人気ゲーム会社の就職倍率は?内定を勝ち取るためのポイントも説明


ゲーム業界は求人倍率が非常に高いことで知られています。

業界そのものが成長を続けていること、クリエイティビティを発揮できる環境があること、自由な気風、そして何より多くの人にとっての憧れの仕事であることなどが大きな理由です。

 

このコラムでは、ゲーム業界の現状の採用状況を紹介しつつ、高倍率のゲーム会社に内定を勝ち取る方法や、ゲーム業界に入っていくためのキャリアパスなどを紹介していきます。

 

1.ゲーム会社大手パブリッシャーの採用人数

ここではまず、ゲーム業界大手のパブリッシャー企業における2019年の採用実績を見ていきましょう。

※パブリッシャー企業とは、ゲーム開発の中心をデベロッパー企業に委託して販売やリリースに軸足を置く企業です。

ただし単純にデベロッパー企業に丸投げしているわけではなく、自社で開発自社する能力も持っています。

 

ゲーム業界における大企業、パブリッシャー企業については、以下の記事もあわせてご覧ください。

「大手ゲーム会社をご紹介!大手と中小の会社の違いについても解説」

「ゲーム業界における「パブリッシャー」とは?業務内容などを解説」

 

以下は、就職四季報2020年度版を参照したデータです。

・任天堂…2019年80名採用

https://www.nintendo.co.jp/jobs/recruit/index.html

 

・ソニー・インタラクティブエンタテインメント…2019年26名採用

https://www.sie.com/saiyo/newgrad.html

 

・バンダイナムコエンターテインメント…2019年52名採用

https://www.bandainamcoent.co.jp/job/grad/

 

・スクウェア・エニックス…2019年43名採用

https://www.jp.square-enix.com/recruit/fresh/

 

・コナミデジタルエンタテインメント…2019年155名採用

https://www.konami.com/jobs/ja/rec/

 

・カプコン…2019年80名採用

http://www.capcom.co.jp/recruit/index.html

 

以下は、各リクルートサイトによる情報です。

・セガグループ…2020年募集人数51~100名

https://recruit.sega.jp/

https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp1557/employment.html

 

・レベルファイブ…2019年31~35名採用(見込)

https://www.level5.co.jp/recruit/newgraduates/

https://job.rikunabi.com/2020/company/r166010008/employ/

 

2.ゲーム会社人気デベロッパーの採用人数

パブリッシャー企業に続いて、人気の高いデベロッパー企業の2019年採用人数を紹介しましょう。

記載する採用人数は各リクルートサイトから引用しています。

※デベロッパー企業はパブリッシャー企業の依頼によってゲーム開発を行っている会社です。

ただし、デベロッパー企業がオリジナルの企画でゲーム開発を行うこともありますし、パブリッシャーの業界に参入していくケースもあります。

 

デベロッパー企業については、以下の記事もあわせてご覧ください。

「ゲーム業界における「デベロッパー」とは?業務内容などを解説」

 

・フロム・ソフトウェア…11~15名

https://careers.fromsoftware.jp/jp/newgraduates.html

https://job.rikunabi.com/2020/company/r927800043/employ/

 

・ゲームフリーク…若干名

https://recruit.gamefreak.co.jp/new2020

https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp100216/employment.html

 

・モノリスソフト…6~10名

https://www.monolithsoft.co.jp/recruit/fresh/

https://job.rikunabi.com/2020/company/r866471069/employ/

 

・サイバーコネクトツー…16~20名

http://www.cc2.co.jp/recruit/?page_id=3284

https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp225992/employment.html

 

・プラチナゲームズ…16~20名

https://www.platinumgames.co.jp/jobs/new-recruits/

https://job.rikunabi.com/2020/company/r347110021/employ/

 

・インテリジェントシステムズ…21~25名

https://www.intsys.co.jp/recruit/

https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp80932/employment.html

 

・ヘキサドライブ…6~10名

https://hexadrive.jp/recruit/

https://job.rikunabi.com/2020/company/r928110073/employ/

 

