ゲーム制作に携わる仕事の種類は?企画・デザイン・プログラマーなどゲーム職種を説明


「将来、ゲーム業界で働きたい」「次に転職するならゲーム業界かな」と、ゲーム業界に対して漠然とした憧れがある人に向けて、ゲーム制作に携わる仕事の種類や、それぞれの仕事内容について説明していきたいと思います。

また、併せてあなたの得意な分野からおすすめの職種も説明します。

少しでも気になる部分があれば、ぜひこれを機会にその職種について詳しく調べてみてくださいね。

 

目次

1. ゲームが大作であればあるほど、多くの人が関わっている

開発するゲームの規模が大きくなればなるほど、その分多くの人がその作品に関わります。

インディーズなどのゲームであれば全て一人で作り上げるようなこともありますが、ゲーム会社が商業用として制作するようなゲームは、基本的に複数の人が関わって制作されているものになります。

ゲーム制作の仕事には本当にたくさんの種類があります。将来ゲームをつくる仕事がしたい、ゲーム業界に転職したいと思っている方は、自分に向いていそうな職種はどれか一度チェックしてみることをおすすめします。

 

2. 企画職

ゲーム企画職

2-1. ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーは、ゲームタイトルやプロジェクト全体のリーダーにあたる存在で、予算やスケジュールの管理を行なったり、プロモーションプランを企画したりすることが仕事になります。

ゲームがビッグタイトルになればなるほどプロジェクトに関わる人数も増えることになるため、責任感がひときわ求められる職種になります。

 

2-2. ゲームディレクター

ゲームディレクターは制作現場全体のリーダーにあたる人で、映画でいうところの映画監督にあたる存在になります。

ゲームの企画はもちろんですが、リリースまでの進行管理やメンバーのマネジメントまで幅広い分野を担当する仕事になり、バランス感覚やコミュニケーション能力も必要になります。

 

2-3. ゲームプランナー

ゲームプランナーはゲームの企画や制作の進行管理を行う職種になり、ポジション的には先程のゲームディレクターのひとつ下に位置する存在になります。

プログラマーやデザイナーなど、様々な職種の人とコミュニケーションをとりながら制作を進めていく機会が多いため、調整力なども大切なスキルになります。

最近、オンラインゲームの現場では、開発プランナーと運営プランナーに分けている企業もあります。

開発プランナーは企画内容や仕様の作成などのゲームデザインや設計を行うことが仕事の中心で、いかにゲームを面白くするかに心を砕く職種となります。

運営プランナーは毎月定期的に開催されるイベントを企画したり、KPIとなるデータを分析して状況を改善する施策などを企画するプランナーとなり、ユーザービリティや売上げを追求していくことが仕事のメインになります。

 

3. デザイン職

ゲームデザイン職

3-1. アートディレクター

アートディレクターはゲームのビジュアルを制作したり、デザイナーやイラストレーターの管理をする仕事になります。

ゲームプランナーやディレクターのイメージを言葉からビジュアルに変換していくことが仕事で、デザイナーやイラストレーターに欲しいイメージを的確に伝えられるディレクション能力も大切なスキルになります。

 

3-2. 2Dデザイナー

2Dデザイナーの仕事は、ゲームのキャラクターや背景素材などの2Dグラフィックスを制作することです。

また、2D素材を動かしてモーションを作ったり、攻撃などのエフェクトをつけたりするのも2Dデザイナーの大切な仕事です。

ほかにも、ゲーム画面をデザインしたり、ゲーム内外で使われるバナーデザインなどといった仕事もあります。

 

3-3. 3Dデザイナー

3Dデザイナーの仕事は、専用の3Dソフトを使ってゲームで使用する3Dグラフィックスを作成することです。

3Dで表示するキャラクターの制作や、モーション・エフェクトなどの動きも制作することになりますが、自分の制作するものがゲーム全体の中でどのように使われるのか意図を理解して制作する能力も大切になります。

 

