ゲーム業界における「デベロッパー」とは?業務内容などを解説

ゲーム業界の言葉で、「デベロッパー」と「パブリッシャー」という会社の種類分けを聞いたことがあると思います。

このコラムでは、ゲーム業界への就職や転職を目指す人に向けて、デベロッパーとパブリッシャーの違いを説明し、読んだ人がどちらを目指すのか参考にできるような情報をまとめています。

 

1.ゲームデベロッパーとは

1-1. ゲームデベロッパーは、ゲームを実際に開発している会社

「ゲームデベロッパー」とは、ゲームを実際に開発している会社のことを言います。

例えば以下のような会社がデベロッパーにあたります。

 

・ノーティドッグ

・フロム・ソフトウェア

・モノリスソフト

・サイバーコネクトツー

・プラチナゲームズ

・インテリジェントシステムズ

・ヘキサドライブ など

 

一方パブリッシャー企業には任天堂やバンダイナムコ、セガ、コナミなどがあり、宣伝や販売を受け持っていることもあって一般的にパブリッシャーの方が認知度が高いです。

 

1-2. ゲームデベロッパーとパブリッシャーの違い

デベロッパーとパブリッシャーの違いは、デベロッパーがゲーム開発を行っているのに対して、パブリッシャーは自社またはデベロッパーが開発したゲームを販売したり、リリースしたりしている点にあります。

 

1-3. ゲームデベロッパーとパブリッシャーの関係

面白いゲーム、できの良いゲームを開発するには膨大なエネルギーと時間がかかりますし、宣伝・広告、販売もまた違うエネルギーを大きく必要とします。

そこでそれをあえて分業化することで効率を良くし、それぞれの事業に専念する形をとっているのです。

 

分業によって売り上げや利益が伸びれば、デベロッパーも安定してより良いものを作っていけますし、良いものができればパブリッシャーもさらに販売・宣伝に注力して売り上げを伸ばすことができます。

つまりそれぞれが専門分野に専念することで、WINWINの関係で共存共栄していくことができるのです。

 

1-4. パブリッシャーの大企業はデベロッパーでもある

大手のパブリッシャー会社の多くは、パブリッシャーとして宣伝・販売を行っているだけではなく、自社開発の能力も持っています。

例えばスクウェア・エニックスや任天堂などはパブリッシャーの大手として知られていますが、デベロッパーとしての能力・チームを持っています。

しかしデベロッパーとパブリッシャーの両面を持っている会社は基本的にはパブリッシャーと名乗ることが多いです。

 

2.ゲームデベロッパーの業務内容

2-1. パブリッシャーの提示する期限を厳守し、ゲームを開発する

ゲームデベロッパーの多くはパブリッシャーが出した規格に沿って、また納期を守ってゲームの製作を行います。

その業務内容は企画やシナリオを作ったり、キャラクターをデザインしたり、CGやアニメーションを作成したり、効果音を作成したり、それらを作品として楽しめるようにプログラミングしたり、と非常に多様です。

職種としても、いわゆるディレクター、プランナー、プログラマー、デザイナー、といった人たちが在籍しています。

また、グラフィック部分やプログラミング部分などさらに細かいところに特化した企業もありますから、その形態もさまざまです。

 

一般的に「ゲーム会社」というと、多くの人は任天堂などのパブリッシャーを思い浮かべると思います。

しかし、実際にゲーム開発部分を担当しているのはデベロッパーになります。

 

2-2. 自社タイトルの開発をする

デベロッパーの多くはパブリッシャーからの依頼を受けてゲーム製作を行っていますが、パブリッシャーからの発注だけでなく、自社で企画から起こしてタイトルを生み出していくデベロッパーもあります。

これは利益性を高めるため、自社の認知度を上げるため、という経済的な側面が高いですが、それだけではありません。

クリエイターとしての自由な感性を追求するため、「面白いものをゼロから作り出す喜びが企業を成長させる」といった良い意味での職人気質も理由になっています。

 

3. ゲームデベロッパーの将来性

3-1. 優れたタイトルを生み出せば、パブリッシャーがリリースしたとしても認知度が上がる

一般の人にそれほど名前が知られていないとしても、デベロッパーとして良い仕事をすれば業界での認知度が上がり、利益性を高め、さらに大きなチャンスを得ることもできます。

また、ゲーム好きな人ならどのデベロッパーが製作しているかにも着目していますから、デベロッパーの名前によってタイトルの販売数が左右されることは珍しくありません。

 

デベロッパーとして知られている会社も無数にあります。

特に上記で挙げたようにノーティドッグ、フロム・ソフトウェア、モノリスソフト、サイバーコネクトツー、プラチナゲームズなどはデベロッパーとして高い知名度を持っており、それぞれファンの数も少なくありません。

 

3-2. 会社の知名度が上がれば、パブリッシャー事業に参入することもできる

会社の方針にも寄りますが、会社の知名度を上げて、デベロッパーとしての事業を続けるだけにとどまらずパブリッシャー事業に参入する会社もあります。

 

例えばレベルファイブは1998年に創立して以来、プレステ2専用のソフトや、ドラクエシリーズの製作も行うなどして知名度を上げた上で、2006年にパブリッシャー事業に参入しています。

 

4. まとめ

ゲーム会社におけるデベロッパーとパブリッシャーの違いを解説し、デベロッパーの業務内容やその将来性などを紹介しました。

大きくまとめれば、大本の企画や宣伝、販売を中心に業務を行っているのがパブリッシャー、製作を中心に行っているのがデベロッパーです。

とは言えその境目は完全にはっきりしたものではなく、パブリッシャー企業がデベロッパー的な動きをすることもありますし、デベロッパーとしてスタートしてパブリッシャー業務に参入する会社もあります。

ゲーム会社への就職・転職を考えている人は、自分自身が望む職種や、思い描く将来像を踏まえた活動を行ってください。

関連記事一覧