Softimage

Softimage(ソフトイマージ)とは、オブジェクト作成のソフトウェアを開発するオートデスク社の子会社の「Softimage社」より販売された3Ⅾモデリング制作用のソフトウェアである。
なおオートデスク社は、自社が扱うソフトウェアである3ds Max,Maya等の開発リソースを集約させるために、2014年にリリースされたAutodesk Softimage 2015をもって同サービスの開発を終了している。

 

1988年に発売されたSoftimageでの開発事例は非常に多く、スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーXIII」、カプコンの「バイオハザード5」、スタジオジブリの作品など、ゲームやアニメ、映画など幅広く使われていた。

 

関連記事