3-4. WEBデザイナー

WEBデザイナーの仕事は、ゲームのプロモーションページや公式サイトを作成することです。

ゲームのキャラクターや世界観をもとに、ゲームの魅力がしっかりと伝わるように、WEBならではの表現で応えていきます。

ゲーム業界の仕事だけに限らず、幅広い業界の仕事でスキルを発揮できる事もこの職種の特徴です。

 

3-5. グッズ・ポスターなどのグラフィックデザイナー

ゲームのキャラクターグッズやポスターなどのデザインを行うグラフィックデザイナーの仕事もあります。

WEBデザイナーの場合と同じく、ゲームのキャラクターや世界観を損なわないように、レギュレーションをしっかりと守りながら制作することが必要になります。

 

4. エンジニア職

ゲームエンジニア職

4-1. クライアントサイドエンジニア

クライアントサイドエンジニアは、スマホアプリなどのゲーム開発の場でよく使われる職種です。

IT系の方はフロントエンドエンジニアと呼んだ方がなじみがあるかもしれません。Unityなどのゲームエンジンを使用して、C言語やC++などの言語を使用して、ゲームの実際の操作や表示に関わる開発を行っています。

ゲームのインターフェースの実装や動きなどを演出することに特に興味がある人は、こちらの職種が向いているでしょう。

この後紹介するフロントサイドエンジニアも、広義で考えるとクライアントサイドエンジニアに含まれることもあります。

 

4-2. サーバーサイドエンジニア

PHPやRubyなど、サーバー側で動くプログラミング言語を使って開発を行うエンジニアです。

データの処理や検索を行う機能を開発したり、そのデータを収納するデータベースの設計を行ったりするのが仕事になり、ゲームとしてしっかりと機能するように、仕組みや機能を開発していきます。

 

4-3. フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、主にweb系の技術であるHTMLやCSS、そしてJavaScrtiptなどの言語を使って、ゲームの見た目や表示に関わる開発を行います。

広義では、クライアントサイドエンジニアに含まれることもあります。

 

4-4. インフラエンジニア

世界中から集まる莫大なアクセスを処理し、ユーザーがストレスなく快適にゲームをプレイできるようなインフラ環境を構築し、日々チューニングを行なっていくことが、インフラエンジニアの仕事になります。

オンラインゲームやコンシューマーゲームなど、どの分野のゲームであってもネットに接続して楽しむのが現在のかたちなので、やりがいも高くなります。

 

5. 上記以外のゲーム業界職種

ゲーム業界職種

5-1. カスタマーサポート

ユーザーの疑問や困っていることに回答するカスタマーサポートという仕事もあります。

ユーザーに一番近い場所からゲームに関わることができるため、ゲームに対してユーザーがどんなことを感じているのか、生の声を知ることができます。

 

5-2. 品質管理・QA・デバッグ

とにかくゲームが好き!ゲームは何時間やっても飽きない!という人は、品質管理やデバッグなどの仕事もおすすめします。

実際にリリースされる前の新しいゲームをチェックポイントに沿って実際に遊び、不具合などがないかチェックする仕事になります。

ただし、ただ漠然とプレイするのではなく、「このシステムで不具合が発生したから、類似するあのシステムでの挙動も確認する必要がある」といったロジカルな思考も必要になります。

 

5-3. シナリオライター

RPGゲームや恋愛ゲームなどのシナリオ、そして登場するキャラクターの設定などを考えることが、シナリオライターの仕事です。

他のメディアとは違って、ゲームの場合、ストーリーはユーザーの行動や選択で変化していくことになるため、他の映画やドラマよりも考えるべき項目が増える傾向にあります。

 

5-4. サウンドクリエイター

ゲームの世界観を音の面から演出するのが、サウンドクリエイターの仕事です。

ゲームをこよなく愛する人々の中にはゲームで使用されるBGMなどの音源も集める人も少なくないほか、人気ゲーム曲にもなればクラシックアレンジコンサートも開かれるようになるなど、音楽の影響力は計り知れません。

そのためBGMは数あるゲームの要素の中でも重要度の高いポイントといえます。

 

