『Fallen of the Round』に見る、積極的になるほど面白いゲームの秘密とは


スマホゲームの多くはカジュアルなプレイを前提とした作品がほとんどですが、中にはコアなゲーマーを唸らせるほどの作品も存在します。

 

難しいゲームはなかなか新しいユーザーの獲得に難儀するところですが、それでもゲーマーの心を惹きつけるのにはどのような理由があるのでしょうか。

 

『Fallen of the Round』の遊び方

『Fallen of the Round』は、ターン制で展開されるファンタジー系のボードゲームを、手軽にスマホで遊べるという作品です。

 

駒を使ったファンタジー系ボードゲーム

ファンタジーのボードゲームと言っても、基本的なシステムはバトル型のRPGです。

ステージセレクト画面から行先を選び、枝分かれするダンジョンの分かれ道を選びながら、最深部にあるモンスターの討伐を目指します。

 

ダンジョンのマップは毎回自動生成され、冒険へ出かけるたびに異なるダンジョンを楽しめるというクラシックな設計になっており、スマホゲームとはいえ骨太に楽しめるのが特徴です。

 

実際のバトルシーンですが、盤上に敵キャラクターが現れるので、プレイヤーキャラクターを盤上にセットするところからスタートします。

 

白兵戦を得意とするキャラ、弓で遠距離からの攻撃を得意とするキャラなど能力は様々で、攻撃力や体力といったステータスを加味しながら、戦略的に戦闘を進めていく必要があります。

 

戦闘はターン制で展開され、自分の操作ターンがきた場合、手持ちの駒はひっぱり操作で移動先や攻撃先を決定します。

 

指を離すと、そのキャラクターは自分の能力に応じた攻撃方法で相手にダメージを与えてくれます。

まるで実際に駒を弾いて攻撃しているような感覚が味わえるよう、サウンドなどにもこだわって制作されており、操作性は抜群の評判です*1。

 

シビアな難易度も特徴的

コンピューター相手のボードゲームと聞くと、ある程度ボードゲーム慣れしている人であれば、容易にクリアしてしまえるのでは、と考える人もいるかもしれません。

 

ただ、このゲームはRPGのような戦闘が醍醐味とはいえ、ダメージ設定が非常にシビアに作られている点も特徴です。

 

ゲームを進めると、ほんの数発、あるいは一発ダメージを受けただけで駒が戦闘不能になってしまう場合もあり、一手のミスが大きな命取りとなる可能性も高いのです。

 

また、体力回復の機会も限られており、うまく回復の機会を逃さず、強敵との連戦を控えるよう立ち回らなければ、即座にゲームオーバーが確定してしまうという、非常に難易度の高い設定となっています。

 

だからこそ知恵を絞る価値があるという見方もありますが、あまりカジュアルな楽しみ方はできず、むしろハードコアなゲームを求めていた人にとって、大いに価値のある作品となっています。

 

難しさが取り柄の『Fallen of the Round』

ルールをすぐに覚えて、誰でも強者になれる、というわけにはいかない今作ですが、だからこその楽しさが至る所に垣間見えるのが今作の強みです。

 

油断するとすぐにゲームオーバーの難易度

『Fallen of the Round』は、前述の通り非常に難易度の高い作品に仕上がっているため、適当にプレイしているだけではクリアできない作品です。

 

そのため、プレイ時にはそれなりの姿勢で臨むことが求められ、スマホゲームとはいえ根気よく遊ばなければいけません。

 

スマホゲームはカジュアルな作品が多く、ちょっとした時間の暇つぶしを求めているユーザーも多いのですが、こういった層との相性はあまり良いものではありません。

 

しかし、逆にスマホのカジュアルさに辟易し、手軽にハードコアなゲームを遊べる環境を求めているゲーマーにとっては、非常に魅力的な作品です。

 

難易度が高いことは、必ずしも集客につながらないことはなく、むしろコアゲーマーの注目を弾くための要素として機能してくれます。

 

腰を据えて遊ぶほどに面白くなる設計

今作の面白い点としてもう一つ挙げたいのは、ただ難しいゲームであるだけでなく、遊ぶごとに難易度が低下し、ゲームの仕組みを高度に理解しながら遊べるようになるという点です。

 

操作性が悪かったり、極端にクリアさせる気がないなどと言った意味での難しいゲームは、一度コツを掴むと一気にそのゲームの面白みが失せてしまうため、長続きしないのがデメリットです。

