ゲーム業界は地方を救えるか? NPO法人・IGDA日本による専門グループの活動とは

 

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)は、全世界のゲーム開発者“個人”を対象とした国際NPOであるIGDA(International Game Developers Association/国際ゲーム開発者協会)の日本支部として、2002年4月に発足しました。
情報共有とコミュニティ育成を通した業界支援をミッションに掲げており、最近では地方活性化を促進するための専門部会“SIG-地方創生(SIG:Special Interest Group)”を設立。ゲーム業界のさらなる発展のために、精力的に活動の幅を広げています。
今回はIGDA日本理事長の高橋勝輝様、IGDA日本理事およびSIG-地方創生の正世話人である蛭田健司様に、IGDA日本やSIG-地方創生の活動内容、今後目指していく姿について詳しくお話を伺いました。

 

高橋勝輝様

 

蛭田健司様

 

――まずは簡単な自己紹介をお願いいたします。

 

高橋

 

高橋勝輝です。
NPO法人・IGDA日本の理事長を務めています。

 

元々は雑誌編集者の仕事に就いていて、マッキントッシュ専門誌『Mac Fan』でゲームの紹介記事やプログラミングの記事を担当していました。
また、インディーズの走りでイタチョコシステムというソフトハウスの創業者・ラショウさんによる漫画も担当していました。

 

IGDA日本への参加は、発起人である新清士さんと秋葉原で行われていたイベントで知り合い、彼の活動を手伝い始めたことがきっかけです。
ちなみに、イベントの存在は『ゲーム批評』という雑誌を通して知ったのですが、こちらには名誉理事兼事務局長の小野憲史さんが創刊にかかわっていました。

 

蛭田

 

蛭田健司です。
IGDA日本の理事とSIG-地方創生の正世話人を務めています。

 

理事に就任したのは、もっと本組織の認知度を高め、参加者を増やしていくことが、IGDA日本のミッション達成のために大切だと思ったこと。そして私自身の経験が幅広く役に立つのではないかと感じた事がきっかけです。

 

私が主にかかわるのは、正世話人を務めるSIG-地方創生です。
以前にもインタビューで取り上げていただいたように、IGDA日本への参加前からゲームを通じた地方創生に関する取り組みは独自に行っていました。

 

 

ゲーム開発者やそれ以外の人を巻き込んで地方創生の活動を行っていく上で、非営利団体のIGDA日本はこの活動に適しているのではないかと考え、SIG-地方創生を提案して立ち上げさせていただきました。

 

正会員としての活動期間は1年ほどで、まだIGDA日本について詳しくない部分もありますので、今回のインタビューで勉強できればと思います(笑)。
この記事を読んだ人が私と同じように“なるほど!”と思ってもらえるとうれしいです。