を検討してみてくださいね。
 

ゲーム業界経験者が転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。
ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む3,400件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。
あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須氏名 必須
    必須生年月日 必須
    必須都道府県 必須
    必須電話番号 必須
    必須メールアドレス 必須
    必須ゲーム業界での業務経験 必須経験あり経験なし
    必須経験職種1 必須
    任意経験職種2 任意
    任意経験職種3 任意

     

    G-JOBエージェント本文上部下部