5-5. ローカライザー など

海外の人に対してもゲームの内容が伝わるように翻訳を行う、ローカライザーという職種もあります。

原文の意味をしっかりと理解しながら、なおかつ海外でで受け入れられるような文に翻訳を行うことは、とても難しくやりがいも大きいはずです。ゲームが好きで、なおかつ外国語が得意な人は検討してみましょう。

 

6. ゲーム制作を支える営業・バックオフィス職

ゲーム制作

6-1. 営業

お店に自社新作のゲームタイトルを置いてもらえるように、実際に足を運んでアピールしたり、お店の人と関係をつくっていくことが営業の仕事です。

実際に足を運んで営業を行うだけではなく、雑誌などの宣伝企画を通してお店に営業を行うこともあります。ユーザーに向けて発売前のプロモーションを行いつつ、同時に流通担当者にもメディアを通して認知をしてもらい営業しやすい状況をつくっていくことが大切です。

 

6-2. 財務・経理

財務や経理など、経営面からゲーム会社に貢献していくのも大切な役目です。

ゲームの制作現場や一つひとつのタイトルとの関わりは薄くなってしまいますが、好きなゲーム会社や思い入れの強いゲーム会社の経営に携われることになれば、感じるやりがいも大きくなるはずです。

 

6-3. 法務・知財

ゲームやキャラクターを著作権や特許権などの面から保護し、ビジネスに貢献していく法務・知財という仕事もあります。

コンテンツに対する理解も必要になるため、開発と関わりながら仕事を進めていくことができますし、法律やビジネス、場合によっては英語など様々な領域の知識が必要になるので、やりがいも大きい仕事になります。

 

6-4. プロモーション・広報

ゲームの売り上げをアップさせるために宣伝の企画を行う、プロモーションや広報という仕事もあります。

ゲーム雑誌を使って宣伝するほか、最近はTwitterやYouTubeなどを利用して宣伝する形も増えてきています。

開発の仕事のように柔軟なアイディアや企画力が必要になる仕事といえます。

 

6-5. 人事・労務・採用

2つ目に紹介した財務・経理のように、開発やゲームタイトルからは少し遠くなりますが、自分の好きなゲーム会社で人事・労務・採用などの仕事を行うのもゲーム業界では歓迎されます。

採用などが直接できる立場になることができれば、将来大ヒットするゲームのクリエイターを自分の目で採用できる可能性もあります。

 

6-6. 事務・秘書・アシスタント

裏方のサポートする仕事のほうが好きだという人は、事務・秘書・アシスタントとして働くのも一つです。

ここまで紹介してきた仕事は、どれもサポートなしには成立しないものばかり。

影でサポートを行う仕事は決して目立ちはしませんが、重要度の高い仕事のひとつといえます。

 

6-7. 情報システム

パソコンなどが好きな人で自作することができる人は、ゲーム会社で情報システムとして働くのも一つです。

会社のセキュリティ面での安全性を高めたり、ゲーム会社の社員が仕事をしやすい環境を整備したりすることは、ゲームを開発する上での土台を用意する大切な仕事になります。

 

7. あなたに向いている職業とは

ゲーム業界職種

7-1. 自分の得意、不得意を見直してみよう

「自分が得意かどうか」という視点は、「自分がやりたいかどうか」という視点と同じくらい職業を選ぶうえで大切なポイントのひとつになります。

自分が得意なことは、実際にやっていて楽しさを感じやすいものなので、もっと向上したいという気持ちも強くなります。

技術が向上すれば、貢献できることも多くなり、ゲーム業界における自分の立ち位置を確立できるようになります。

好きなゲームに対して自分が一番貢献できることはどんな職種なのか、この機会に一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

7-2. 人とコミュニケーションを取るのが得意なら企画職

ゲームの企画を考えることや、人と話すことが好きな人にはプランナーが向いています。

たくさんの人と関わって仕事を進めていくプランナーにとって、コミュニケーション能力は欠かすことができない必須のスキルです。

ちなみにプランナーは、制作現場の監督を行うディレクターにステップアップして、その後ゲームプロジェクト全体のリーダーになるプロデューサーへとステップアップしていくのが一般的です。

キャリアアップしていくにつれ、コミュニケーション能力はより大切なスキルになっていきます。

 