 

しかし『Fallen of the Round』はボードゲームを主体としている作品であり、どのように駒を動かせば良いのかを理解できるようになることで、どんどん多様な遊び方ができるようになります。

 

ボードゲームなので運要素も少なく、確かな成長を感じられるシーンも多いため、作品の魅力を多いに堪能できるでしょう。

 

遊ぶごとに難しさが気にならず、むしろその作品の奥深さに気づかされる、良い循環をもたらせます。

 

難しいゲームが面白いゲームになれる理由

難しいゲームはすぐにプレイを諦めてしまうこともあるものですが、なぜこれらのコアゲームはいつまでも求められるのでしょうか。

 

「仕組みを理解できた」という感動

新しい仕組みを持ったゲームは、ビデオゲームや物理的なボードゲームを問わず、どうしてもそのルールを覚えるのに苦労してしまうのが特徴です。

 

しかし、うまくそのゲームに馴染み、ルールを覚えられるようになれば、これまでもどかしく感じていた扱えなさが解消され、途端にゲームを楽しめるようになります。

 

この瞬間に到達できるようになるまでは個人差があるものの、多くの人にとって、そのゲームを面白いと思わせる重要な要素です。

 

複雑すぎる仕組みはストレスにつながりますが、ギリギリ理解できるレベルのルール設定は、プレイヤーの向上心を刺激してくれます。

 

いつまでも遊べるだろうという安心感

難しいゲームをうまく遊べるようになるためには、ある程度の長い時間をかけることが求められます。

 

この長い時間をかけて遊ぶというのは、言い方を変えると飽きずにプレイし続けられるということにもなります。

 

近年のスマホゲーの多くはカジュアルすぎるあまり、ゲームをすぐにクリアしてしまい、短時間で飽きてしまう、という問題も見られます。

 

一方、『Fallen of the Round』のように程々に難しいゲームだと、やや遊び方を身につけるのに時間はかかるものの、楽しめるようになるまで遊ぶぞ、という目標を設定できます。

 

楽しくなるまでの過程を楽しめるようなゲームは、たとえ難易度が高くともコアなユーザーを獲得できるでしょう。

 

おわりに

面白いゲームには程よい難易度が求められますが、「程よい」難易度の匙加減は難しいものです。

 

何度もテストプレイを繰り返し、難しさを楽しめるような設計に落ち着けることができれば、人気作品の仲間入りに近づくこともできるでしょう。

 

併せて読みたい記事

ボードゲーム好きなら遊んでおきたい『Terraforming Mars』のゲーム設計
やんちゃな好奇心を刺激する物理ゲーム『Bridge Constructor』の設計
詰め込みすぎたゲーム『Craftopia』は理想の設計と言えるのか

 

参考:

*1 ゲームキャスト「ジオラマ風ダンジョンでの戦いと成長を描くボードゲーム『Fallen of the Round』レビュー。魔物の暴力を、それを上回る暴力で破壊する荒削りな面白さが光る1作」

http://www.gamecast-blog.com/archives/65979427.html

 

===============

 

ライター名:Satoru Yoshimura

 

プロフィール:ライター。20年以上の付き合いがあるビデオゲームとアメリカ音楽をテーマとした活動が中心。「日本のゲーム音楽がヒップホップに与えた影響」などブログで公開中。

 

===============

 

『Fallen of the Round』App Store:https://apps.apple.com/jp/app/fallen-of-the-round/id1552796903

 

『Fallen of the Round』Twitter:https://twitter.com/hani_h

 

ゲーム業界で転職するなら

GAME CREATORSを運営しているリンクトブレインでは、ゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供しています。

ゲーム業界に精通したコンサルタントが、非公開求人を含む2,300件以上の求人の中から、あなたの希望や適正にあった最適な求人をご紹介します。

あなたの転職活動を成功に導くためにサポートいたしますのでお気軽に登録してください!

 

    登録フォーム
    下記フォームにご入力の上、「エージェントサービスへ登録する(無料)」ボタンをクリックしてください。
    必須 氏名 必須
    必須 生年月日 必須
    必須 都道府県 必須
    必須 電話番号 必須
    必須 メールアドレス 必須
    必須 ゲーム業界での業務経験 必須 経験あり経験なし
    必須 経験職種1 必須
    任意 経験職種2 任意
    任意 経験職種3 任意