エンタメ専門学校の完全体”東京クールジャパン”の進化する教育・就職についてインタビュー!!

 

●独自の企業説明会・業界EXPOで就職活動スタート

 

――あまり学生にはピンとこない部分かもしれませんが、卒業生の就職先が100社以上並んでいるのが魅力的ですね。

 

ゲーム総合学科の話をすると、希望業界内定率100%、ゲーム業界就職率も98%あるので、これをキープして業界に人材を送り出して行きたいと考えています。

 

インターンシップも積極的にやっていて、学生の80%くらいは行っているし、インターンに行ったら大体そこに就職が決まります。

 

極端な例だと、1年生の夏に学校の紹介でアルバイトに行って、そのまま就職して学校に戻って来なかった生徒もいるくらいです。

 

――学校のスケジュールに書いてあるフェスというのは文化祭ですか?

 

そうです。

学園祭や、球技大会もあります

声優学科にはスーパーオーディションというものがあって、これは生アフレコや生朗読をプロダクションの人の前で発表するイベントです。

 

プロダクションの人のお眼鏡にかなえば、そのまま面接してデビューまで決まる、みたいな2年間の集大成ですね。

 

あとは入学式の翌週に研修合宿に行くのも特徴だと思います。

これも友達を作るとか、そういう走り出しのきっかけをさっと与えて、スタートをスムーズにするためです。

 

2020年度は新型コロナウイルスの影響で9月に延期になりましたが、毎年大阪に行って、丸一日は平日の空いているUSJで遊びます。

USJはエンタメの集大成で最高峰なので、そこでまず本物に触れるという経験も大切です。

 

――年1回開催していらっしゃる業界EXPOについても教えてください。

 

業界EXPOは本校が所属しているAdachi学園グループが独自に開催している企業説明会です。

東京、大阪、名古屋、九州の姉妹校を合わせて1000社以上が集まります。

 

分野的にはデザイン業界、エンタメ業界、ビジネス業界、観光サービス業界の企業様に来て頂き、説明会を開いてもらう形です。

 

これが行われるのが大体、入学して8ヶ月後。

学生に就職活動のスタートを意識付けるような役割も持っています。

 

 

――しっかり就職に向けて意識付けされているのですね。

  最後に、読者へのメッセージをお願いします。

 

ゲーム業界って昔はブラック企業のイメージがあったのですが、いまは大きく改善して環境が整って来ています。

会社によってはフレックス制もあって安心して就職できるし、我々もちゃんとした戦力としてデビューできるように教えていきます。

 

また保護者の方にも安心していただけるよう、説明したり制度を整えたりしているので、お子さんの「ゲーム業界を目指したい」という希望に前向きに取り組んでいただければ幸いです。

ひとつだけ、やはり専門学校と大学ではまったく違う環境で勉強するので、そこは単純に比較するのではなく、本校のことを知った上で検討していただければと思います。

 

やりたいことをまずやってみましょう。

やっていれば、いずれはどこかにたどり着きます。

僕も大学なんて考えられないくらいの成績でしたが、専門学校から電通に入社しているし、お笑い芸人にもなったし、いまは広報のリーダーを務めています。

 

入学して終わり、就職して終わりではなく、その先どのようになりたいかを本校でも支援させてもらいたいと考えています。

 

――ありがとうございました。

 

専門学校 東京クールジャパンをもっと知りたい方はこちらから

【URL】https://www.cooljapan.ac.jp/

東京クールジャパンYouTube公式チャンネル

【URL】https://www.youtube.com/channel/UC4h7KYhBlfg1RyBRfPkvPyQ

 

関連記事一覧