7-3. イラストを描くことが好き、デザインを考えることが得意な人はデザイナー職

ゲームが好きで、イラストやデザインに興味がある人はデザイナー職を検討してみましょう。

なお画用紙やスケッチブックなどをつかったアナログな方法でしか絵を書いたことがない人は、Photoshopなどのツールも使えるようにしておくと採用されやすくなりますし、自分の表現の幅も広がるので必ず触っておくようにしましょう。

ちなみにデザイナー職は、自分でビジュアルやイラストを制作するだけではなく、将来的にはアートディレクターへステップアップして、欲しいイメージを他の人に言葉で伝えるディレクション能力も必要になります。

 

7-4. プログラミングに興味がある、ゲームの根幹を作りたいならエンジニア職

ゲームが好きでプログラミングに興味がある、という場合はエンジニア職が向いています。

コツコツと作業をしたりすることが得意な方も向いているかもしれません。仕組みを考えたり、設計したりすることが好きなひとは検討してみましょう。

ちなみにエンジニアは、ゲームの根幹を作るやりがいの大きい仕事になります。ゲームの中だけでなく、ゲームを制作したりする環境を整えるインフラエンジニアという職種になることも可能です。

 

7-5 気遣いの上手な方はカスタマーサポート

気遣いの上手な方や相手の立場に立って考えることが得意な人は、カスタマーサポートの仕事をすると、ユーザーに感謝されるようになるかもしれません。

もちろんユーザーからの不満などを直で受ける大変な役目でもありますが、ゲームの継続率や満足度などにもつながる大切な仕事になります。

 

7-6. 細かいことに気づける方は品質管理、デバッグ

ゲームをプレイすることがとにかく好きで、普段細かなことによく気づく方は、品質管理やデバッグなどの仕事が向いているかもしれません。

地道な作業ですが、ユーザーの満足度やゲームの評判にも影響する大事な仕事です。

 

7-7. 文字を書くことが好きな方はシナリオライター

文章を書くことが好きな方やキャラクターの設定などを考えることが好きな人は、シナリオライターという職種が向いているかもしれません。

ゲームが好きでアイディアが豊富な人はもちろんですが、普段映画や小説を読む機会が多い人は、一度作品をつくってコンテストなどに応募してみることをおすすめします。

 

7-8. 音楽が好きな方はサウンドクリエイター

プランナーやディレクターが求めているイメージに対して、最適なBGM・SEを提案し、ゲームの世界観を音で演出していくサウンドクリエイターの仕事は、音楽が好きでなければ務まらない仕事といえます。

音楽とゲームの両方が好きな人はチャレンジすることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

7-9. 語学を活かしたい方はローカライザー

英語などの語学が得意な人はローカライザーにチャレンジしてみるといいかもしれません。

英語などの外国語スキルはこれからの時代重宝され、特に海外展開をしたいゲーム会社にとって、とても貴重な存在になれるはずです。

日本以外の別の国の人にそのゲームを知ってもらうことを手伝う、やりがいが大きい仕事といえます。

 

7-10. 人のサポートをすることが得意な人は、営業orバックオフィス系職種

既にあるものをより魅力的にアピールすることが得意な人は、営業という職種もおすすめです。

営業は自社タイトルの魅力や、自社開発体制、自社IPの魅力を誰よりも理解する必要があり、ゲームの売り上げにも関わる大事な仕事になります。

もうひとつのバックオフィス職は、ゲーム制作にかかわるメンバーを支える縁の下の力持ちで、ゲーム制作のような一つ一つの積み重ねを日々頑張るような仕事には欠かせない存在といえます。

いままで人のサポートや裏方として成功を支えてきた経験が多い人は、クリエイターにとっても貴重な存在になれるはずです。

 

8. まとめ

ゲーム制作に関わる仕事の種類をたくさん紹介してきましたが、気になるものや興味をもった職種はありますか?

自分の好きなことに関わる仕事をすることには、メリットだけでなくデメリットもあります。両方の面をしっかりとふまえて、後悔のない職業選びができるように準備することが大切です。

 

関連記事一覧