3.人気企業の倍率と、エントリー数から類推するゲーム会社の倍率について

各人気ゲーム企業の求人倍率は公表情報ではないため明確ではありませんが、ある程度根拠のある数値を持って推定してみましょう。

完全に同じ業界とは言い切れませんが、比較的親和性が高い企業で、アニメや映画、書籍などを発信することから高いメディア性やエンターテインメント性を持つ「KADOKAWA」への事務系求人総数が4204人だったというデータにまず着目します。

 

KADOKAWAの数値を参考に、任天堂への求人数を5000人と仮定すれば、採用人数が80人であった2019年の求人倍率は5000/80=62.5倍となります。

 

同じ要領で、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの求人を4000人と仮定、バンダイナムコエンターテインメント、スクウェア・エニックス、コナミデジタルエンタテインメント、カプコンを3000人と仮定して推定倍率を列挙します。

 

・任天堂…約62.5倍(5000/80)

・ソニー・インタラクティブエンタテインメント…約153.8倍(4000/26)

・バンダイナムコエンターテインメント…約57.6倍(3000/52)

・スクウェア・エニックス…約69.7倍(3000/43)

・コナミデジタルエンタテインメント…約19.3倍(3000/155)

・カプコン…約37.5倍(3000/80)

(数値はあくまでも当記事による独自推定によるものです)

 

4.人気ゲーム会社で採用を勝ち取るために大切なポイント

この項目では、ゲーム業界の内定を勝ち取るための重要なポイントを、参考になる記事を紹介しながら解説していきます。

 

4-1. 履歴書(ポートフォリオ)や面接などの対策は完璧に

ここまで書いてきたように、ゲーム業界は非常に就職希望者が多いので、一社にこだわらず多くの会社にトライすることも考えましょう。

また、うまく面接にこぎつけた場合、志望動機を相手の心をつかむようなものに整理したり、ポートフォリオなどのアピール素材を作り込み、しっかり対策していくことが重要です。

 

以下の記事では新卒でゲーム業界に入りたい人に向けて、押さえておくべきポイント、面接に臨むコツなどを紹介しています。

「ゲーム業界に新卒で入るために気を付けておきたいポイントとは?」

 

4-2. 大企業での採用は学歴と何ができるかが非常に大切

ゲーム業界で働くにあたって「学歴はそれほど重要ではない」という見方をする人もいます。

それに対する答えは、「ゲーム業界」という大きな枠では表しにくいとしか言えません。

例えば大手パブリッシャー企業に入るには、一定程度以上のスキルを持っている上に、有名大学を出ていなければ足切りに合うケースもあります。

 

一方、デベロッパー企業であれば即戦力が重要視される傾向にあるため、学歴よりも「何ができるのか」という点に重点が置かれます。

専門学校卒業生が優遇されるケースがあるのもその理屈によるものです。

 

以下に企業が求める学歴、スキルの関係を詳しく書いているので参照してください。

「ぶっちゃけ、ゲーム業界への就職・転職に学歴は必要?」

 

4-3. 自分の強みを育てるキャリアパスを歩み、中途採用を狙うのも手

ゲーム業界大手に新卒で入るには、非常に高いハードルを越えなければなりません。

ただし、新卒で大手ゲーム企業に入社する、というこだわりを一端外し、中小企業、デベロッパー企業にまずは就職してから、実績を付けて中途採用の枠を利用して転職するという手もあります。

 

ただし、中小企業、デベロッパー企業でも人気職種であることに違いはありませんから、簡単に就職できるわけではありません。

自分自身のスキルを磨き、それを最大限にアピールする方法を考えて面接に臨みましょう。

 

5.まとめ

ゲーム業界に就職することに向けて、求人数を紹介し、倍率の推定、内定を勝ち取るための方法などをまとめました。

 

ここまでも紹介してきた通り、ゲーム業界は非常に競争が激しい社会で、大手企業に新卒入社するというのは非常にハードルが高い目標です。

そこに入っていくためには正攻法だけでは難しい面もあります。

インターンやアルバイトで内部の人に接触してコネクションづくりに励む、大手にこだわらずとにかくゲーム業界に入ってから実力をつけてステップアップしていくなども方法のひとつです。

 

さらに、ゲームの製作に関わりたいということであれば、ハードルが高い大手企業を目指す必要はなく、デベロッパー企業を第一志望にする手もあります。

まずは自分自身が望む未来をしっかり整理し、目標に向かっていくことをおススメします。

 

関連記事一覧