オシャレで愉快なのはオフィスだけじゃない!おもしろさを追求するポノス株式会社の働きがいとは!?


キモかわにゃんこが大活躍する『にゃんこ大戦争』を生み出した、ポノス株式会社。

京都に本社を置く同社は、他のゲーム会社とは一線を画す「ななめ上を、行け」というコーポレートスローガンを置き、独自のエンターテインメントを提供し続けています。

今回は、管理部長関氏(写真左)と人事担当桜木氏(写真中央)・西野氏(写真右)の3名に、ポノスならではの働きがいや、社内制度を教えていただきます。

 

●ポノス管理部とは

 

――まずはポノスがどんな会社なのか、教えて下さい。

 

 

創業は1990年12月で、プレイステーション用ゲームソフトの開発からスタートしました。

その後、ガラケー向けのゲーム開発へ移行し、現在はスマホ向けゲームアプリ開発をメインにおこなっています。

 

スマホ向けゲームに参入したのが、国内にスマホが普及しはじめた2008年頃で、『にゃんこ大戦争』をリリースしたのは2012年になります。

実は『にゃんこ大戦争』は元々ガラケー向けのゲームコンテンツだったのですが、ガラケーでプレーするよりも、スマホでのプレーに適しているのではという開発チームの発想でスマホ向けに移植開発したタイトルになります。

 

リリースから7年以上経った現在でも、数多くのユーザーの皆さまに楽しんでいただいており、ダウンロード数は全世界で4900万を超え、5000万の大台をうかがうかという状況です。

またユーザーの半数は海外の方になります。

『にゃんこ大戦争』は現在、英語版・韓国語版・中国語繁体字版を展開しており、積極的に海外進出しているという特徴があります。

 

他にも、韓国でリリースされているリズムゲームの、日本での運営を受託している『SUPERSTAR』シリーズや、東映アニメーションさん、ディー・エヌ・エーさんと共同で運営している『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』のようなタイトルもあります。

 

――自社開発が主な事業なのですね。

 

 

一部業務を外部の会社様にお願いすることはありますが、主に企画、制作、運営と社内で行っており、受託開発はほとんど受けていないです。

また、創業以来の会社の特徴として、カジュアルゲームが得意というか好きだということが挙げられます。

 

『今日は休みます。』とか『私、転がります。』とか、直感的に遊べるけど、シュールで面白い、みたいなタイトルも多くのユーザーさんに楽しんでいただいています。

 

昨年はハイパーカジュアルといったジャンルのカジュアルゲームにもチャレンジしており、今後はより注力していく予定です。

具体的に言いますと、昨年リリースした『Ball Action』はUS AppStoreのダウンロードランキング全米5位を記録しました。

現在は本タイトルに続くゲームを鋭意開発中です。

 

――いつもは開発のプロデューサーやディレクターに話を聞くことが多いのですが、今回は管理部と人事ということで、お三方の仕事や経歴についてもお話を伺えればと思います。

 

 

管理部には経理、法務、情シス、総務、人事、労務、採用と様々な職種があり、開発・マーケティング・QA・CS以外のバックオフィス業務を担当している部署になります。

 

桜木

 

私と西野は人事の担当です。

 

西野

 

私は人事の中でも採用を主に担当していて、応募者とのやり取りや紹介会社さんとの折衝をしています。

管理部は全員で14名ですが、すごく仲の良いチームで、皆メリハリをつけながら業務に集中するよう意識しています。

 

――開発は主にゲームの専門学校から入るイメージなのですが、管理部にはどういう人がいるのでしょうか?

 

 

管理部はゲーム会社の経験がない人がほとんどです。

私自身もゲーム業界は未経験で、前職は銀行で法人向けのお仕事をしていました。

 

 

――だいぶ畑が違いますね。

 

 

最初は不安もあったのですが、私が入社したころのポノスは社員数30名くらいで管理部門も立ち上げ間もない頃で、チャレンジする楽しみの方が大きかったですね。

 

桜木

 

私も前職、銀行です。

ポノスに入社したのは、2019年の5月と最近です。

ポノスに転職を決めた理由は、自身の今後の働き方として、業種に関係なく、同じ思いで仕事をできる人が多いところで働く方が幸せだろうと考えたからです。

 

銀行で働いていた頃は、枠にとらわれて仕事をしていました。

例えば何かチャレンジしたいことがあっても、銀行のような大きな組織を動かすことはなかなか難しく実際に実現させることは現実的ではありませんでした。

しかし、ポノスであれば、自分の考えやチャレンジしたいことを実際に組織に反映できるんじゃないか、それが実現できることは働きがいがあることではないかと考え魅力を感じたのです。

 

西野

 

私はもともと美容業界で働いていて、入社した頃は同じく社員30名くらいで、広報とか事務とか、色んなことをしていましたね。

それから社員が増えるに連れて役割が整理されていって、現在は採用業務に特化しています。