• HOME
  • 記事
  • インタビュー
  • バンダイナムコの新たな挑戦! 株式会社BXDが提供する『enza』プラットフォームの意義とその可能性に迫る

バンダイナムコの新たな挑戦! 株式会社BXDが提供する『enza』プラットフォームの意義とその可能性に迫る

2017年、株式会社バンダイナムコエンターテインメント(以下BNE)と株式会社ドリコムが協力し、新たな企業、株式会社BXDを立ち上げました。

BXDはIPを軸に様々なエンターテインメントや商品を組み合わせ、世界で最も多様な顧客接点を持ち、創意工夫によって新しい価値を生み出し続ける企業を目指しています。

BXDが目指す姿と、BXDが提供する『enza』プラットフォームの意義と今後の可能性について、代表取締役社長の手塚晃司氏に伺いました。

 

バンナムとドリコムの弱点を補うBXD

 

――最初に、BXDという会社がどんな企業で、何を目指しているのかを教えて下さい。

 

BXDは新しい遊びを提案する会社です。

新しいワクワクを世の中に届けていくなかで、BNE一社、ドリコム一社だけではやりにくいことがあるので、BXDという形を作りました。

 

BNEは規模が大きいぶん、最先端の流行や、遊びや趣味、ネット技術といったトレンドを製品に活かすまで慎重で時間がかかることがあります。

一方でIPを扱う経験が豊富で大きな展開も可能です。

ドリコムさんはその逆で流行の最先端に立ち、能力もやる気もあるけど、単独で新しい大きな挑戦をするのはリスクがありました。

 

そこを一緒にやることで解決していこう、という背景でBXDは生まれました。

 

――手塚さん自身の略歴についても教えて下さい。

 

大学を卒業して新卒で入ったのは、バンナムではなく別のゲーム会社でした。

人数が少なくて、若くても仕事を任せてもらえるという理由で選んだ会社です。

 

実際に企画もやりましたし、開発もプロモーションも商品管理も、全部やらせてもらえました。

営業担当の時は、ゲームショップの店頭でゲーム大会を開催して、その司会なんかもやっていましたね。

 

他には、デパートでキャラクターの着ぐるみに入って、握手会もやりましたよ。

元々エンターテイメントがやりたかったんですが、単なるゲーム開発を超えて、エンターテイメントの様々な側面を経験できたのは良かったし、面白かったです。

 

――エンターテイメントの中で、何故ゲームを?

 

ユーザーの操作や反応で作品ができあがる双方向な点が面白いと思い、ゲームを選びました。

iモードがちょうど出たころに脳トレ系の企画をやっていて、売り上げが一気に上がったんです。

その時にもお客さまとコミュニケーションを取りながら面白くしていく体験ができて、ネットってすごいと思いました。

 

そんな中で、より多くの人に面白さを届けられる会社に移ろうと思い、当時のバンダイネットワークスに入りました。

バンダイネットワークスに入った後は、『ジャンプランド』という週刊少年ジャンプのキャラクターを使って遊ぶウェブサービスを担当しました。

 

――いまはもうサービスが終わりましたが、時代を先取りした企画という印象です。

 

本当に画期的な取り組みだったと思いますし、IP・キャラクターの強さや面白さを体感させてもらえました。

当時、バンダイグループとして初めて週刊少年ジャンプIPのネットワークのサービスに取り組んだのが『ジャンプランド』だったので、あらゆることが手探りでしたね。

 

バンダイネットワークスのころは、そういうゲーム以外のエンターテイメントが多かったんですが、ある時バンダイナムコゲームスと合併することになり、そこからはまたゲームをやろうと取り組んでいった感じです。

 

ただ、バンダイナムコゲームスには当然ながらゲーム作りのプロがいっぱいいたので、なかなか自分のやりたいようにゲーム作りを任されるわけじゃない。

仕方がないので誰もやっていないIPに手を挙げて担当したり、細かい実績を上げつつ、ソーシャルゲームが流行し始めたタイミングで、GREEの『仮面ライダーウォーズ』で本格的にゲームに戻って来ました。

 

――いいタイトルに巡り合って来たんですね。

 

実はそういう訳でもなく……ガラケーでのソーシャルゲームの全盛期に、この状況がずっと続かないというのは分かっていたので、その時点で次を探していました。

 

注目したのは当時iPhone3Gとか3GS時代のスマホで、触り心地がこれまでにないものだった。

これでゲームを作ったらどうなるんだろうと、一番初めに『ガンダムエリアウォーズ』を作りました。

 

実はこれがいまの『ガンダムエリアウォーズ』と全然違っていて、周辺のマップにザクとかの敵が出現するので、そこまで歩いて行って街中にARで表示される18mのザクを見上げながら自分のモビルスーツを呼び出してバトルするという、画期的なゲームだったんですよ。

 

『ポケモンGO』より断然早い。

ただ、当時のスマホのスペックが追い付かず、なかなか思うようには動きませんでした…。

 

――回線速度の問題もありました。

 

それこそ時代が早すぎましたね。

でもそこからリニューアルして、ARは置いておいて別のゲーム性に変えて、ロングランを達成しているゲームです。

 

『ガンダムエリアウォーズ』が上手く行っていなかったら、バンダイナムコグループのスマホ事業の立ち上がりはもっと遅かったと思います。

『ガンダムエリアウォーズ』でスマホでもゲームが商売になると分かって、どんどん大きいIPを投入する流れになりました。

 

いまやスマホは主軸のひとつです。

ただ、ガラケーのソーシャルゲームの時代がずっとは続かなかったように、スマホアプリの時代もずっと続くわけではない。

次の遊びはなんだろうというのを我々BXDは考えなくてはならないと……綺麗に会社の話に繋がりましたね(笑)。

関連記事一覧