「ポケコロ」「猫のニャッホ」のココネに聞く“暮らすような会社”が生み出す効果

 

ココネ株式会社は今年2020年で創業12年目を迎えており、人気声優の梶裕貴さん・小野賢章さんとのコラボレーションを実施した『ポケコロ』や主人公役の声優を杉田智和さんが務めたことで話題を集めTVアニメ化も果たした『猫のニャッホ~ニャ・ミゼラブル~』を展開しています。

 

社員が働きやすい環境を整備するためにさまざまな取り組みやイベントを行っており、2018年から3年連続で日本の“働きがいのある会社”ランキング・ベストカンパニーに選出されました。
今回はココネが東京オフィスを六本木から三軒茶屋に移転したということで、取締役弁護士・石渡真維さんに新たなオフィスのコンセプトやそこに通う社員に対する思いに関するお話を伺いました。

 

石渡真維さん

 

※記事内におけるココネのオフィス内の写真は、移転作業の途中の状態のものです。
※インタビューは2020年7月に実施されたもので、内容もそれに準じたものとなります。

 

――まずは、簡単な自己紹介をお願いいたします。

 

取締役弁護士・石渡真維です。
元々は弁護士をやっていまして、10年くらいたった2014年ごろにココネに出会い、入社しました。

 

弁護士をやっていたころは社員になることは想定していませんでした。
社長、役員の皆さんの話や会社の展望に関する話を聞いて“ここは良い会社なんだな”、“これは聞けるだけでも勉強になるな”と思っていたところに「ぜひお手伝いしてほしい」とお声がけいただいたことがきっかけです。
入社当時はバックオフィスの仕事をすべて行っていて、給与計算などもやっていました。
その後は、「ポケコロ」の事業部門を2年ほど見させてもらって事業がわかるようになったり、「マイリトルドール」というディズニーの版権アプリのリリース時の事業部長をやらせていただいたり、子会社であるCocone Educationの代表になって幼稚園“インターナショナル・モンテッソーリ・ミライキンダーガーデン”の経営に携わったりしてきました。

 

現在ではCSとバックオフィスを見ながら広報、幼児園を見て……何でもやっているという感じです(笑)。
横断的に何でもやらせてもらえていまして、そのおかげで今どのような事業が弱いのかといったことがわかりやすく、自身の仕事に生きていると思います。
ココネでは、創業の意図を理解して、その文化をよくしようとする人がコアにいます。
それは開発者やデザイナーなどでも同じというイメージですね。

 

言い忘れていましたが、専門ですので法務も見ています(笑)。
2019年に福岡のハンゲームを買収した際にはすべてハンドリングしましたし、必要なコーポレート系のこともやっています。
担当してきた仕事は誰かに引き取ってもらうことがありますが、法務だけは手放したことがないですね。

 

なお、ココネの紹介については、過去3回のインタビューでも行っておりますのでそちらも確認いただければと思います。